■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 6月5日(木)より新ホームページ始動に伴い、ブログも移転しました。新URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
楽天・星野監督の一日も早い快復をお祈りいたします
星野仙一監督が難病、長期休養も 佐藤コーチが代行 2014年5月27日asahi.comより

 プロ野球の楽天は27日、腰痛の悪化のため前日のヤクルト戦を休養した星野仙一監督(67)の病状が、国指定の難病である胸椎(きょうつい)の黄色靱帯(じんたい)骨化症と、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアであると発表した。当面は休養に専念し、佐藤義則投手コーチ(59)が監督代行を務める。復帰時期は未定。

 黄色靱帯骨化症は、背中の靱帯が骨のように硬くなり、神経を圧迫して下半身にしびれや痛みを引き起こす。重症になると歩行が困難になる可能性もある。

 星野監督はグラウンドを歩く足元がおぼつかなく、いすに座る際には顔をしかめていたこともあった。星野監督は「迷いもあるが、選手にあんな姿を見せてはいけない。申し訳ない。でも、このままでは終われない。絶対に復帰する」と語った。

~:~:~

 楽天の星野監督が、胸椎黄色靱帯骨化症と、腰椎椎間板ヘルニアで、長期休養をよぎなくされたとのこと。とくに、黄色靱帯骨化症は、国の特定疾患に認定されています。難病ですが、一日も早い快復をお祈りいたします。

 ここで、黄色靱帯骨化症について少し説明したいと思います。黄色靱帯というのは、背骨の椎弓をつないでいる靱帯で、これが骨化、つまり骨のように固く厚くなると、場合により脊髄の神経を圧迫したり、傷つけたりしてしまうのです。始めは無自覚でも、圧迫が進めば、手足がしびれたり、歩きにくくなったりします。現在、骨化された靱帯を治す薬はなく、保存療法で改善しない場合、脊柱管を拡げるか椎弓を切除するかなどの手術で改善をはかります。

 ちなみに、靱帯の骨化がある方には、骨格矯正などのカイロプラクティックはおすすめできません。骨化した部分に強い衝撃を加えること悪化することがあるからです。ただし、周りの筋肉の張りや凝りがとてもひどく、軽めのほぐしその筋肉を緩め、結果、痛みやしびれが軽減されるのをご本人が実感するのであれば、整体でまったく何もできないというものでもありません。

 椎間板ヘルニアについても同じです。椎間板をつぶしてしまうほどの負荷を周りの筋肉で掛けてしまっているならば、そこを緩めることによって、ヘルニアによる坐骨神経への圧迫を減らせる可能性があります。もちろんヘルニアが進行・重症化し、触っても何しても痛いということになれば、整体のしようがありませんので、できるだけそうなる前の早期の段階で、整体を受けることをおすすめします。

 それにしても、星野監督の治療方針はどうなるのでしょうか?手術をせず、痛み止めをしながら、コルセットをつけて安静にして自己回復を待つのか、ある程度のリスク(後遺症等)を覚悟の上で手術に臨むのか。早めの手術が功を奏す場合もあれば、手術の結果が芳しくなく、後悔するケースもゼロではありません。どちらを選択するのか難しい問題だと思います。私も、腰はもともと丈夫なほうではないので、星野監督の治療法に関心を持ちつつ、もし自分が同じ病気かかった時の参考にしたいと思います。

========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================

スポンサーサイト
ニュースを見て | 16:43:32 | Trackback(0) | Comments(0)
我が子を大切に思う気持ちがあるからこそ
担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意 (2014年4月12日(土)埼玉新聞より)

 県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。

 県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。

 関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と異例の“注意”を促した。

 関係者によると、入学式の担任紹介の中で校長が女性教諭の欠席理由を説明。女性教諭は「入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします」という文章を事前に作成し、当日、別の教諭が生徒らに配ったという。

 来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。

 県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」としている。

~:~:~

 ここ数日、webのニュースで話題になっている記事があります。いろいろ意見が分かれるところであり、私にも持論があるため、ブログに書くことにしました。

 それは、埼玉県立高校の教諭が、別の高校に通う高校1年生の長男の入学式に出席するため、有給休暇を取ったというもので、それを県の教育長が注意をし、また入学式に来賓として出席した県議も、批判をしているというものでした。

 みなさんは直感的にどう思われたでしょうか?「教育者が入学式を欠席するなど、けしからん。」と思うでしょうか。「生徒よりも、我が子の入学式がそんなに大事か?」と思うでしょうか。「そもそも高校生なんだから、親が入学式に行かなくてもいいんじゃないのか。」と思うでしょうか。私は、少なくともこの教諭は非難されるにはまったく当たらないと思います。

 まず第一に、入学式や卒業式など、節目節目の大事な行事に、親が出席を許されないという考えがおかしいと思います。その家庭家庭で、親が出る出ないというのはあると思いますが、「子供の入学式に出ないで、仕事しろ!」という職務ってなんでしょうか?もしあるとしても、本当にごくごく限られた場合だと思います。

 そしまた、百歩譲って、自分の勤める高校の入学式の方に出るべきだったとしても、この教諭は無断欠勤したわけではなく、正当な手続きで、校長から有給休暇の許可をもらっています。また、この教諭は、新入生向けに入学式に出席できないことをわびるメッセージを作成し、当日は副担任から事情を説明しています。きちんとフォローもなされていますね。それに、校長先生が許可をした時点で、この教諭の責任はなくなります。しかしながら、私は、この校長は、たいへんいい判断をしたと思っています。

 また、「生徒よりも、我が子の入学式がそんなに大事か?」という意見にも、私は異を唱えたいと思います。『どんな親でも、自分の子は、かけがえのない大事な存在』というメッセージを発信することによって、生徒はより安心すると思います。我が子を大切に思う気持ちがあるからこそ、担任を受け持つ生徒たちを大切に思う気持ちも、十分ある人だと言えるのではないでしょうか。

 『子供の気持ちよりも仕事優先』だったら、『生徒の気持ちよりも事務作業優先』にならないでしょうか。そっちのほうが私は心配です。注意をした県の教育長は、自身が教諭だった頃、自分の子供の入学式には出席しなかったそうです。私はそれを立派な行為だとは思えません。お子さんは、自分の親が来ていない入学式の風景をどんな気持ちで眺めていたのでしょうか。
 
 日本人は、滅私や我慢をとにかく美徳にとらえる傾向にあります。もちろんその精神は、今後も日本人の根幹をなす大事な考え方ですが、行き過ぎや強要はけっして、良い結果に結びつかないと思います。教諭でも、警察官でも、お医者さんでも、我が子の晴れ舞台には堂々と仕事を休める環境を作っていくべきだと私は思います。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 17:28:03 | Trackback(0) | Comments(0)
私が空手道を続ける理由
道徳新教材 「日本人の自覚」深める 「美しい心」話し合い考える(2014.2.14 MSN産経ニュースより)

 文部科学省が来年度から小中学生に配布する道徳用の新教材「私たちの道徳」には、いじめ問題への対応などのほか、「日本人としての自覚」を深める記述も数多く盛り込まれた。分かりやすい物語で、日本人が昔から大切にしてきた“美しい心”とは何かを考えさせる内容だ。文科省は「道徳的価値を教え込むものではない。周囲と話し合って考えを深めてほしい」としている。

 小学5・6年生用の教材に盛り込まれたのは、剣道をめぐる物語だ。

 親にすすめられて剣道をはじめた小学生が、正座の仕方や立ち方、礼の仕方などを厳しく教えられ、《何でこんなに礼にこだわるんだろう》と疑問を抱く。初めて迎えた試合の日。あっさり負けてしまい、ふてくされた態度で礼をすると、先生から「剣道をやる資格がない。他の試合をよく見てみなさい」と叱られる。

 《先生は何を怒っているのだろう》。そう思いながら上級者の試合を見ていると、試合に負けたあとでも立派な態度で礼をする姿に心を打たれ、《美しい》と感じるようになる。

 「剣道は、『礼に始まり礼に終わる』と言われるように、礼というものをとても大切にします。これは、日本人が昔から大切にしてきた相手を思いやる精神です。我々が受けついでいかなければならないことです」と先生に教えられ、小学生はこれまでの姿勢を改めるというストーリーだ。

 小学3・4年生用の教材では、「伝とう文化を大切に」というテーマで、和服、和食、和室、風呂敷などについて写真付きで説明。「他にどのような日本の伝とうや文化がありますか」と問いかけている。

 このほか中学生用の教材には、エルトゥールル号遭難事件が取り上げられた。

 明治23(1890)年に和歌山県沖で沈没したトルコ船エルトゥールル号の乗員を、近くの集落の人々が総出で救助。蓄えていた食糧を全て提供して介抱に努めた。それから100年近くたった1985年、イラン・イラク戦争が激化する中、テヘラン空港に取り残された日本人のためにトルコ政府が救援機を飛ばし、全員を脱出させたという史実に基づいた物語。

 自らの困窮も構わずに人を助ける日本人の「無私の心」が、100年も続くトルコの親日感情に結びついたのだと、生徒に気づかせる構成になっている。

 「日本人としての自覚」を深める内容について、道徳教育に詳しい高橋史朗明星大教授は、「剣道などの『道』の文化を盛り込んだことは、子供たちのアイデンティティーを育む上でとても意義深い。問題は、学校現場でこの教材がきちんと利用されるかどうかだ」と話している。

=========================

 インターネットのニュースで気になる記事を見つけました。来年度から小中学生に教える道徳教育の、新教材についてです。その中で、小学5・6年生向けには剣道の礼についての話しが採用されていました。礼の大切が理解できないまま臨んだ試合で負けてふてくされて、しかしその後、上級者が試合で同じく負けた後、立派な態度で礼をするのを見て、自らの姿勢を改めるというお話しだそうです。これは剣道だけでなく、空手道や柔道、おそらく野球やサッカーにも通じる精神だと思います。

 『武道は礼に始まり、礼に終わる』みなさん、この言葉、どこかで耳にしたことがあると思います。でも本当にそうなのです。武道が人格完成の道ならば、礼を欠いては絶対にいけないのです。礼を重んじることを通してこそ人は、心が磨かれていくのだと思います。まさに私が空手道を続ける理由がここにあります。今、少年部で稽古の指導を担当していますが、本当に教えたいのは、これなのです。このニュースを見た時、腑に落ちました。

 また、礼というのは、相手を思いやる心の表れです。空手道も、剣道も、柔道も、合気道も、相手がいないと出来ません。形や素振り、体捌きなどはできるかもしれませんが、道場、稽古場がなければそれすら出来ませんよね。だから、稽古や試合を始める時は、「正面(場)に対し『礼』、お互い(相手)に対し『礼』。」なのです。

 武道やスポーツをやっていないと、なかなかこういうことを学ぶ機会がないと思いますが、せめてこういうふうに道徳の時間中で、みんなで考えることが出来るのは非常にいいことだと思います。また、実際に武道を学んでいる子供たちも学校で学んでから、また道場に来ると、一層身が引き締まって、稽古に集中できると思います。

 私も、子供たちへの指導の仕方を今一度、見直して、礼の仕方がおざなりになっていないか、確認したいと思います。


=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 19:42:33 | Trackback(0) | Comments(0)
電車への飛び込みをなくすには
 先週の1月31日(金)の早朝には大袋駅、翌2月1日(土)の早朝には一ノ割駅と、2日続けて人身事故がありました。両方とも電車への飛び込み自殺とのことです。両駅とも駅のすぐ隣りに踏み切りがあり、ホームから飛び込むというよりも、踏み切りから駅側に進入して電車にはねられたもようです。ご本人やご家族の無念さを思うといたたまれないのですが、同時に、鉄道利用客や鉄道会社の職員さんにも多大な迷惑がかかっています。

 本人はおそらく自殺を図るくらい追い込まれているので、周りの迷惑などに気が回っているはずがありません。でも、そんな人に、とりあえずこの場、電車での自殺を思いとどまらせるにはどうしたらいいのでしょうか。鉄道会社も頭を悩ませていると思うのですが、ちょっと現実的ではないかもしれませんが、提案してみたいと思います。

【その1 踏み切りの警報の音を変えてみる】
 あの踏切の『カンカンカンカン』という音、小さい時からあまり好きではありませんでした。もちろん警告音なので、耳障りでないと意味がないのかもしれませんが、電車の通過待ちでずっと聞いているのは不快でした。これをもっと、明るいリズムに変えられないでしょうか?もちろん警告するのが一番の役目ですが、これから自殺しようって人が聞いて、そんな気がちょっとでも失せる音なら、もっといいですよね。

【その2 ホームでも、明るい音楽を流してみる】
 毎日・毎時間でなくても、たまにでいいから、駅のホームに明るい音楽を流してみてはどうでしょうか。もうこの際、『笑点のオープニング』とか。これから駅に行って、飛び込もうと考えた時に、「あ~、駅は明るい音楽かかってる時があるから、止めとこうかな」ってなってくれればしめたものです。

【その3 駅の白線を、応援ワードに変えてみる】
 ホームの端に立とうと思って、下を見るとそこには、自分を励ましてくれる言葉が。それをついつい読んでいるうちに、自殺を思いとどまるなんてことになればいいですよね。もちろん、文字を読むのに夢中になって、そこに電車が来て、危ない!なんてことになったら本末転倒ですけど。

 とにかく、自殺しにくい状況、自殺を思いとどまるきっかけを、鉄道会社は提供すべきです。そのために知恵を絞ることはみんなの為になります。前に、お笑いの松本仁志さんが、「ある自殺志願者が、たまたまTVに映ってた『ガキの使いやあらへんで』を見て、無意識に笑ってしまい、まだ笑える余裕があることに気づいて自殺を思いとどまった」、という話しをしていました。この話しを聞いた時、私は単純に、「お笑いってすごいな!」って思いました。

 人身事故は、飛び込み自殺だけではありませんから、今鉄道各社が進めているホームドアの設置も、事故防止に大きな効果があるでしょう。踏切にも異常を知らせるボタンがあります。しかしもっと別の観点からのアプローチも考えていいと思います。一日も早く、このような悲しいニュースが流れない日が来る事を願っています。


=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 12:30:29 | Trackback(0) | Comments(0)
声優・永井一郎さんの死を悼みます
訃報:永井一郎さん82歳=声優、サザエさんの波平の声も
毎日新聞 2014年01月28日

 アニメ「サザエさん」の磯野波平の声などで知られる声優の永井一郎(ながい・いちろう)さんが27日、広島市のホテルで倒れているのが見つかり、同日死去した。82歳だった。

 広島県警によると、27日正午過ぎ、広島市中区のホテルで、従業員が浴室内に倒れている永井さんを見つけ、119番通報した。永井さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。26日に中国放送での仕事を終え、チェックイン。27日に帰宅のため、チェックアウトする予定だった。目立った外傷はない。永井さんの所属事務所によると、死因は心不全。葬儀の日程などは未定。

 永井さんは大阪府出身で、京大文学部卒。「ゲゲゲの鬼太郎」の子泣き爺(じじい)、「じゃりン子チエ」の小鉄、「YAWARA!」の猪熊滋悟郎(いのくま・じごろう)、「うる星やつら」の錯乱坊(さくらんぼう)役のほか、「機動戦士ガンダム」のナレーションなど数多くの人気アニメを担当した。また、「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダ役など洋画の吹き替えやテレビ番組のナレーションも務め、幅広い年代のファンに親しまれた。著書に「バカモン!波平、ニッポンを叱る」などがある。

~:~:~

 またひとり、昭和の大声優がこの世を去りました。声優・永井一郎さんの急逝は、昭和42年生まれのTVっ子だった自分には本当にショックです。昨年には、銭形警部でおなじみの納谷悟朗さんがお亡くりになり、つい最近では、星一徹でおなじみの加藤精三さんがお亡くなりになりました。みなさん80代ですから、「お疲れさま」「いままで、ありがとうございました」というねぎらいと感謝の言葉が良いのでしょうが、それでも、どうしても、「まさか」「まだ早いよ」という言葉が出てしまいます。
 
 永井一郎さんの声で印象深いのは、やはりガンダムのナレーションでしょうか。最近では、この前娘達と観たハリーポッターのダンブルドア校長ですね。声を聞いてすぐ、永井一郎さんの声だって分かるんですけど、ダンブルドア校長が本当にそうしゃべっているようにしか聞こえない。まさに名声優・大声優ですね。もちろん、小さい頃から観ていた『サザエさん』の波平の声は、昔と今とまったく変わらず、「声優さんって、歳取らないなぁ~」ってつくづく感心していました。でも、やっぱり誰しも、寿命は訪れてしまうのですね。本当にお疲れさまでした。

 声というものは、本当に不思議で、久しぶりに聞いても、「あぁーっ」と、その時の情景がぱぁーっと頭に浮かんでまいります。ブログにも書きましたが、昨年秋に、昔お世話になった方からのお電話で、それこそ20年振りくらいにお声を聞いたのですが、以前と変わらぬ、落ち着いたとても優しいお声でした。その時の自分は、間違いなく、学生時代、20代の自分に戻っていたと思います。

 また、3年ぶり、4年ぶりに患者さんから電話が掛かってきて、それまですっかり忘れていた(スミマセン)にもかかわらず、声を聞いた瞬間にフルネームとお顔を思い出す、なんてのもありますね。患者さんから「あの~、かなり久しぶりなんですけど、憶えていますか?」なんて聞かれても、「はい、○○さんですよね。ひどい肩こりの・・・」なんて受け応えして、ビックリされます。実は憶えているわけでなく、思い出すだけなんですけどね。

 ラインやメールが主流の昨今、それで簡単に用事が済んでしまうのですが、やはり声を直接聞くのは大事ですよね。「その人の声が聞きたいから電話する」というものりっぱな用事だと思います。

     
=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 16:40:03 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。