■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
棲み分けができている
 先日、理容店に散髪してもらいに行きました。今回は、チラシが入っていたこともあり、いつも行く店ではなく、近くにオープンしたいわゆる“格安理容店”に行ってきたのです。

 料金は、カット・洗髪・顔剃りで1890円。理容組合加盟店の通常料金が3600円ですから、かなり割安です。それでやっていけるのでしょうか?⇒実は、ちゃんと理由があります。仕上がるまでにかかる時間がとにかく“早い”のです。スポーツ刈りの私で20分少々でしょうか。いつも行っている理容店の3分の1の時間です。これなら、入れ替えの時間を含めても、最低1時間に2人は、カットできます。人数さえ、来てくれたら十分やっていけるのです。

 では、肝腎の仕上がりはどうでしょう?その日、妻に髪型でどこかおかしい点がないか聞いたところ、とくに気になる点はなく、その後患者さんからも、指摘はないので、大丈夫みたいです。私自身も仕上がりには満足しています。そうなると、理容組合加盟店などは、格安店に淘汰されていってしまうのでしょうか?いえ、おそらくそうはならないでしょう。それは、棲み分けがきっちりなされているからです。

 格安店は、時間に追われるため、店員さんとほとんど会話がありません。私の担当の方は、温和でまじめなイメージの方でしたが、テキパキと仕事をこなすことに集中している感じでした。理容店を、ただ、「髪を切るためだけの手段」ととらえる方、時間と料金をとにかく節約したい方には、ピッタリなのでしょう。

 それと比べて、私の普段利用している店では、テキパキと仕事はしているのですが、けっして急いでいるわけではなく、店主独特の“間”というものがあります。会話も、時事ネタから、家族の話しなど、ちょっとした人生相談になる時もあります。洗髪や顔剃りもとても丁寧です。居心地がいいので、すぐに1時間くらい経ってしまうのです。髪を切ってもらいながら、同時にその空間を楽しむ事ができるのです。まさに理容“サロン”という言葉がピッタリです。そういう時間を過ごしたい方には、格安店でなく、従来の形態のお店の方がいいでしょう。

 それと、もうひとつあります。切ってもらった後、これから3週目以降の髪型です。私は、だいたい4週目に散髪に行くことが多いのですが、仕事が忙しく、5週目になる時もあります。しかし、熟練したプロがカットすると、伸びた髪形でもそんなに無様にはならないのです。これが、今回、格安店で切った後では、どうなるか?楽しみにして待ちたいと思います。

 従来店と格安店、そのどちらにも良さがあります。今回、初めて格安店を利用しましたが、次回は、またあの店主に会いに行こうと思っています。
 
~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 最近は、整体もクイックメニューを取り入れるところが増えてきました。しかし、安易にメニューを増やすのでなく、自分の整体の良さがなんなのか、しっかりと見極めてから設定した方が良い結果につながると思います。


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 18:33:36 | Trackback(0)
身なりを正すのは最低限の礼儀です。
高校入試、茶髪・眉そりチェックし不合格 神奈川の県立 (2008年10月28日asahi.comより)

 神奈川県平塚市の県立神田高校が入学試験で選考基準になっていない茶髪や眉そりなどをチェックし、該当する受験生を不合格にしていたことが28日わかった。県教育委員会の発表によると、本来の基準では合格圏内にいながら不合格にされた生徒は、過去3回の入試で計22人にのぼるという。 県教委によると、この不正なチェックは05、06、08年度入試で校長の指示により行われた。対象項目は、髪の色やピアス跡、つめの長さ、眉そりやスカートの長さなど。こうした「裏基準」に基づき、教員が願書受付日や受験日に受験生をチェックした。

 県教委が公表している県立高の選考基準では、調査書と面接、学力検査を点数化し、合算した上位から合格を決めることになっており、身なりや態度は基準に含まれていない。今春不合格になった10人を含む計22人の不合格者について県教委は個別に事情を聴き、入学希望者がいれば受け入れる方針だ。 県教委の説明では、同校には指導上の問題を抱える生徒が多く、教員の負担が大きかったという。山本正人教育長は「学校をよくしたいとの思いは否定しないが、ルールにのっとったやり方にするべきだった」と話した。

 県教委は内部通報に基づき、同校の過去5年間の入試に関係した教員ら33人から事情を聴いていた。身なりのチェックは05年当時の校長の発案とされ、教員の間でも異議は出なかったという。県教委は同様の不正がないか、すべての県立高校を調査する。(岩堀滋、佐藤善一)
     ◇
 【合否判定に使われた主なチェック項目】 茶髪に染めた跡がある▽つめが長い▽願書受付日や受験日の態度が悪い▽願書提出時に軍手をつけたままで受け渡しをした▽胸ボタンを外している▽服装がだらしない▽ズボンを引きずっている▽スカートが短い▽まゆをそった跡がある▽化粧をしている
~:~:~
 私は、記者がなぜこのように神田高校を非難するのか理解できません。願書の提出や試験当日に、学校に向かう際、わが身の身なりを正すのは当然の事ではないのでしょうか。試験を受け、入学を希望する立場でありながら、学校側が不快に思うと容易に想像できる格好で行く時点で、あまり入学したいと思っているように見えません。不合格は、至極当然のように思えます。

 たしかに、昔もいわゆる不良の格好をした生徒はいました。私の中学の同級生も、中ランや長ラン、裏に龍や虎の刺繍やラメを入れた制服を着たり、ボンタンを履いたり、坊主頭に剃り込み入れたり、眉を細くしたりと、その時で言う「ツッパリ」の格好をしてしました。しかし、高校受験を間近に控えると何とか、剃り込みや細眉を直そうとしたり(まあ、ごまかすくらいしかできませんが)、試験当日だけは、普通の制服(普通ランって言ってたような)を着て受験してました。少なくとも、身なりを正すといった最低限の礼儀だけは、払っていたように思います。

 選考基準に格好の事が規定されてないって、それはやっていいという意味ではけっしてなく、規定うんぬんの前に、義務教育が終わって、更なる勉学を積もうとする人間が守るべき当然のマナーだという事です。書いてなければ何をしてもいいというのは、論外です。そんな事は、社会ではまかり通りません。学生生活が社会に出る為の準備段階だとしたら、その事をはっきりと教えるべきです。

 悲しいかな、規定に書いてない事はやっていいという風潮が蔓延しています。逆にそこまで想定し、規定していない方が悪いと言わんばかりです。それならばそこまで規定するしかないのでしょう。しかし、禁止されているからやらないというのでは、それは違います。(試験など)そういう場面では、それにふさわしい格好がある。学力だけでなく、きちんとした身なりができているか、相手を敬い、礼儀を払い、しっかりと3年間高校生活をまっとうできそうか、そういう事も含めて試されている。だから最低限、身なりには気をつけて行く。というのが、筋だと思います。

 また、よく「見た目で判断するな。」とか、「人は外見ではない。」と言いますが、その一方、「着衣の乱れは心の乱れ。」、「面接の合否の8割は第一印象。」などとも言われます。人に不快な印象を与えても構わない、と思う心根が見えてしまうからこそ、第一印象でのマイナスイメージは、致命的になるのでしょう。

 この記事の記者は、神田高校の合否基準への対応を『不正』と言い切りましたが、私には、正しい事、それ以前の当然の事をしたようにしか思えません。皆さんは、どうお感じになりましたか?

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 もし、上記の 【合否判定に使われた主なチェック項目】に該当するような身なりで、患者さんに接してる整体師さんがいたらぜひお目にかかりたいものです。清潔な身なり、清掃の行きとどいた院内は、患者さんへ最低限のマナーです。自分の爪を見てください。伸びてないですよね!!!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ニュースを見て | 18:48:41 | Trackback(0)
3周年のお花をいただきました。
flowerfromki


 あさひ整体センターは、本日10月25日で3周年を迎え、4年目に入りました。技術的にも、人としても更なる飛躍、向上を目指して精進して参りますので、今後とも、皆様のご指導、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 というわけで、昨日とてもうれしいことがありました。いつも当院の整体を、健康維持に利用されているK.I.さんからお祝いのお花をいただきました。今まで、自分のしてきたことが患者さんのお役に立てていたのだと、実感し、うれしい気持ちでいっぱいになりました。と同時に、これからもその期待に応えるべくより一層がんばらないと、身が引き締まりました。

 K.I.さん、ほんとうにありがとうございました。いつまでも健康で、元気にお過ごしください。微力ではありますが、そのお手伝いをさせていただきます。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

整体のこと | 12:03:00 | Trackback(0)
今年を表わす漢字は『詰』でしょうか?
窒息:パン類で135人搬送 東京消防庁調べ(2008年10月23日毎日新聞より)

 東京都内で06~07年の2年間に食べ物をのどに詰まらせて救急搬送されたのは2443人で、このうちパン類を詰まらせたのは135人に上ることが、東京消防庁の調べで分かった。病院到着時に死亡が確認された人は全部で71人。千葉県船橋市の公立小で6年男児が給食のパンをのどに詰まらせて窒息死した事故を受けた調べで、同庁は「食事は少しずつ、よくかんで食べて」と呼び掛けている。

 調べによると、食べ物をのどに詰まらせる事故は高齢者や乳幼児に多く、死亡した71人は全員50歳以上。搬送者は70歳以上が1501人、5歳以下が426人。詰まらせた食物はご飯・すしが377人で最多、続いて餅が241人、野菜・果物が200人だった。パン類を詰まらせた135人のうち8人が死亡、42人が重篤や重症だった。パン類の場合、重症以上の割合は37%で、全体における割合より約10ポイント高かった。
~:~:~
 こんにゃくゼリーを詰まらせ、幼児が死亡した事故をきっかけに、それ以前の事故や、他の食べ物をのどに詰まらせる事故も注目されるようになりました。今までは、もちやパンをのどに詰まらせて死んでしまっても、「お気の毒に。」で済ませてしまっていたのですが、ようやく危機意識が高まってきたのでしょうか。

 こんにゃく(ゼリー)のように、歯ごたえがあって弾力があるものは、のどに詰まりやすいという認識は持ちやすく、最近は表示も徹底されてきています。これでもなお、食べたいという事であれば、その時は自己責任で食せばいいのですが、その判断が難しい小さい子や、飲み込む力の衰えを実感していないお年寄りなどは、周囲の注意が必要です。

 それにしても、今回また不幸な事故が起きましたが、パンがこれほどのどに詰まりやすいとは知りませんでした。食べ物を食べる時、よく「ひと口入れたら、30回噛んで。」とか、「50回噛んで。」と言いますが、これは胃の負担を減らし、消化を助ける効果以外に、こういった事故防止にも有効なのですね。私も朝食や夕食では、よく噛むよう心がけていますが、 昼食となると、わずかな空き時間に、おにぎりやパンを早食いして、次の準備に取りかかることもしばしばありますので、気をつけたいと思います。

 それから少し話しを変えて、やや不謹慎かなとも思いましたが、ふと、今年を表わす漢字は、『詰』 になるのかなと考えてしまいました。このような事故で関心が高まるのに加え、根を詰めすぎてストレスにかかりやすい現状や、経済の行き詰まりだけでなく、社会全体の閉塞感なども表わしているように思います。いずれにせよ、あまりプラスの意味で使いづらいですね。
 
 ちなみに、「常に流れている水は腐らない。」 これは、大学時代の某先輩の言葉です。私は自分の気を引き締める時に、いつもこの言葉を思い出します。
 
~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 東洋医学には、「補瀉(ほしゃ)の法則」というものがあります。簡単に言えば、不足は補い、余剰は流す(捨てる)というものです。この流れができてないと身体に不調を起こすというものです。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 11:54:49 | Trackback(0)
一番の特効薬は、『信頼』だと思います。
後絶たぬ振り込め詐欺被害/防ぐ鍵家族の絆 (2008年10月20日 asahi.comマイタウン埼玉版より)

◇警察と銀行、ホットラインで撃退「日頃の会話を大切に」
 振り込め詐欺の被害を食い止めようと、県警と金融機関が10月にスタートした直通電話のホットラインで、1件の詐欺被害が防がれた。銀行の担当者が制しても、詐欺グループの犯人を「息子」と言ってきかない老夫婦を、連携して説得した。両者の機転で犯行を止めることができたが、振り込め防止に肝心なのは、やはり「家族の絆」のようだ。
   ◇   ◇
 新座署の畑中悟生活安全課長(50)の手の届くところにある携帯電話(ホットライン)が9日昼、鳴った。「来店した夫婦の様子がおかしい。振り込め詐欺の被害に遭いそうだ」。三井住友銀行新座志木支店の鈴木義明・お客さまサービス課長(52)だ。
    ◇
 9日午前、新座市の83歳と76歳の夫婦が支店を訪れ、夫が窓口の担当者(46)に「振り込みはどうすればいいだろうか」と尋ねた。振込先は個人、金額は100万円。落ち着きがない。連絡を受けた鈴木課長が同行奥の応接間に通した。夫婦によると、「息子」を名乗る男から電話があり、9日中に100万円を振り込むのだという。鈴木課長は「息子さんに事実を確かめてみては」と助言し、夫も「電話してみてはどうだ」。それでも妻は「息子」だと言い張り、「今日中に振り込む」と言ってきかなかったという。「引き留めなければ」。鈴木課長からの電話があり、約5分後、交番から2人の制服警察官が、さらに5分後、畑中課長と署員が銀行に到着した。
    ◇
 畑中課長らが夫婦に事情を聴いた。風邪気味の「息子」から「携帯が壊れて番号が変わった。株が暴落して会社の金を使った。会社に金を入れないとクビだ。9日中に振り込んで」と頼まれたという。
携帯電話は、壊れても携帯番号は所有者が番号の変更届をしない限り元のままだ。「本当の息子の携帯番号は変わっていないのでは」。畑中課長は、番号の控えが家にあるのを聞き夫婦宅へ。携帯番号を記したノートを見て、妻が電話した。

 「朝の件なんだけど」「朝なんか電話していない」「風邪じゃあなかったの」「ひいていない」-長らく、親子での会話はなかったという。
    ◇
 畑中課長は「被害に遭うのは苦しい時代を生きてきた世代の方々。自分たちは食べなくても子どもには食べさせたいという時代で、息子から『お金を工面して』と頼まれれば、なんとか助けてやりたいと思うのは当然」と話す。「お父さんお母さんに『元気だよ』『お金に困ってなんかいないよ』と近況を連絡してほしい。コミュニケーションを強めることで犯罪から身を守れる」と指摘する。妻は「『会社をクビになる』と言われて何とかしなければと思った。行員の説得も耳に入らず、早く振り込むことだけを考えてしまった」と話したという。
~:~:~
 つい先日も、警官が人海戦術で、振込み詐欺『0』の日を目指しましたが、不幸にも3人の方が被害に遭いました。内1件は、埼玉県です。

 振り込め詐欺は、周到な準備で人を不安な気持ちに駆り立て、冷静な判断能力を奪ってお金を騙し取る、非常に卑劣な犯行です。このような犯罪行為はけっして許せません。被害が一向に減らないなら、今後厳罰化などの対応も必要かと思います。

 騙してお金をせしめようとする犯罪者が100%悪いのですが、被害者として「明日は我が身」の可能性のある私達に、騙されないための手立てはないのでしょうか?私は、『信頼』をすることが、結局は一番の特効薬になるのでは?と思っています。

 もちろん、騙そうと電話を掛けて来たニセモノを信頼するわけではありません。それ以前の、普段からの家族の姿を信頼するのです。「会社の金を遣い込んだのがバレそうだ。」、「事故で相手に大ケガを負わせてしまった。今なら示談金だけで済む。」など、人に相談しづらく、急を要する内容で、家族になりすました電話口の相手は、言葉巧みに攻めてきます。しかし、ちょっと待ってください。貴方のご家族は、会社の金を遣い込むような人間ですか?人身事故を起こしておいて、警察にも消防(救急)にも連絡せず、示談で済ませてその場から逃げるような人間ですか?きっとそんな事はないはず。

 上記の記事も、振り込め犯にすっかり騙され、「息子を助けるためには、なんとしても振り込まなきゃ。」と思い込まされてしまいましたが、ほんのちょっと息子への信頼の気持ちを思い出すだけで、「ウチの息子はそんな事するわけない。」⇒この電話は怪しい、と気づくはずです。こういう場合は、「うちの子に限って・・・」と考えても良いのです。

 振り込め詐欺の被害をなくすために注意を呼びかけるのはもちろん大事ですが、悪いのは、詐欺を働く方です。警官には金融機関の見回りも怠る事なく、しっかりとやっていただきながら、振り込め犯の潜伏先になりやすい雑居ビルの見回りや立ち入りなど、直接、犯人検挙につながる動きを強化してもらいたいと思います。これから振り込め詐欺を考えているやつらに思い止まらせるような、取り締まりを継続して初めて、犯罪がなくなるのだと思います。
 
~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
患者さんから信頼してもらいたいなら、その根拠となるものが自分になければなりません。それは優れた技術、清潔感のある院内、そしてやっぱり最後は、施術者自身の人柄なのだろうと思います。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 01:41:25 | Trackback(0)
免許証の更新に行ってきました。
 先日ブログでお話ししたとおり、鴻巣市にある免許センターに、免許証の更新に行ってきました。ちなみに、交通安全協会には入りませんでした。以前は半ば強制的に入会させていたところもありましたが、今は、係りの方が声をかける程度です。しかし、本当に入会のメリットがあるなら、もっとその点をアピールすべきだなと思いました。更新のための申請書類の記入や、視力検査などの後、2時間ほど講習がありました。ここで、少し紹介したいと思います。

 まず、交通事故ですが、昼間:夜間の比は7:3ですが、死亡事故の件数は、夜間の方が5割以上だそうです。それだけ、夜間の方が危険ということです。また、後部座席のみの死亡事故は全体の4割を占めます。これは、後部座席のシートベルトの装着率が低いのが大きな要因です。10月から点数も反則金も適用なっていますし、明日からでもクルマに乗ったらどの座席に座ってもシートベルトを締めましょう!

 また、なるほどと思ったのは、『0102運動』です。信号待ちのあと、前の車両に続いて発進する際、「0・1・0・2」と全部で4つ数えてから出ると、追突防止になるそうです。あまりゆっくり数えて、後続車両から、クラクションを鳴らされては意味ありませんが。

 それと、飲酒運転についても事の重要性に触れていました。熊谷市の飲酒運転による死傷事故が今年2月にあったにもかかわらず、埼玉県で今年、10月15日現在、すでに219人も飲酒事故者が出ていることに教官は、怒っていました。なぜ、このような悲惨な事故を自分が引き起こすかもしれないのに、(飲酒運転を)やるのかと。この点は、私もまったく同じ気持ちです。どうしても飲んで運転してしまうなら、飲酒運転を禁止するのでなく、飲酒そのものを禁止すべきだと思います。

 平成19年度埼玉県は、
人身事故:44800件 (前年比△3439件)
死亡者数:  228人 (前年比△37人) ←全国ワースト8
負傷者数:54874人 (前年比△4553人)
*全国交通事故死亡者数:5744人 (前年比△608人)

 死亡者数228人の内、95人が65才以上とのことでした。高齢者が被害に遭う事故が増加傾向にあることを教官は憂いていました。また、埼玉県の交通事故死亡者数は、10月15日現在で174人。前年と比べてやや低いペースとなっています。

 以上が、講習を受けて私がメモした内容です。私も普段から、距離はあまり走りませんが、クルマやバイクを運転します。とくにバイクは、いくら相手が悪くても接触事故を起こせば、大ケガをするのは、こちらです。また、クルマでも、漫然とハンドルを握り、まったく危険予測せずに走っていれば、子供や高齢者を被害に遭わせる事故を引き起こす可能性が高くなります。そういった意味では、緩んだ“たが”を締め直すには、鴻巣での120分はいい講習だったのかもしれません。

 ただ、ひとつ最近気になることがあります。バイクで走っていると、前のクルマの車内TVが映っているのが見えることがよくあります。これは、運転者の注意をそぐたいへん危険な状態だと言えます。事実上黙認されているようですが、携帯電話の使用を厳しく取り締まるのと合わせて、運転中のTV観賞についても規制をしていくべきなのでは?と私は考えます。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 いやなことがあっても腐らず、どんなことからもプラスを拾う姿勢が、自分を成長させます。 


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 00:55:01 | Trackback(0)
“はなむけ”などと白々しい
15人と格闘訓練、海自特別警備隊員死亡…養成辞退申し出後(2008年10月14日読売新聞より抜粋)

 広島県江田島市の海上自衛隊第1術科学校(長谷川洋校長)で9月、「特別警備隊」の隊員を養成する応用課程にいた3等海曹の男性(25)が、他の隊員15人を相手にした格闘訓練で頭を強打し、16日後に死亡していたことがわかった。訓練は本来、1対1で行われるが、今回は男性が同課程を途中で辞める直前で、制裁目的の集団暴行だった可能性もあり、海自警務隊が傷害致死容疑などで調べている。呉地方総監部は「訓練の一環で、いじめや集団暴行という認識はない」と説明する一方、事故調査委員会を設けて原因究明を進めるとしている。

 同総監部によると、男性は9月9日、同校体育館のレスリング場で、防具をつけて行う徒手格闘訓練として、同課程の別の全隊員15人と、50秒間ずつ、連続して対戦させられた。男性は14人目のパンチがあごに当たって転倒、後頭部を強打して意識不明となり、同25日、急性硬膜下血腫で死亡した。発生当時、教官2人が同席して審判役を務め、レスリングマットを隊員らが囲み、男性が倒れ込むと、引き起こして続けたという。

 男性は3月に同課程に進んだが、「続ける自信がなくなった」と申し出たため、9月11日付で学校を辞め、別の部隊への異動が決まっていた。今年7月にも、同課程を途中で辞める隊員に対し、16人が同様の訓練を行い、隊員が歯を折るなどのけがを負った。

 愛媛県内に住む男性の父親(51)は、「第1術科学校側から、異動に対する『はなむけ』の意味もあったと説明されたが、体罰だったと思っている。なぜこんなことになったのかと尋ねても、自衛隊は『捜査中』と言うばかりで、きちんとした説明や謝罪は受けていない」と話した。
~:~:~
 これは、もう訓練の域を越えた、『集団暴行による傷害致死事件』であり、徹底的に調査の上、仲間だったはずの隊員を死に追いやった他の隊員、隊員の安全管理をするどころか、集団暴行に率先して関わっていた教官、この者達の厳正なる処罰を求めます。刑事事件としての立件も十分可能と思います。さらには、長谷川校長の管理責任も追求すべきでしょう。

 『しごき』に名を借りた集団暴行で若い相撲取りを死に追いやった事件を、彼らは教訓としてまったく活かしていませんね。それにしても『はなむけ』とは、白々しい。やっている事は、「仲間からの集団リンチを耐え抜いたら、族を抜けてもいい。」みたいな、ひと昔前の暴走族と変わらないじゃないですか。以前にも怪我人を出しているところから、おそらく悪しき慣習になっていた可能性があります。

 制裁でなく、あくまで訓練の一環とするなら、隊員の安全はどのように守られているのでしょうか。厳しい訓練を課す場合、安全に対する十分な配慮が必要です。 「隊員らが囲み、男性が倒れ込むと、引き起こして続けた」という事は、本人の意識がすでにもうろうとしており、相手の攻撃に対し、防御ができない非常に危険な状態にあったという事です。これで本人や相手をしている隊員の、技術の向上につながるとはとても思えません。教官は、暗に「途中で辞めたいなんて言い出すヤツはこんな目に遭うぞ。」と隊員達に脅しをかけ、隊員達も「辞めたいなどというヤツが悪い。」と制裁に同調していたのだと思います。

 ある大学の応援団部でいじめがあり、部員がいじめを苦に自殺した事件で、その応援団部は廃部しています。今回事件が起きた特別警備隊の応用課程も、閉鎖を検討すべきではないでしょうか。このままでは、また第二第三の被害者が出るとも限りませんし、こんな人達に日本の国土・領海・領空を守ってもらおうとは思いません。

 自衛隊がやっているのは、主に独自の自衛隊格闘術ですが、武道に精通している人もかなり多いはずです。心技体の『心』を鍛えるとはどういう事か、今一度考えてほしいと思います。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 どんなテクニックを身につけても、患者さんをおもいやる心がなければ無意味です。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 17:21:24 | Trackback(0)
NEVER x3 SURRENDER!
巨人がセ・リーグV2、“メークレジェンド”完結

 プロ野球セントラル・リーグは10日、読売巨人軍が2年連続32度目(1リーグ時代を含め41度目)の優勝を決めた。優勝マジックを「2」としていた巨人は、神宮球場で行われたヤクルト戦に3―1で勝ち、2位の阪神が横浜に敗れた。

 巨人の連覇は1989、90年以来で、セ・リーグでは92、93年のヤクルト以来。原辰徳監督(50)は3度目のリーグ制覇。巨人は上位3チームによるクライマックスシリーズに出場し、2位・阪神と3位・中日の勝者と、日本シリーズ進出をかけて第2ステージ(22日開幕、東京ドーム)で対戦する。

 6年ぶりの日本一奪回とリーグ連覇を目指した今季の巨人は、開幕5連敗と出足でつまずいた。7月8日には首位を独走していた阪神に13ゲーム差をつけられたが、若手の積極的な起用で勢いをつけて反撃に転じた。9月には球団として32年ぶりの12連勝を記録し、阪神との一騎打ちに持ち込んだ。

 13ゲーム差を逆転しての優勝は、セ・リーグでは96年に長嶋茂雄監督率いる巨人が11・5ゲーム差をひっくり返した「メークドラマ」を上回る。プロ野球でも63年の西鉄(現西武)の14・5ゲーム差に次ぐ史上2番目の大逆転優勝となった。
~:~:~
 最終戦までもつれると思いましたが、今日(日付変わって昨日)ジャイアンツが優勝を決めましたね。まさかまさか、前半戦を折り返す時点で、だれがジャイアンツの優勝を予想いや、期待をできたでしょうか。しかし、原監督は、ジャイアンツの選手達はあきらめていませんでした。原ジャイアンツ、セ・リーグ連覇おめでとうございます。

 このように書くと、私がジャイアンツファンのように見えますが、実は、
根っからのドラゴンズファンです。ですから、タイガースを追撃するどころか、ジャイアンツに追い抜かれて、3位に転落した時は、くやしくて、唇をぐっと噛みしめました。カープとの3位争いの時もハラハラしてました。しかしながら、今年のジャイアンツの追い上げは見事と言うほかありません。脱帽です。ここは、潔く負けを認め、ジャイアンツの“メークレジェンド”を祝福したいと思います。

 「そこに1%の可能性でもあるならば、けっしてあきらめてはならない。自らがあきらめなければ、願いはきっと叶う。」 あらためて原ジャイアンツに見せつけられました。最大13ゲームをひっくり返して優勝するなんてまさに“奇跡”です。こんな奇跡を見せられたら、何でもできそうな気がしてきます。この奇跡的な優勝に勇気づけられた国民は、少なくないと思います。

 そして、私はもうひとつの奇跡を信じます。それは史上初の、3位からのクライマックスシリーズ優勝、そして日本シリーズ連覇。もちろんドラゴンズのことです!「最後は、あきらめない方が勝つ!」その気持ちが最も強いのは、挑戦者であるドラゴンズだと私は、強く強く信じます。
 
~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 「夢はあきらめなければ、必ず叶う。」 これは真実だと思います。しかし、ただ願っていてもダメ。夢は、それを実現させるためにあらゆる努力を惜しまず、ひとつひとつ積み重ねていった物だけが叶えられるものだと思います。ちょうど、勝ち星をひとつひとつ積み重ねていった今年のジャイアンツのように。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 02:03:39 | Trackback(0)
やっぱり、いいトコ見せたいのかな?
 毎週月曜日、午後の1時間、大袋幼稚園の空手教室の指導にあたっています。その間はもちろん、整体院の方は不在になります。今日(日付替わって昨日)は、運動会の代休で、幼稚園がお休みなので、越香会大林本部道場で稽古を行いました。いつもは、教室が終わってからお母さん達がお迎えに来るのですが、今日は、お母さん達は、子供達を送りに来てそのまま、稽古を見ていってくださいました。すると、子供達の稽古態度がいつもと違うではありませんか・・・。

 実は、幼稚園での稽古は、まず始まるまでがひと苦労です。幼稚園児と言っても空手道ですので、子供達には、「初めと終わりの礼が一番大事。」といつも言っています。気をつけ→正座→黙想→礼→稽古開始となるのですが、この“気をつけ”までに時間がかかるのです。まあ、とくに最近は、運動会本番に向けて練習に一所懸命で、空手教室の稽古まで集中力が続かなかったのかもしれませんが。

 それにしても稽古中も、「もう休憩?もう休憩?」と聞いてきたり、形練習の最中に、「もうチカレタ(疲れた)~。」と言って突然座りこんだり、組手練習の時に変にテンション上がってふざけてみたりと・・・あぁ、すみません私のグチになってしまいました(汗)。とにかく、少人数なのに、大変なんです。

 しかし、今日は違いました。時間通りに気をつけ→正座と、スムーズに始めることができたのです。基本や形もしっかりと楽しみながらもまじめに取り組み、形(ゲキサイイチ)も私が手本を示さなくとも、最後には、子供達だけで何とかできるようになりました。これは、“空手道場”という、いつもの体育館と違う雰囲気もあるのでしょうが、やはり、そばで「お母さんが見てくれてるんだ。」という意識が大きかったのだと思います。

 子供心に、親にいいトコ見せたかったのでしょう。そんな一所懸命さが、なんだかとてもかわいらしく思えました。それに加えて、やはりお母さんパワーは強いな~と思いました。本音を言うと、お母さん達には、いつも早めにお迎えに来て、稽古をずっと見学してほしいとさえ思ってしまいました。

 しかし、せっかく形も覚えてきて、いい感じになってきたのに、来週の月曜日は、体育の日で祭日となり、教室はお休みです。今日のような稽古を再来週に求めるのは難しいのでしょうか?いや、それでも子供達は、子供達なりに空手を好きでいてくれているので、もっともっと空手を好きになってくれるよう、私もがんばって指導していきたいと思います。

《大袋幼稚園空手教室 秋季生徒募集中です。この秋、空手道をはじめてみませんか?!》

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 いつも自分が見ている姿が、その人のすべてを表しているとは限りません。別のシチュエーションで会ってみたら、イメージと全然違ったなんてこともあるでしょう。患者さんの一面のみをとらえず、多面性を考慮することも大事です。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

身近なこと | 01:30:20 | Trackback(0)
運転免許の更新
 先日、運転免許センターから運転免許証の更新のお知らせが来ました。また、警察署で講習のビデオを見ての即日更新だな~と思って、はがきをよく見たら、運転者区分が「違反者」になっており、鴻巣の免許センターでの講習となっておりました。有効期間も当然3年です。

 たしかに、今年の1月に、原付のナンバープレートを照らすランプが球切れしていることに気づかず、「整備不良」で違反切符を切られましたが、それでも「一般」だと思っていたのですが・・・

 よくよく記憶をさかのぼってみると、4年半前に、やはりバイクを運転中、右折レーンから信号待ちのクルマをかわし、停止線をやや越えたあたりで停車後、青信号に変わって直進したところをお巡りさんに捕まっていました。たしか一時不停止でなく、通行区分違反だったと記憶しています。いずれにせよ、“過去5年間のあいだ”に軽微な違反が2回をなので、「違反者」いうことになるようです。

 これがもし、法改正以前の“過去3年間のあいだ”にという基準であれば、同じく有効期間は3年であっても、講習は警察署で済んだのに、残念です。なかなか5年間無事故・無違反をとおすのは難しいですね。日頃、「安全第一!」とか、「飲酒運転撲滅!」とかブログで言っているわりに、いざ、わが身を振り返って見てみると、意外にできていませんね。鴻巣まで行って、きちんと反省してきます!(苦笑)

 今まで、埼玉では警察署でしか免許証の更新をしていなかったので、あまり気に留めなかったのですが、埼玉県には免許センターは1箇所しかありません。 違反さえしなければ、更新は警察署できるので、どうしても必要というわけではないのですが、それでも、新たに免許証を取得する人や、免許センターで更新しなければいけない人ので、埼玉県の規模、広さや人口を考えたらさいたま市や所沢市あたりにもほしい気がしますね。他県では、数箇所あるところもありますが、基準はどうなのでしょうか?どなたか、知っている方、いらっしゃいましたら教えてください。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 「骨には異常なし」との診断を受けても、ムチウチなど事故の後遺症などで悩む患者さんが、整体を受けにいらっしゃいます。主訴は、首の痛みでも、胸椎、腰椎、仙骨(骨盤)と脊椎全体をみて施術にあたる必要があります。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 20:36:26 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。