■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
この厳罰化を今から周知徹底を
「酒気帯び」でも一発取り消し…道交法改正案を閣議決定 (2009年1月27日 読売新聞

 政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案を閣議決定した。今年6月1日から施行される。

 酒気帯び運転のうち、呼気1リットル中のアルコール濃度が0・25ミリ・グラム以上の場合、違反点数が13点から25点に引き上げられ、過去に違反歴がなくても一発で免許取り消しになる。同0・15ミリ・グラム以上0・25ミリ・グラム未満の場合は6点から13点に引き上げ、免許停止期間が現行の30日から90日に。飲酒によって正常な運転ができない「酒酔い運転」も25点から35点に引き上げられる。

 悪質な事故などで免許取り消しになった後、運転免許証の再取得が禁じられる欠格期間の上限も5年から10年に延長され、危険運転致死罪は8年、同致傷罪は被害者の負傷程度に応じて最長で7年になる。酒酔い運転による事故も、2~5年から3~7年に引き上げる。いずれもひき逃げが加われば最長の10年になる。

~:~:~
 飲酒運転撲滅に関する記事は、本ブログでよく取り上げていますが、今回の改正案は、さらに厳しいものとなりました。厳罰化の波に沿って、抑制効果につなげようとするもので、効果に期待のできる内容だと思います。

 もっとも評価できるのが、一番軽い罪の酒気帯び0・15mg~0・25mg未満の場合で、免停30日が90日に厳罰になったこと。今までは、“一発免停”とは言え、講習を受ければ29日短縮が適用されたので、その辺にまだ、甘えがありました。しかし、今回期間が90日となったことで、短縮されても45日間は自動車を運転できないことになり、仕事や生活に大きな支障が出ることが容易に想像できます。「ちょっと1杯・・・」という甘えは今後まったく通用しません。それに、人身事故を引き起こした場合には免許取り消しということも大きな抑止力になると期待しています。

 ここで、私がもっとも言いたいのは、この厳罰化は、飲酒事故やひき逃げ犯罪の抑止のためにこそ使われるべきだということです。つまり、ただ厳罰化だけしたでは片手落ちということです。
「飲酒運転は一番軽いのでも、免停90日だよ。人身事故なら免取りだよ。」
「飲酒事故で逃げたら向こう10年は免許取れないよ。」
などと、どんどん巷で話題になって、「お酒飲むんなら、絶対運転しない! させない!」 とならないと抑止力として十分な効果を発揮しません。警察やマスコミも、この厳罰化を飲酒事故が引き起こす不幸も含めて、どんどん周知徹底してほしいと思います。

 また、昨年は、飲酒運転などで、免許取り消しとなった人が、無免許のまま自動車を運転し、事故を起こすというとんでもないニュースもありました。厳罰化はおおいに結構なのですが、その一方でそれなら、無免許で構わないなどと開き直るケースが増えることも予想されます。それをどう防ぐか、検問などを増やすくらいの対応で間に合うのか、検討の必要がありそうです。

 私自身、お酒を断ってからもうすぐ2年になろうとしています。初めの頃は、空手道大会の後の親睦会などでつがれそうになるビールを断るのにも気まずさみたいなものがありましたが、今では、普通に「お酒止めてるんで。」と、飲まないことが自然になりました。それに大会会場にも、後のことを考えず、ひとりで自動車でもバイクでも運転して行けますし、たいへん気楽です。もちろん、「今日はクルマで来てます。」と言えば、お酒をつごうする人はいませんしね。別に、そんなに無理して、自動車で運転して帰るのが分かっているのに飲む必要はないでしょう。付き合いと言っても、飲まないで居ても雰囲気は悪くなりません。

 過去にもブログで書いてますが、もし「帰りは代行運転を頼もうと思っていた。」、「クルマを置いてタクシーで帰るつもりだった。」 にもかかわらず、飲んでいるうちに、その判断が鈍くなって、「このくらいなら、大丈夫。酔っている内に入らない。」、「少しクルマで休んで行けば大丈夫。」 と運転したい気持ちになってしまうなら、お酒自体を止めるべきでしょう。お酒で正常な判断ができなくなるのなら、飲まなければいいのです。飲酒運転でつかまってからでは遅いです。事故を起こしてからではもっと遅いです。事故で相手に重大なケガやましてや死に至らしめてからでは取り返しがつきません。そんなことなら、はじめから飲まなければいい。それだけの話しです。

 この飲酒運転厳罰化から解放されたいのなら、お酒を止めるのが一番です。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 宿酔いや、からだに残るお酒臭さとかを気にせず、朝から患者さんに接することができるもの、断酒のメリットですよ。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 13:43:19 | Trackback(0)
整体界の風雲児逝く
 去る19日、私の整体の師である、極理整体専門学院理事長、大輪清先生が急逝されました。極理の方から、直接連絡が入ったわけではないのですが、ほぼ周知の事実となったようなので、ここにご冥福をお祈りしたい気持ちを記したいと思います。

 仲間の整体師らから、電話やメールでうかがった話しからすると、亡くなる数日前に突然倒れられ、即入院、医師の治療や付き添いの看病の甲斐なく19日の早朝に息を引き取られたとのことです。私に連絡をくれたある方は、脳梗塞などの脳血管障害ではないかと言っていました。

 それにしても、まさかあのバイタリティの塊りみたいな大輪先生が亡くなるなんて、夢にも思いませんでした。未だに実感が湧かず、信じることができません。昨年末の学会で、直接、内臓テクニックの指導をしていただいたばかりです。また、開業後の整体院の様子を気に掛けてくださり、たまにお会いした際には、厳しいお言葉も含めていつも励ましの声をいただきました。

 大輪先生は、『他人に厳しく、自分にはもっと厳しく』というような方でした。もちろん、その他人への厳しさは、本当の優しさの裏返しです。学院生時代の大輪先生の厳しいお言葉があったからこそ、今の自分が在ります。最後の最後に残った、たったひとつの実技試験の課題を中途半端にOKをもらって、修了証を出されるより、実力でクリアするまで学院に通わせてくださったのは、紛れもなく大輪先生の優しさだったと、プロになった今、感じています。

 そして、人へ厳しさを課す以上に、自分に厳しかったのだと思います。「休みは不要。」とよく口にしていらっしゃいました。極理やその他の事業を含めて何役もこなし、今まで本当に休みなく走り続けたのだと思います。常に、最高のマネージャーであり最高のプレーヤーであり、何事にも全力で、先頭に立って物事を進め、しっかりと最後まで責任を持つ。そんな方だったと思います。しかし、もう少し自分のからだをいたわってくれればと、残念で残念でなりません。

 整体界の風雲児は、あまりに早く時代を翔け抜けていってしまいました。大輪先生には、もっともっと整体界をかき回してほしかったです。極理式整体・内臓療法を世に広めてほしかったです。大輪先生の直接指導による整体師をもっと輩出してほしかったです。私達はもっともっと教わらなければならないことが多かったはずです。しかし、それももう叶うことはありません。大輪先生からの厳しい(優しい)お言葉はもういただくことはできません。これからは、このナマケモノの自分に自分で叱咤激励していくしかないのです。

 これからは、この極理式整体で少しでも多くの方の健康に寄与することで、大輪先生の提唱してきた整体療法・内臓療法の有用性を示し続け、ご恩に報いていきたいと思います。

 最後になりましたが、あらためて、極理整体専門学院理事長、大輪清先生のご冥福をお祈り申し上げます。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

整体のこと | 01:08:31 | Trackback(0)
自分でできるインフルエンザ予防策
町田インフル集団感染、ウイルスはA香港型 (2009年1月20日 読売新聞より)

 東京都町田市内の「鶴川サナトリウム病院」で発生したインフルエンザの集団感染問題で、都は20日、感染者の血液などを調べた結果、検出されたウイルスは、治療薬「タミフル」が効くとされるA香港型だったと発表した。

 都によると、国内で流行している3種類のウイルスのうち、タミフルが効かない耐性ウイルスは、Aソ連型だけで見つかっている。同病院では、すでにタミフルを治療に使用しているが、都は「タミフル投与は治療に有効」としている。

 都は感染者112人のうち、24人から検体を採取。11人からA香港型が見つかり、13人からはウイルスが検出されなかったが、都は「既に回復したため」としている。

~:~:~
 私もここ数年はありませんが、過去にインフルエンザにかかった経験があります。悪寒や倦怠感、それに高熱、風邪とは明らかに症状の強さが違っていました。食欲もなく、妻に作ってもらったうどんも一口も食べることができず、病いに負け、何もできない自分を情けなく、涙さえ出てきた記憶があります。

 Aソ連型、A香港型、B型のうちで、最も毒性が強いとされるA香港型が、今季流行しているということですが、予防接種をしていてもかかってしまうとは恐ろしい強さですね。しかし、そのA香港型にタミフル耐性型は見られていないので、予防薬としてタミフルを使用するというのも手だと思います。

 予防接種や事前のタミフル投与など、保健所や病院・医院のお世話にならなければいけない予防策もありますが、その前にやはり、家庭で、個人で実践できる基本的なことを日頃からやっておきましょう。

 まずは基本中の基本、①『うがい』と『手洗い』です。
うがいは、のどの粘膜からの感染を防ぐのに有効ですし、手洗いは、手や指を口に運んだり、手で目をこすったりした時に起こる感染を防ぐのに有効です。とにかく、一旦外に出て、室内に入ったら、その度に必ずうがいと手洗いをしましょう。室内勤務の場合、外出しなくとも、うがいは休憩時にした方がよいでしょう。

 また、②『人込みを避ける』、『マスクの常時着用』もおすすめします。
人込みでは、空気中のウイルスが多くなる確率が高くなります。その空気を直接吸い続けていれば、のどの粘膜から感染しやすくなります。できれば、無理して混雑するようなところには行かないようにしましょう。しかし、仕事などでしかたない時もありますね。通勤時や営業など外回り時は、マスクの常時着用をぜひおすすめします。マスクは保湿にもなりますし、唾液を出すためにアメをなめるのもいいと思います。

 また、職場環境や家庭では、③『湿度に気をつけ』ましょう。
今回、感染が拡大した病院の湿度は15%と、極めて低い状態にありました。室温を気にするあまり、エアコンで部屋がかなり乾燥してしまっていたのでしょう。空気が乾燥した状態では、飛散しやすい上に、ウイルス自体も活発に活動しやすくなります。50%~60%が予防に有効と言いますが、そこまではなかなかできなくても40%前後、少なくとも30%は下回らないよう心掛けたいものです。観葉植物を置いたり、単に、コップに水を置いても、気化するので加湿に役立ちますよ。

 そして、④『食事や睡眠の気をつけ』、抵抗力を維持しましょう。
今回不幸にもお亡くなりになった方は、そろって抵抗力の低いご高齢の方ばかりでした。普段、体力に自信のある方も、多忙や不規則な生活習慣で、抵抗力の低い状態に陥る時があるかもしれません。ウイルスはあなたのそんな状態を見逃してはくれませんよ。前述の3項目に気をつけても多少なりともウイルスはからだの中に入ってきます。最後の最後、水際で発症を防ぐのは、自身の抵抗力です。インフルエンザ対策に限らず、食事・睡眠・適度な運動(ストレッチ)は健康の基本です。

 実は、告白しますが、毎年、インフルエンザの予防接種は受けておりません。「先生がインフルエンザにかかって休診になったら、誰が整体してくれるのよっ?!」って以前、患者さんからお叱りを受けたことがありますが、それでも予防接種はしていないのです。その代わり、前述の項目の予防策には気をつけているつもりです。軽い風邪は引きますがそれ以上にはひどくはなりません。院内もできるだけ整理・整頓・清潔・清掃の4Sを心掛け、少なくともここに来たから風邪を引いた、インフルエンザにかかったと言われないようにしたいと思います。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 とは言え、医者の不養生とはよく言ったものです。他人を気遣うあまり、自分のことをあまりないがしろにしないでください。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 16:24:20 | Trackback(1)
今年を顕す漢字は何になってほしいですか?
「義」の年にできないものか (asahi.com新聞案内人より抜粋)

<島 脩  元読売新聞編集局長>
・・・今年いただいた年賀状に、「一昨年は『偽』、昨年は『変』、今年は『乱』になるのでしょうか」と添え書きされていた。政治にも経済にも、それを予感させる兆候はいくつもある。「なるほどな」と思いながら、いろいろ考えてみたが、私自身は、こんな時こそ、「社会正義」「信義」「道義」「義理人情」に支えられた国づくりを目指したいな、と思う。 そして、「義」で表される年にできないものか。そんな望みを託しながら、めげずに歩いて行きたい。

~:~:~
 そうですね。不況や火災、殺人事件など悲しく、重苦しいニュースが連日のように報道され、波『乱』含みの年明けとなっていますね。ただ、毎年あまり良いイメージでない漢字ばかりが続くというのは、うれしいものではありません。そういった意味では、島氏の 『義』 という字には期待を込めて応援したいと思います。
 
 しかし、「それでは今年は、『義』で行きましょう!」 ではおもしろくないので、私もそれなりに考えてみました。私が期待する今年の漢字、それは・・・ 『機』 です。

 昨年の字は、『変』 でした。これを大“変”と解釈すれば、“ピンチ”という意味になります。であるななば、「ピンチの後に、チャンスあり」! そう、『チャンス』=『“機”会』です。昨年にピンチが来たなら、今年はチャンスが来ると思えばいいのです。できれば、オバマ新大統領にも、今年は「change!」でなく「Chance!」と言ってほしいと思います。

 もちろん、この“Chance”という言葉、日本語では、好機など良い意味でしか使いませんが、本来は偶然や機会そのものを指しこれには幸運も不運も含まれます。しかし、だからこそ、良い意味でも悪い意味でも使えるからこそ、“好機”や“幸運”ではなく、ただの“機”が今年を顕す字にふさわしくなってほしいのです。

 たしかに昨年は、大“変”な年でありましたが、その一方でさまざまな“変”化が訪れた年でもありました。しかし、変化すること自体は必ずしも悪いことではありません。社会情勢や、生活環境が変わる。悪い方向に変わればピンチですが、変化はそれを機に、新しいことを始めるチャンスにもなります。今までの自分から一歩踏み出して、新しい自分を作るきっかけにするのです。

 それはもちろん、好機ばかりではありません。しっかりと踏み出す足の方向を確かめないと、道を踏み外し、転落人生まっしぐら・・・となるやもしれません。それも含めて私は『機』だと思います。つまりは、訪れる機を“好機”にするか、“不運の始まり”にするかは、自分次第ということです。

 また、“機”と言えば、『機械』や『機器』など、製造業を思わせる言葉ですね。この製造業がしっかりしなければ日本経済の復活はありえません。自動車産業をはじめとして、厳しい状況が続くと予想されますが、すべての業種で不振を極めているわけでもありませんし、消費が落ち込んでいるといっても誰も何も買っていないわけではありません。家電量販店は、初売りから好調な滑り出しのようですし、ユニクロは利益の見通しを上方修正しています。身近な例では、近所のトイザらスは、クリスマスの時期も、年始の初売りでも、大変な賑わいでした。

 ということは、この好調に販売されている物を、製造しているメーカーがいるわけです(ユニクロの場合ほとんどが中国製ですが)。また、円高で輸出企業は大変なダメージを受ける一方、輸入品は安くなるので、円高差益還元セールなどができる業種には、購買意欲の掘り起こしに追い風でしょう。いずれにせよ、産業機器や機械メーカー復活の年になってほしいと思います。
 

※書いてみてはじめて気づきましたが、“Change”と“Chance”は、1文字違いです。
 もうひとつ“Challenge”も、Chaで始まる言葉ですね。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
☆チャンスを逃すな!挑戦せよ!
 (但し、成功するチャンスと同様に、失敗するチャンスも目の前にあります。)

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 00:49:25 | Trackback(0)
自分に限って・・・は禁物です。
振り込め被害、昨年は276億円  (2009年1月14日asahi.comより抜粋)

 08年の振り込め詐欺被害は276億円と過去最悪(04年の284億円)を辛うじて免れたことが14日、警察庁のまとめで分かった。昨年10月を撲滅月間とし、ATMに警察官を張り付けるなどして、10~12月の月別被害額を9月までの月平均より4~5割減少させた。しかし、その10~12月も月平均で約1千件、13億円もの被害が出ている。このため警察庁は2月を再び撲滅月間に決め、「10月の被害(約16億円)の半減」を目指す。

 まとめによると、オレオレ詐欺が最多の約155億円▽還付金詐欺は約47億円▽融資保証金詐欺約38億円▽架空請求詐欺約36億円。上半期と下半期を比べると還付金詐欺は68%減、オレオレ詐欺は32%減と抑え込んだ。

 都道府県別では、最多の東京が約60億円。以下、(2)神奈川約32億円(3)埼玉約23億円(4)千葉約20億円(5)愛知約15億円(6)大阪約7億8千万円(7)兵庫約6億6千万円(8)岐阜約6億4千万円(9)静岡約6億3千万円(10)北海道約6億1千万円と続く。

 2月の撲滅月間では、不正口座について、実害が出ていない段階でも詐欺に使われていると判断できれば金融機関に凍結を依頼し、被害の未然防止をはかる。また、詐欺グループが使用する携帯電話の番号が判明すれば、その番号に警察官が名乗って電話する「追い散らし」を全国規模で行う。

~:~:~
 昨年10月の振り込め詐欺撲滅月間を機に、被害はだいぶ減っているとは言え、まだ毎月十数億円の被害が出ていることに驚きます。また、県別被害ワースト4が関東地方、埼玉が3番目の被害県であることにも憤りを感じます。来月にまた、撲滅月間が始まります。警察の威信をかけて、被害の防止と犯人検挙に全力を挙げてほしいと思うと同時に、私達も被害に遭わないように普段の生活から気をつけたいと思います。

 まず、ここで言っておきたいのは、振り込め詐欺は、100%騙す方が悪い ということです。中には、「騙される方にも落ち度がある。」 とか、「振り込んでしまう方が悪い。」 と言う人もいるかもしれませんが、そんな考えは今すぐ捨ててください。そういった人ほど、騙されやすいのです。なぜなら、そんな人は、「自分に限っては、大丈夫。」と思い込んでいるからです。

 振り込め詐欺のもっともタチの悪いところは、被害に遭う本人の“思い込み”を利用するところにあります。相手は何とか、騙してお金を振り込ませようと様々な手を考えてきます。また、いつもは引っ掛からないような手口でも、たまたまその時の心理状態や偶然などが重なり、騙されやすい状況に陥ってしまうかもしれません。“自分だけは大丈夫”などという根拠のない自信は、ただの過信にすぎません。それでも、騙されないために有効な手段があります。それは、
“振り込む前に、必ず第三者に相談する”

という極めて簡単なものです。

 相手は、タイムリミットを設けたり、秘密を厳守させたりして、誰にも相談させずに独りで振込みまで持って行かせようとします。この時自分は冷静に判断しているようで、すでに相手の術中にはまっているのです。それを第三者が見ていたり、話しを聞いていたりすれば、おかしな点があればすぐに気がつくでしょう。人は、物事を客観的に判断しているように見えて意外に主観で判断しているのです。だからこそ、第三者の目や耳が大事なのです。

 これは、まっとうなもので、まったく詐欺ではないのですが、昨年暮れに、映像看板や店の外装・内装をプロデュースする会社が営業に来ました。その営業マンの話しはとてもよく分かり、私も整体院の前に映像看板を設置したくなりました。営業マンは、その場での即決をせまりましたが、私は妻の意見をどうしても聞いてからでないと決められないと即決を断りました。その晩、妻からいろいろと意見や、疑問点を指摘されるにつれ、私も冷静に判断でき、その前にやるべきことをやっていない現状を認識することができました。結果、設置は見送りました。ひょっとしたら、映像看板の設置を見送ることは整体院にとってマイナスだったかもしれません。しかし、自分でその場で勝手に決めず、第三者の意見を入れて考え直せたことは、良い選択だったと思います。

 何事も最後に決断を下すのは本人です。それを誰のせいにもできません。しかし、決断を下す判断材料はひとつに絞る必要はありません。他の人の意見に耳を傾け、よく考えてから決断を下しても遅くはないはずです。後悔をしたくないなら、何事も早まってはいけません。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 自分に自信を持つのは大事なことですが、その自信に根拠はありますか?裏付けはありますか?根拠のない自信はただの“思い込み”です。まあ、若い時分にはそういうのが必要な時もありますが。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:56:30 | Trackback(0)
火の~よーじん カチカチ
 8日の木曜日は忙しく、月に1度の整体の勉強会に出席した後、一旦帰宅し、夜は、自治会の防犯・防災パトロールに参加しました。班ごとに当番日が決まっており、私が所属する班が今日(日付変わって昨日)の担当だったのです。実は、今日は越香会せんげん台道場の初稽古と重なっていて、稽古にも行きたかったのですが、道着に袖を通すことができず残念でした。

 というわけで、整体の施術はしていないにもかからわず、朝から晩までとても忙しく、防犯パトロールから帰ってから、体重計に乗ったら、57.6kgと予想外に体重が減っていました。成人してからの最軽量更新です。しかしこれは一時的なもので、しかも狙ってやせたわけではないので、良くない体重の減り方です。明日からまた、患者さんに元気になってもらうための施術に必要なスタミナを、確保するためしっかりと晩ご飯をいただきました。

 また、ネガティブニュースはあまり取り上げたくないと言ったばかりですが、最近はとくに、火災のニュースが目立ちますね。子供らだけで留守番をして家が全焼して幼い命が奪われたり、他にも一人暮らしのお年寄りの家から火が出て被害に遭ったりと、後を絶ちません。今回は、そんな中での防災パトロールでしたので、自然と気持ちが入りました。

 実際に参加してみて思ったのは、やってみると意外に防犯や防災への意識が高まる感じがするということです。もちろん、他の日は、他の班がパトロールに廻って来ていたので、それを耳にして、火の始末や戸締りに気をつけようという気にはなるのですが、いざ自分で廻ってみると、さらに意識が変わるのです。みんなと一緒に歩いて、拍子木を打ち、「火の用心! 戸締り用心!!」 と地域に呼び掛ける声は、自分自身の耳にも届いています。地域の全世帯の方々が参加する一番の目的は、参加することでみんなに、当事者意識を強く持ってもらうことなのかもしれません。

 私も、子供を連れて参加したのですが、一緒に良い経験ができました。この家ではたばこを吸う人がいないので、たばこの火の不始末は心配ありませんが、乾燥が一段と強くなっていますので、ファンヒータやガスコンロなどの周りは注意したいと思います。

 
~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 地域に根ざして、地域の方々に愛される整体院を目指すなら、こういった地域の活動に参加するのも必要なことです。ましてや、自宅を兼用としているなら、なおのことです。地に足をしっかりつけず、広告や宣伝ばかりに力を入れても本末転倒ですよ。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 00:42:55 | Trackback(0)
遅ればせながら・・・
 松の内も終わり、重い腰を上げて、ようやく新年最初のブログ更新です。遅ればせながら、

『新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。』


 整体院は、4日(日)から通常どおり開院しており、いつもどおり仕事をしていたのですが、なかなかブログを書く気になれなくて、今やっとブログの更新画面に向かっているところです。今年も、週2回を目安として更新していきたいと思っています。今年1年どうかお付き合いの程、よろしくお願いしたしますね。

 正月三が日は、茨城の実家に帰っておりました。茨城と言っても筑波の方なので、ここから50kmしか離れていないのですが、越谷や春日部と比べて、“むちゃくちゃ寒かったです!!!”。北風も冷たたかったぁ~。利根川を渡るとこうも違うのか!?とひとりで文句を言ってました。

 でも良かったのは、3日に越谷に戻ってきて、この寒さを厳しいとは感じなくなったこと。茨城に行く(帰る?)前、あんなに患者さんと「今日は寒いですねぇ。」とか「冷え込んできましたねぇ。」とか言っていたのに、寒さがあまり気にならないのです。そりゃ寒いことは寒いですが、あの茨城の冷え込みに比べれば全然平気というか、楽というか。。。「寒い寒い」と言っているあなた、その寒さから開放されたければ、暖かいところに逃げるのでなく、逆に、より寒い地方で数日間過ごしてみるのはいかがですか?戻ってきた時、きっと今までの自分の居場所に暖かさに気づきますよ!

 それから、みなさんは、お正月体調管理はいかがでしたか?私は、2日と3日は、おせち料理やお雑煮などで、食事の量も増えましたが、それでもお酒を飲むわけでもなく、夜遅くまでだらだらと食べ明かすようなこともしなかったので、体重は1kgも増えませんでした(最高で59.6kg)。初仕事をして、翌日の5日の朝には58.8kgに戻っていました。

 また、寒かったので、防寒対策には気をつけていたので、風邪を引いたり、腰を痛めることもなく、割りとスムーズに4日の仕事始めを迎えることができました。さすがに、私の方が正月ボケをして患者さんに施術をするわけにはいきませんからね。これでも一応プロですから。

 また、言い分けですが、なかなかブログを再開できなかった理由のひとつに、最近のネガティブニュースの存在がありました。新年始まったばかりだというのに、暗い話題が多く、世間から目をそむけるわけではありませんが、ネガティブなことばかり耳にしたり、ましてや自分が口にしたりしていると、自分自身の心にネガティブな影響を与えます。ブログでは、気になるニュースを取り上げ、それに対し私個人の見解を述べるというスタイルをとることが多かったのですが、ネガティブニュースに心が囚われかねないので、最近はなかなかできませんでした。年末あたりから記事を取り上げるスタイルが減ったことに気づいた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 2009年、自分も、整体院に見える患者さんも、私に関わるすべてのみなさんが、明るく元気に過ごせるようできることをひとつひとつやっていこうと思います。ブログでもなるべく明るい話題を取り上げられるといいなと思っています。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 プロを目指す方、今年プロになると決めたら、それを口にしてください。自分の耳に聞かせてください。紙に書いて貼り出してください。自分の目に焼き付けてください。有言実行。ネガティブを口にすれば現実もネガティブに。ポジティブを口にすれば現実もポジティブになります。  

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 00:49:31 | Trackback(0)

FC2Ad