■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 6月5日(木)より新ホームページ始動に伴い、ブログも移転しました。新URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
親バカ的な見方をしますが・・・
 先日の日曜日、私の所属する空手道団体、越香会の第16回大会が行われました。参加選手約200名、幼年の白帯ちゃんから、成年(中年?)有段者まで、門下生が一堂に会し、白熱した戦いが各コートで繰り広げられました。

 私が指導を担当している、みひかり幼稚園の子らも組手の部で3人が2位・3位に入賞するという素晴らしい成績を収めてくれました。これが大きな自信につながって、もっともっと空手道が好きになってくれればと思います。また、昨年度まで、大袋幼稚園で教えていた、今小学1年生の子らも形の部で同じく、3人が2位・3位に入賞する活躍を見せてくれました。やはりさすがは小学生、園児の時と比べて、ずっと上手に、力強く演武できていました。

 そんな中、私の2人の愛娘らも、大会に参加しました。2人とも形・組手とも勝ち名乗りを挙げることはできませんでしたが、上の子の方は、それでも光るものがありました。(ここから親バカです↓)

 上の子は小学3年生、空手を始めて、まだ7ヵ月。今月やっと8級に合格したばかりです。そんな子の1回戦の相手は、4年生しかも茶帯。どう考えても、茶帯の子の方が勝つと思います。案の定、茶帯の子の方が勝ちました。そしてそのまま、その子は優勝しました。それだけ上手だったということです。しかし、私の娘は、その子に実は2-3で競り負けたのです。5人の審判の先生のうち、なんと2人も白帯の私の娘の方が、茶帯の子よりも上手だと判断したのです。これは、賞賛に値する負け方です。普通、0-5で負けて当然の相手です。

 私は、その晩、1回戦負けを悔しがっている娘に、この点をほめてあげました。負けた事実は事実として認めながら、2人の旗が上がった点に、焦点を合わせたのです。ちなみに、下の子には、とりあえず間違っても立ち止まらずに、最後まで演武できたことをほめました。

 しかし、よく考えれば、この結果でよかったのでは?とも思います。万が一、偶然にも茶帯の子に勝って、そのまま勝ち進んでしまったら、「空手って思いのほか簡単じゃん!」 と勘違いしてしまいかねませんし、0-5で惨敗しても、あきらめが大きすぎて、得るものが少なかったかもしれません。優勝者に2-3での惜敗というところが、自信にもつながり、悔しさにも感じるちょうどいいラインだったと思うのです。

 空手道の稽古は、別に試合に勝つためにやるのではありませんが、試合や昇級審査という目標を身近に置くことは稽古の励みとなります。私の娘らはもちろん、越香会のみんながそれぞれに、空手道を通じて、『なりたい自分』に少しでも近づいて行ってくれればいいなと思います。

 大会に参加した選手、応援に来てくださった保護者のみなさん、運営に関わったスタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。

 また、来年、このような盛況な大会が行われることを期待して・・・


~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 事実はとらえ方ひとつで、プラスにもマイナスにも解釈できます。施術後の痛みが50%あったとします。「痛みが半分になった(改善された)!」 と、とらえるか、「ぜんぜん取れてない、まだ半分くらい痛みを感じる。」 と、とらえるか、これだけでもかなり違います。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

身近なこと | 13:45:22 | Trackback(0)
夏はすぐそこ!
090626_0841b.jpg

~:~:~
 愛娘たちが、整体院の玄関のために、ひまわりを育てていてくれました。
 プランターのひまわりが咲いてきたので、今日から入り口に飾ることになりました。

 梅雨の晴れ間の日差しは、もう夏そのもの。

 夏がそこまで来ているのを、ひまわりが教えてくれました。

 今日も暑そうです。元気にがんばっていきましょう!

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 季節感を出すのは、自分にとっても、来院される方にとっても、気分が変わってよいものです。

整体のこと | 09:00:54 | Trackback(0)
価格は、消費者が決めるもの
セブンイレブンに排除命令 公取委、値引き制限「不当」 (2009年6月23日asahi.comより抜粋)

 約1万2千店舗を抱えるコンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパンの本部が、販売期限の迫った弁当などを値引きして売った加盟店に値引きをしないよう強制していたとして、公正取引委員会は22日、独占禁止法違反(不公正な取引方法)で同社に排除措置命令を出した。本部との契約を打ち切られると経営が成り立たなくなる加盟店は、本部からの要請に従わざるを得ない実態がある、と公取委は判断。独禁法の「優越的な地位の乱用」にあたると認定した。

 販売期限の迫った弁当などの値引きは「見切り販売」と呼ばれるが、加盟店側は「見切り販売をせずに本部の要請通りに弁当などを捨てると、大きな損失が出て経営が圧迫される」と主張。本部側は「安易な見切り販売は中長期的に加盟店の利益にならない。発注精度を高めることが重要。」などとして対立していた。しかし、命令は、見切り販売せず捨てることになる弁当などが、1店舗あたり年間約530万円(調査した約1100店の平均)に達している現状も指摘。今後、加盟店側が値引き販売できるようにするための具体的な方法を示した資料(マニュアル)を作ることを求めるなど、加盟店側に立った認定をした。

 公取委の命令によると、同社は加盟店に対して、弁当やおにぎり、総菜など鮮度が低下しやすい「デイリー品」を本部が推奨する価格で販売するよう指導。デイリー品の「見切り販売」をした加盟34店に対し、本部側の担当者らが「契約違反だ」「このままでは契約の更新ができない」などと、見切り販売を制限したとされる。

 同社の会計方式では「デイリー品」を捨てた分の原価は加盟店側が負担することになるため、値引き販売ができないと加盟店の負担は大きくなる。そのため、公取委がセブン側に作成を求めている「加盟店が見切り販売をする際のマニュアル」には、「販売期限の何時間前から、何円まで値引きをすれば加盟店が利益を確保できるか」などが具体的に記されることが想定されているという。

~:~:~
 商品や、サービスの価格って、決まっているようで実はまったくもって流動的なものです。地域によっても違います。マクドナルドが、地域によって商品の価格を変えたのは有名ですね。本当に『定価』として決まっているのは、再販制度のある“本”くらいでしょうか。毎朝配達してくれる朝刊の値段でさえ、群馬と埼玉では違っています(埼玉へ引越してきた際、値段が1割くらい上がったのでびっくりしました)。

 価格の設定は、お店側がするのですが、その価格が消費者にとって、適正・または安いものならば売れるでしょうし、価値としてその価格に不満があれば、売れ残ってしまうでしょう。さらに生鮮食品の場合、日付の新しいものが出れば、古い日付のものはそのままの価格では売りにくくて当然ですよね。『商品価値が下がったら値が下がる』 至極当然のことと思います。それをするくらいなら「捨ててしまえ!」 と今まで廃棄を強要してきたコンビニ本部のは、果たして『エコ』 と言えるのでしょうか?私には、本部の勝手な『エゴ』 に思えてなりません。

 いつも買っている値段で、店頭でもっとも新鮮なものを買うのか、数十円でも節約して、少々食味が落ちた商品を買うのか、それは消費者にゆだねていいのではないでしょうか?『見切り販売』は本部が恐れるほど、コンビニのブランドを損なうとは思えません。それどころか、選択肢が増えて、より一層便利=コンビニエンスになるのではないでしょうか。

 公取委が言うとおり、『見切り販売』を早期にマニュアル化し、本部も、お店も、消費者も、みんなでWIN-WIN の関係を築いていってほしいと思います。きっと、できると思いますよ!

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 整体の料金設定も地域や、院長の考え方により様々です。「都会だから、高くて当たり前。」 というところもあれば、「ウチは持ち家の一室だし、儲ける気もないから、安くていいや。」 というところもあります。しかし、それが必ずしも患者さん側に受け入れられるとは限りません。前回ブログで書いたように、「安かろう⇒下手だろう」 では、患者さんは来るはずありませんから。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ニュースを見て | 23:59:50 | Trackback(2)
患者さんサイドから見てませんでした
 つい先日、骨盤と股関節の歪みが気になるという若い女性の患者さんがいらっしゃいました。歩いたり、動いたりすると、股関節が「パキッ」 と鳴るのが最近とくに気になるとのことで、携帯サイトの『Katy』を見て来てくださいました。

 O脚は見られなかったのですが、施術メニューとしては、O脚改善プログラムに近いかたちですすめていきました。ひととおり施術が終わり、立ち姿(左寄り・左重心)と、股関節の可動域の改善、歩行時の歩きやすさなど効果を確認していただきました。お着替えのあと、施術内容の説明・術後のアドバイスをしたのち、お会計の段になって、患者さんと行き違いが生じました。

 私が、「携帯サイトを見てのご来院なので、初診料は結構です。施術料の4,600円のみ頂戴いたします。」 と申し上げたところ、「えっ?1,000円じゃないんですか?」 と言われてしまいました。どうやら、初回はお試しで、初診料の1,000円のみで整体が受けられると思っていたらしいのです。しかし、施術の結果自体が良かったせいもあって、料金についての説明を再度したところ、ご理解をいただき、施術料を支払っていただくことができました。

 この行き違いの原因は、ひとえに私側にあります。患者さんに誤解を招くような表示方法を取っていたせいなのです。整体にかかる料金は、初診料(初回料・初検料とも表記する場合あり)が○○円、施術料が○○円と表示し、初回はその合計金額を、2回目から施術料のみをいただくのが一般的で、私も開業当初からそれに倣っていたのです。しかしこの表示方法では、初診料が、初回時に別途かかる料金なのか、初回これだけ支払えばいい全額なのかあいまいで分かりづらいのです。

 整体院サイドとしては、「検査に時間がかかるし、カルテも作成するし、初診時に別途費用がかかるのは当たり前でしょ。」 と思ってしまいがちです。現に、今まで私自身がそうでした。しかし、その『当たり前』や『常識』は、あくまで整体院サイドのものであって、患者さんサイドでは、『当たり前』や『常識』でもなんでもありませんでした。私は、「常に患者さんサイドから物を見るべき」 と言っておきながらまったくできていなかったのです。

 さっそく反省し、その日の夜、携帯用・パソコン用ホームページ共に、料金の表示方法を改め、初回にかかる合計金額が分かるように修正しました。実は今までも、「自分がこのホームページ見るんだったら、この方が見やすいな。」 と考えながら、少しずつ修正を加えてきているのです。これからもより一層、見やすく分かりやすいホームページを目指して、改善し、情報発信していきたいと思います。


*ホームページや院内掲示物で、こうした方が見やすい・こんな情報も掲載してほしいなど、ご意見・ご要望ありましたら、ぜひお聞かせください。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 もう一度、自分の立ち位置や、視点、視線を見直してしましょう。本当に患者さんサイドに立って物を見ることができていますか?

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

整体のこと | 01:02:24 | Trackback(0)
安きゃいいってモンじゃない
吉野家、ラーメン撤退…低価格通じず (2009年6月19日 読売新聞より)

 吉野家ホールディングス(HD)は18日、首都圏や関西などで展開する「びっくりラーメン」など58店舗の運営から8月末で撤退すると発表した。

 売却先が見つからなければ店舗を閉鎖する。売り物の低価格路線が本格的ラーメンを好む消費者の志向にかなわず、撤退を余儀なくされた。

 1997年に大阪市で創業したびっくりラーメンは1杯180円の「激安ラーメン」として話題をさらったが、急激な店舗拡大などで収益が悪化。事業を運営していた「ラーメン一番本部」が2007年8月に経営破綻し、吉野家HDが8億円で事業を譲り受けた。

 スープやチャーシューの質を向上、価格も250円に引き上げるなど立て直しを図ったものの、ラーメンブームの中で続々と現れた素材にこだわる店に対抗できなかった。

~:~:~
 私も一度だけ、びっくりラーメンを食べたことがあります。 そう、一度だけ。2回目は食べる気になれなかったのです。ここに、経営破綻の根幹が見えるのではないでしょうか。つまり、『安い』 だけでは売れない、たとえ1度売れても次はない、ということなのです。

 私のその時の食べた感想としては、たしかにこのラーメンは180円分かそれ以下の価値しかないな、というものでした。量も少なくて1杯では満足できないし、味も別においしいと思わない。感動も何もありませんでした。これなら、180円出して何か別のものを食べようという気になりました。

 180円でラーメンが食べられるというのは、びっくりです。圧倒的な安さです。しかし、それは他の450円とか、500円のラーメンと比べて遜色ない質・量・味を兼ね備えてはじめて本当の『びっくり』 になるはずでした。それが、おそらくただ値段だけの追求になってしまったのでしょう。そして、180円のラーメンは、180円以下の価値しかない駄食と成り下がってしまいました。こうなると、いくら安くても客足は遠のくばかりです。

 今の経営母体である吉野家自身が、会社更正法の適用を受ける前に、利益確保のため、味・質の低下を招き、結果、客離れに歯止めがかからないといった事態を経験しています。それゆえ、吉野家が経営をするようになってから質の改善を図ってきたものの収益は改善せず、あえなく撤退ということになってしまいました。

 お客さんは、安さのみを求めて来るのではありません。安きゃ何でもいいってモンじゃないんです。おいしいものが安くてはじめて、食べに来るのです。次も来たくなるのです。誰かに紹介したくなるのです。同じように、低価格でラーメンを提供しているチェーン店に、幸楽苑があります。ここの中華そばは、とてもおいしく、とても290円(税別)には思えません。その他のメニューも充実してますし、ギョーザも安くてとてもおいしいです。幸楽苑が繁盛するのはよく分かる気がします。

 その一方、行列のできるラーメン店のラーメンは、そんなに安くはありません。都内の有名店で、700円や800円はザラでしょう。これでもひょっとしたら安い方かもしれませんね。場合によっては、素材にトコトンこだわった1杯1500円とか、2000円のラーメンをあえて並んでまで食べるという光景も見られます。お客さんにとっては、お店の雰囲気とか、接客サービスとか、もちろん味とか質・量に至るまで、支払う金額以上の満足を得られるから、また足を運びたくなるのでしょう。その満足度からすればきっと、そのラーメンの値段は安いのだと思います。 

 振り返って、自分のことに置き換えてみると、私は、施術料は基本4600円(50分~1時間程度)で、やっています。越谷近辺ではほぼ相場かなと思っています。あとは、患者さんにこの料金以上の効果を実感してもらえるかどうかだと思っています。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 料金設定は、自分の技術に対する自信の裏返しでもあります。あまりに安すぎる設定しかできないなら、それだけの価値しかないと思われてもしかたありません。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:59:10 | Trackback(0)
今回のぱど掲載で分かったこと
 春日部南・せんげん台版5月15日号と、越谷・松伏版5月29日号のぱどに、広告を掲載し、ほぼ掲載効果もひと区切りしたと思いますので、この辺で一旦、総括してみたいと思います。
 ぱど掲載についての前回のブログはこちらから↓
 ① http://asahiseitaicenter.blog88.fc2.com/blog-entry-250.html
 ② http://asahiseitaicenter.blog88.fc2.com/blog-entry-263.html

~:~:~
 今回の特典は、①初回5,600円⇒4,600円 と、②次回予約時10分延長サービス それと、③アンケートに答えると割引券進呈 というものでした。自分でも思うのですが、あまりおトク感はありません。それでもあえてこれで掲載してみることにしました。

 結果は、思ったとおりご新規の方には、あまり反響はありませんでした。やはり、『初回1時間程で3,000円』がひとつの目安なのだろうと思います。試しに行くなら安い方がいいに越したことはありません。しかし、安さで目を引いても、「お試しで安いから行く。」 という人は、受けた施術がいくら良くても次は通常料金になれば行かないのです。

 たしかに、急な痛みなどの場合、たった1回の施術でも劇的な効果が出ることもありますが、長い間に積み重なってできた凝りや歪みは、しばらく通院することと、その間の生活習慣の見直しのアドバイスで、だんだん良くなっていくものです。お試しの1回きりでは、じきに元に戻ってしまいます。これは、整体師としては本意ではありません。

 なのであえて、今回は安さというメリットを外しての特典に踏み切ったのです。結果として、その中でぱどを見て来て下さった方は、本気で今の症状にお悩みの方です。当院の施術の良さを体感してもらって、「次はもっと良くなるぞ!」と、改善にとても前向きです。整体師としては、『お試し感覚』で来られるよりも、こういった今、本当に悩んでいる患者さんに来院してもらいたいのが本音です。

 それと、今回は、『次回予約時10分延長』 と、『アンケートに答えて割引券進呈』 の特典は、実は、今来てくださっている患者さんへの特典でもあったのです。“ご新規さんに来やすい環境作り” も大事ですが、やはりもっと大事なのは、今、本気で自分の身体のことを気遣っている“定期的に来ている方へのフォロー” だと思うのです。

 しかし、いつもはそれが十分にできていません。こんな機会に少しでも、今来ている患者さんのお役に立てれば・・・という気持ちからの今回の特典なのです。もちろん、ご記入くださったアンケートをしっかり読ませていただいて次の施術の糧にしたい、というのもあります。 

 とりあえず、ぱどの掲載は今回でひと区切りとしたいと思います。今来ていただいている患者さんとその紹介の方や、ご近所さん、口コミの方を大事にフォローしていきたいと思います。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 個人で開業している方は、自分の強みや方向性をというものを自覚していないと、整体院の経営はやっていけません。 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

整体のこと | 13:58:16 | Trackback(0)
「イトウさんですか?」の謎
 せんげん台に整体院を開業して、いつの頃からか、間違い電話で、「もしもし、イトウさんのお宅ですか?」 と、かかってくるようになりました。毎月かかってくる時もあれば、数ヵ月かかってこない場合もあります。しかしかかってくる時はいつも決まって、中年男性の声で、公衆電話からなのです。ちなみに、男性というのは、もちろん別の人、つまりいろんな人からかかってきます。公衆電話からなのが分かるのは、ナンバーディスプレイ契約をしているので、電話機画面に『公衆電話』と表示されるからです。そして、いつも私は、「いいえ、こちらは、あさひ整体センターという整体院です。」 と答えるのです。

 これはいったい何なのでしょう。手の込んだイタズラ?偶然の産物?最初の頃は気にも留めなかったのですが、回数を増すにつれて、だんだんと薄気味悪く、気になってきました。さて、ここでみなさんに質問です。みなさんは、この間違い電話の原因は何だと思いますか?

 ここでポイントを整理してみましょう。
①『イトウさん』宛にかかってくる
②公衆電話からかかってくる
③中年男性からかかってくる
④一度かけてきた人から、二度かかってくることはない
⑤記憶しているだけで十数回かかってきている

 つい最近もかかってきたので、かけてきた相手に思い切っていろいろ聞いてみました。すると意外な事実が判明したのです。間違い電話の真の原因とは・・・↓














 実は、電話の主は、読売新聞の勧誘だったのです。(おいおい、今、ウチ、読売新聞取ってるよ!) イトウさんという方が、現在、あさひ整体センターで使っている固定の電話番号を、昔使っていて、そこに読売新聞が勧誘の電話をかけていたのです。飛込み営業もしますが、昔、読売を取ってくれていたお宅に電話をして。アポイントを取ってからお伺いするということもしているのだそうです。顧客リストは本部から営業マンに渡されるようです。

 それにしても、私は2005年10月に開業して、もう3年半以上も経ちますから、イトウさんは少なくともこの番号を使っていたのは4~5年以上は前ということになります。ずいぶんと古いリストを使っているのだなぁと思います。それと、公衆電話からなのは、営業用にテレフォンカードを渡されるのだそうです。このケータイ全盛のご時世、電話ボックスもどんどん減っていますので、かける方も場所探しに苦労するのでは?と心配になってしまいました。

 この話しを聞けた営業マンに、本部にリストから『イトウさん』を外してもらうように依頼しました。タイムラグはあると思うので、もうしばらく間違い電話はかかってくる可能性はありますが、とりあえず原因と対策は分かったので、少しすっきりしました。電話がかかってくると、一旦施術の手を止めて、電話に出ているので、少しでも間違い電話が減ると助かります。

 ちなみに、堂々と、フリーダイヤルの番号に、営業の電話をかけてくる会社があります。こういった会社の姿勢は許せないので、かかってきた時は、強い口調で断りの文言を述べて、相手の話も聞かずにすぐに切るようにしています。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 ひとりで電話から、飛込み患者の応対から、すべてこなすのは大変だと思いますが、一番大事なのは、今、目の前にいる、施術中の患者さんです。それを忘れないように気をつけましょう。 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

身近なこと | 23:59:30 | Trackback(0)
振り込め詐欺の容認と変わらない
坂戸市、5000万 誤振り込み (2009年6月10日(水)読売新聞埼玉版)
 工事代金 銀行「返還難しい」

 坂戸市が、市内の小学校の改築工事代金約5000万円を誤って別会社の銀行口座に振り込み、回収できなくなっていることが9日、わかった。市は振り込み先の銀行に返還を求めているが、銀行側は「貸した金と相殺してしまった」として難色を示しており、返還されるかどうかは微妙だ。

 市によると、誤振り込みしたのは、2007年5月~今年3月に行われた市立坂戸小の校舎改築に絡む空調設備などの工事代金で、2年契約(1、2期)の2期目分に当たる約4876万円。当時、さいたま市内にあった機械設備会社(A社)が07年5月に工事を落札し、市は08年4月、1期目分として同社に約6600万円を振り込んだ。2期目の工事中、別の建設会社がA社の手がける建設事業を買収。その後、工事は、さいたま市内に新設された建設会社(B社)に引き継がれた。

 ところが、市会計課の出納担当が今年4月、専用のパソコンに事前登録されていたA社の銀行口座に、2期目の工事代金を誤って振り込んだ。当時、課内には出納担当が3人いたが、1人で1日数十件の振り込みを担当していたという。B社から「工事代金が振り込まれていない」と指摘を受け、誤振り込みに気付いたのは約1か月後。5月下旬には山崎静男・会計管理者が、A社の口座を扱う広島県内の銀行支店に出向き、「間違って振り込んでしまったので、全額返還してほしい」と訴えた。

 しかし、市によると、銀行側は「A社の親会社への貸付金を、振り込まれた金で相殺してしまったので、返すのは難しい」と説明したという。市は回収できないまま、B社に同額の工事代金を振り込んだ。伊利仁・坂戸市長は「間違ったでは済まない話。職員には二度とミスがないよう二重、三重のチェックをさせていく」と不備を認めた上で、「間違って振り込んだ公金を返してもらうのは当然。返還に向けて最善の努力をしたい」と話している。銀行の広報担当は「守秘義務につき答えられない」としている。

   ■「誤りでも名義人預金」の判例

 振り込み制度に詳しい名城大法務研究科(法科大学院)の村田裕教授(民法)は「誤って振り込まれた金でも口座名義人の預金として成立する、とした最高裁の判例がある」と指摘。「振り込み制度の枠内で返還を求めるのは難しいかもしれないが、銀行の不当利得として返還を求める余地はあるだろう」としている。
~:~:~
 これはいったいどういうことなのでしょう?間違っても何でも、一旦、自分の口座に誰かがお金を振り込んでくれたら、それはそのままもらっていいということなのでしょうか?間違えて振り込んだ方が悪いので、返す義務はないということなのでしょうか?日本は、そんなことが、おおっぴらに認められる国でしたっけ?私は不思議でなりません。

 Aという会社は坂戸市から、仕事をしていない分(別会社に業務が引き継がれた分)の工事代金を誤って振り込まれた。いわれのないお金が振り込まれた時点で、「おかしい。」 と思わなければいけないのだか、そのお金をそのまま銀行への借入金の返済に使ってしまった。銀行は銀行で、「何はともあれ、返済してもらってラッキー!」 とばかりにちゃっかり入金処理してしまった。私はこれを
ネコババ
と呼びます。仮にA社が、振込みの事実を知らぬ間に、銀行が勝手に相殺処理をしていたのなら、窃盗に当たる可能性すらあると思います。

 まず、①銀行は、一旦相殺処理をした金額をA社に返す。そして、②A社は、坂戸市に間違えて振り込まれたお金を返す。③坂戸市からあらためて、A社に面倒をかけたことに対して謝罪をする。これが筋だと思います。その上で、銀行は、A社から返済計画通りに、A社が借り入れている資金を返済してもらえばいいでしょうし、もし、A社が今回の件で、多大な損害を被ったというのなら、坂戸市に対して損害賠償なり、慰謝料なり請求すればいいと思います(お門違いですが)。

 もしこのまま、銀行が返還しなくていいとなってしまうのなら、それは、振り込め詐欺を容認するのと同じになってしまいます。被害者が、自分の身内と勘違いして、詐欺犯の口座にお金を振り込んでしまう。これは、振り込んだ方が勘違いする方が悪いのだから、振り込まれた方は返さなくていいということになります。銀行は、『ネコババ』 『振り込めの片棒担ぎ』 のそしりを免れたいなら、即刻、坂戸市にこのお金が戻るよう尽力すべきです。

 それで別に、この銀行もA社も損をするわけではありません。もともと、手にするはずのないお金なのですから。ここまで言っても、返還する意志がないのなら、自分に非がまったくないと言えるなら、銀行名やA社の社名を公表して自分の正しさというものを主張してほしいと思います。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 お金は、まっとうな手段のみで手に入れましょう。所詮、あぶく銭や悪銭は身に付きません。
  

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 19:00:00 | Trackback(0)
岡田JAPAN W杯出場おめでとう!!!
日本、W杯本大会出場決める 4大会連続4度目 (2009年6月7日1時1分asahi.comより抜粋)

 サッカーの日本代表は当地で6日、10年ワールドカップ南アフリカ大会のアジア地区最終予選A組でウズベキスタン代表を1―0で破って勝ち点を14に伸ばし、2試合を残して同組2位以上が確定。4大会連続4回目のW杯本大会出場を決めた。世界6地区の予選で、2大会連続で一番乗りの突破となった。日本は前半9分、岡崎慎司(清水)がヘディングで押し込んで先制ゴール。ウズベキスタンは後半に猛攻に出たが、日本はそのまま逃げ切った。

 10年W杯に向けた日本代表は、J1・ジェフ千葉を率いたイビチャ・オシム監督(68)の下で始動。07年11月にオシム氏が脳梗塞で倒れたため、現在の岡田武史監督(52)が引き継いだ。日本がW杯に初出場した98年フランス大会以来、日本代表を率いるのは9年ぶりだった。

 途中からチームを率いる難しさの中、08年3月、W杯アジア3次予選バーレーン戦に敗れた岡田監督は「今後は自分のやり方で、思い通りにやらせてもらう」と宣言。前線には大久保嘉人(ウォルフスブルク)や玉田圭司(名古屋)ら小柄でスピードのある選手を据え、前監督とは異なる選手起用法で俊敏さなど「日本人の特徴を生かしたサッカー」のスタイルを築き上げてきた。

 W杯南アフリカ大会は32チームが参加し、来年6月11日から7月11日まで開かれる。今年12月にケープタウンで1次リーグの組み合わせ抽選会が行われる予定。
~:~:~

 TVの前に釘づけになった人も多いのではないでしょうか。とにかく日本、W杯出場おめでとう。岡田監督はじめスタッフ、中村俊輔、ゴールを決めた岡崎、ゴールを最後まで死守した楢崎ほか選手全員におめでとう、そしてありがとう、お疲れさまと言いたいです。日本が元気になるとても素晴らしいニュースになりました。

 それにしても、アウェイは審判までもがアウェイなのでしょうか?それともこの主審は、そんなに日本が嫌いなのでしょうか?そんな風に感じるシーンがいくつもありました。岡田監督も中村俊輔選手もインタビューで審判に疑問を呈していました。しかし、それを言い訳にせず、苦しいながらもしっかり結果を出して勝利をもぎ取る。今までの日本になかったタフネスさです。これならきっと、この後のアジア杯、そして1年後のW杯でも感動する試合を見せてくれるでしょう。岡田JAPANの活躍、大いに期待しましょう。

 今日は手に汗握る展開がずっと続き、肩がこりました・・・
 それと興奮してまだ、ちょっと眠れそうにないです。


~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 不利な事があっても、何事も言い訳にせず、前に進みましょう! そうすれば結果は必ずついてきます。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 01:45:32 | Trackback(0)
待合室のエアコンが故障しました
 昨日、待合室のエアコン(三菱電機製)がリモコンスイッチが入らないことに気づきました。施術室のエアコンは、最近の目まぐるしく変化する気候に合わせて、暖房を入れたり、除湿したり、ある時は弱冷房にしたりと、患者さんが少しでも快適に整体を受けられるようにと使っていました。しかし、待合室の方は予約優先でほとんど待たせることもない為、スイッチを入れるほどでもなかったのです。ところが、昨日の朝、少し肌寒かったので暖房を入れようとしたら、施術室側は、運転ランプ点滅のみ、待合室側は、リモコンの信号すら受付けない状態になっていました。

 ちなみに、整体院のエアコンは、1台の室外機に2台の室内機が付くマルチタイプです。どうやらその内の待合室側が故障した模様なのです。こわれたのは待合室側ですが、室外機が共有のため、施術室側の方も冷風も温風も出ないというわけです。修理依頼時には電話でその旨できるだけ細かく伝えました。できれば、訪問時、室内機のプリント基板でも持ってきてくれればその場で直ったかもしれませんが、今日は点検だけのようでした。

 ちょうど患者さんの予約の入っていない時間にサービスマンが来てくれたのは助かったのですが、なんだかんだ言って、小一時間くらいかかりました。もちろんエアコンの点検自体にそんなに時間がかかったのでなく、ケイタイでサービスステーションに電話を入れ、状況を説明しながら指示を仰いでまた何か作業をするということを繰り返していました。

 自分としては、エアコンの状態からして、「待合室側室内機のプリント基板不良」 と見ていたので、点検用のプリント基板などをセットしてみて動けば基板不良かどうか分かるのに。もっと言えば、とりあえず替えの基板を持ってきてくれればいいのに。と思っていました。いろいろと点検してもらった結果、予想通り、基板交換のみで修理可能という判断でした。

 交換用部品は何も持ってきていないので、もちろん今日は直りません。部品を手配して、再訪問ということになります。これが一番確実で手堅いやり方なのでしょうが、こちらとしてはとてももどかしい感じがしました。それは、メーカーサービスの姿勢が、最初から初期訪問で直すつもりがないからです。「今日は点検だけじっくりすればいい。そして後から必要な部品を手配して、また来ればいい。」と思っているからです。
 
 昨日の電話で、今日の訪問なのでそれは迅速な対応でたいへんうれしいのですが、そこからもう一歩踏み込んで、初期訪問での修理完了まで考えてもらえると消費者としては、もっとうれしいです。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 なんでも時間をかければいいというものではありません。限られた時間、限られた回数で患者さんの求める結果を出すのも整体師に求められる能力のひとつです。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

整体のこと | 23:59:01 | Trackback(0)
改正道交法のポイント~酒気帯びは免停90日に
東京都広報ホームページより転載

6月1日 道路交通法改正
主な改正点
○高齢者の免許更新手続き
 70歳以上の方が免許更新時に受講する高齢者講習の受講可能期間を、
 現行の3カ月から6カ月に延長します。

○講習予備検査(認知機能の検査)の導入
 75歳以上の方は、高齢者講習受講前に講習予備検査を受ける必要があります。
 その検査結果と基準に該当する違反行為の有無により、臨時適性検査を行う
 場合があります。

●*飲酒運転等の交通違反の罰則等強化*
 罰則を強化するとともに、違反点数を引き上げ、免許の欠格期間の上限を
 5年から10年に延長します。

違反行為 基礎点数(現行) 欠格期間(現行)
危険運転致死 62点(45点) 8年(5年)
危険運転致傷 45点~55点(45点) 5年~7年(5年)
酒酔い運転・麻薬等運転 35点(25点) 3年(2年)
救護義務違反(ひき逃げ) 35点(23点) 3年(2年)
酒気帯び運転(0.25㎎以上/ℓ) 25点(13点) 2年(90日停止)
酒気帯び運転(0.15以上0.25㎎未満/ℓ) 13点(6点) 90日停止(30日停止)

*前歴なしでも70点以上で欠格10年

お問い合わせ
警視庁運転免許本部 電話03-3581-4321 内線7250-6513
ホームページhttp://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

~:~:~
 他にも改正ポイントを分かりやすく説明しているホームページがありますので、こちらもご覧ください。
交通違反の基礎知識(その他の道路交通法)』 http://rules.rjq.jp/dohoko.html

 飲酒運転の撲滅には、厳罰化やむなしと思っていましたが、酒気帯び運転で免停90日なら、講習を受けて期間を短縮しても45日間は運転できないのですから、さすがに効果があると思います。まぁ、「捕まったら大変だから飲酒運転しない。」 という考えそのものが間違っているのですが。それに、今回は酒酔い⇒ひき逃げで欠格期間10年と逃げ得を許さないように改正もされています。

 しかし、厳罰化をしてもそれを周知徹底しなければ、「事故を起こした場合、自分も相手も危険極まりない」からでなく、「捕まると大変だ」からやめようという人に、飲酒運転を止めさせることはできません。重大な事故を起こしてからでは遅いのです。警察庁や警視庁は、もっともっとこの改正ポイントをPRしてほしいと思います。マスコミも、起きてしまった悲しい事故の報道も大切な仕事だと思いますが、事故の予防にも一役買ってほしいと思います。

 もし、この改正でも堂々と飲酒運転をする人がいたら、その人にはクルマもバイクも運転する資格はないでしょう。免許取り消しで結構です。それが嫌なら禁酒することですね。

 この記事を書いている今日は、飲酒ではないが、免許を取ったばかりの少年が3人もの犠牲者を出す悲惨な事故を引き起こしました。交通事故の原因は飲酒ばかりではありません。ハンドルを握る時は、常に周囲に気を配り、防衛運転を心掛けましょう。 

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 出張整体などで、訪問先に間に合いそうもない時に、急ぐあまり事故を起こしたり、警察に止められたりしては元も子もありません。次の予約までの時間に余裕をもって、最初から急ぐ必要がないようにしておくことも考えて行動しましょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:35:31 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。