■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 6月5日(木)より新ホームページ始動に伴い、ブログも移転しました。新URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あなたは、1年のくぎりをどこでつけていますか?
 今日は3月31日。平成21年度の年度末ですね。4月1日からの1年間は、あなたにとってどんな1年でしたか? って言われても、いつも12月の大晦日で1年をくぎっている人にとっては、「えっ、まだ3ヵ月しか経ってないよ。」と実感が湧かないでしょう。また、学年が変わったり、卒業や入学を迎える学生さんや、3月決算のある会社にお勤めの方には、この年度末くぎりの方がしっくり来るかもしれません。

 ただ、人は、とくに豊かな四季を持つ日本人は、定期的にこうしたくぎりをつけたがるのかもしれません。3月は年度末、6月は上半期の終わり、9月は上期年度末、12月は1年の終わり・年の瀬。半期を1月から6月、7月から12月と分けてもいいし、4月から9月、10月から3月と分けてもなんのふしぎもありません。もちろん、企業などは四半期ごとにクオーター管理をしっかりやっているところも多いでしょう。

 私の場合、あさひ整体センターを下間久里で開院したのが、4年半前の平成17年10月。ですから、10月から9月までを1年と見てもいいし、1月から12月までを1年と見てもいいし、明日からの4月1日から3月までの年度を新たな1年と見てもいいでしょう。つまり、いろんな時期からくぎりをつけることができるのです。これってけっこう便利ですよ。

 一旦くぎりをつけると、それでまた新たな気分でがんばろう!という気になれます。なかなかうまくいかず、いやなことがあっても、「それはそれ、過去のこと。」と前向きにスイッチを切り換えられますし、うまくいき過ぎて、それに依存して努力を忘れてしまっていたら、「さあ、また次のステップに向かって進もう!」と一歩を踏み出すきっかけを作れます。

 私の好きな言葉のひとつに、『明日は明日の風が吹く』というのがあります。『過去』にとらわれていても、『未来』を心配しすぎていても、『今』を動かなければどうすることもできません。明日吹く風が自分にとっていいものだと思えるよう、努力し続けるしかないのだと思います。その時吹いた風は、自分にとってつらい冷たい風と感じても、あとになって振り返ってみれば、その風もまた、自分にとってためになったのだなときっと思えるでしょう。あの時ポカポカそよそよと感じた風が意外にそうでもなかったと、身を引き締める時があるかもしれません。その振り返る時が、『くぎり』なのだと思います。

 明日から新年度、そしてあさひ整体センターとしては、5年目の後半を迎えます。気持ちを新たに、またがんばっていきたいと思います。

~〈整体師の味方コメント〉~

 漫然と日々を過ごしていては、そこに進歩はありません。自分の足で一歩一歩進んで行くから、『くぎり』に意味があり、振り返る価値があるのです。 

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 15:28:07 | Trackback(0)
「よっぽど悔しかったんでしょうね。」で、済ませてあげていいと思いますが。
開星・野々村監督が謝罪、涙ながらに会見 [2010年3月23日日刊スポーツより]

 22日行われた第82回選抜高校野球大会1回戦で向陽高(和歌山)に1-2で敗れた後「21世紀枠に負けて末代までの恥」などと発言した開星(島根)の野々村直通監督(58)が23日、不適切な発言だったとして日本高野連に謝罪した。同日中に開星の校長が和歌山市の向陽を訪れ、謝罪するという。

 甲子園球場で記者会見した野々村監督は「高野連と21世紀枠、向陽高校を侮辱する気はなかった。心からおわびしたい。抽選会後は地元から楽勝と言われ、中国大会王者として負けたら恥ずかしいと正直思った。試合後は悔しく、情けない気持ちでいっぱいだった。相手の守備力、気迫に敬意を表している」と涙ながらに話した。

 日本高野連は侮辱的な発言があったとして、口頭で厳重注意した。小森年展事務局長は処分について「文書での報告をもらってからにしたい」と話した。

 野々村監督は22日の敗戦後のインタビューで「やめたい。腹を切りたい。死にたいですね。もう野球をやめたい。こんな恥をかくことは2度としたくない。野球の話ももうしたくない」などと発言した。
~:~:~

 最近、マスコミのこの種の取り扱いについて思うのですが、誰かが、その発言・言動は叩かれちゃうかも・・・というようなことをことをすると、ホントにすぐさま、まるで鬼の首を獲ったかのように、せーのって感じでよってたかって糾弾するような報道する傾向にあると感じます。

 今回の件でも、たしかに相手チームを見下していたと取れる発言で、スポーツマンシップにもとるとは思いますが、試合の直後でありましたし、野球部の監督は、政治家や弁護士ような言葉を扱うプロではありませんから、多少の失言は大目に見てあげてもいいのかなと思いました。心の底から、相手を侮辱する意図で使った言葉でないことは、インタビューの雰囲気や前後の流れで分かるでしょう。きっと、それだけ悔しかったのだと思います。

 この監督さん、中国大会を制し、周囲の期待も大きかった初戦でよもやの敗戦。選手達や応援してくれたたくさんの人達に申しわけない気持ちでいっぱいなところ、自分の不用意な発言を大きく取り上げられ、謝罪会見までするはめになりました。自業自得とはいえ、なんだかかわいそうになり、同情してしまいました。

 私は、開星が勝って、相手をバカにしたのならともかく、開星が向陽に負けての発言なので、「よっぽど悔しかったんでしょうね。」で、済ませてあげていいと思いますが、それは甘いでしょうか?向陽も、中国地区のチャンピオンに勝ち、監督に負け惜しみを言わせたのですから、発言内容にこだわることなく、堂々と次に進めばいいと思います。

 これから、接戦や激戦が繰り広げらる中で、またちょっとした不適切発言が出てくるかもしれません。それをいちいち取り上げて、叩いていては、監督や選手の素直な気持ちが聞けなくなってしまいます。聞く側ももう少し、懐の大きいところを見せてほしいものですね。

 開星ナインも野々村監督の元、一丸となって、監督に負け惜しみを言わせるのでなく、優勝コメントを言わせるくらいの気概で、ぜひ夏の甲子園に出てきてほしいと思います。


~〈整体師の味方コメント〉~

 正しいことは正しい、間違いは間違い。それはそれで良いのですが、それをいつもいつも突き詰めていては窮屈な世の中になってしまいます。フレキシブルな対応も時に必要ですよね。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 18:51:44 | Trackback(0)
『 トイ・ワイド友の会 』って名称、知ってました?
 先日、私の本意ではなかったのですが、トイザらスで“ニンテンドーDSi LL”を買いました。私はその時はお店には同行せず、夜になって、妻に、「ゲーム機の補償サービスには入ったの?」 と聞いたら、「友の会入りますか?と聞かれて、よく分からなかったから、『別にいいです。』と答えて、補償サービスのことは言われなかったので気づかなかった。入った方が良かった?」と答えられました。

 これを聞いて、私は、「?友の会って何だ?トイザらスカードなら作ってあるぞ。」と意味が分かりませんでした。私たちは、トイザらスで独自の補償サービスがあるのを知っていましたが、『トイ・ワイド友の会』という名称は知りませんでした。

 話しを整理すると、この友の会っていうのが、補償サービスのことのようでした。そこで、後日、妻がトイザらスにDS本体とレシートを持って、友の会への入会をお願いしにいくと、店員から、「友の会の入会は購入日当日のみとなります。」と冷たく言われ、まったく相手にしてもらえませんでした。

 たしかに、購入日から、ある程度期間がたって、その間に、落としたり、傷つけたりして、壊れそうな状態になってから、または壊れてしまってから、もしくは盗難にあってから、友の会に入って、補償させようというのは、制度上認めるわけにはいきません。それは理解できます。

 しかし、当日は休日で、お店はたいへん混雑しており、友の会の話しも、レジで店員に、何のことかの説明もなしに、ただ、「友の会入りますか?」の一言があっただけ。後ろには会計待ちのお客さんが並んでいる状況で、詳しく説明も聞けるはずもなく、きっと私でも、とりあえずその場はそのまま会計を済ませ、友の会のことは後で考えようとしたはずです。

 店内には、友の会に関する表示は、私が見たところ、一切ありませんでした。友の会-補償サービスの予備知識もなく、店内に掲示やチラシなど一切ない状況で、当日その場で、どうやって友の会入会を判断すればいいのでしょうか?これで、『入会は、購入当日のみ』と突っぱねる姿勢は理解できません。

 今回は、店舗での対応に納得が行かず、トイ・ワイド友の会事務局に電話をし、経緯を説明した後、あらためて購入した店舗にDS本体とレシートを持って行き、600円払って入会し、補償サービスの契約をしました。私のように納得せずわざわざ事務局まで電話をする顧客は少ないとは思いますが、店舗での十分な告知や説明がないまま、後で、友の会に入会できず後悔している人はたくさんいると思います。

 入会の購入日限定を徹底したいなら、まずはお客さまへの『友の会』の周知徹底をすべきでしょう。入り口や補償対象となるゲーム機器コーナーへのポスターの展示や、案内チラシの設置、折込広告でも告知をしておくべきだと思います。トイザらスとして、店舗としてやることをやった上で、お客さまがレジに並ぶ前に友の会の内容を知った上で、レジでの「友の会の入会はどうなさいますか?」 が意味を為すのです。電話をしてくる人にだけ、その場しのぎに対応するのではなく、どうしたらこのようなクレームが無くなるかを今後考えてほしいと思います。

~〈整体師の味方コメント〉~

 制度してはこうなんだ、システムとしてはこれで正しいんだ、と自分側の正論で押し通そうとしても、相手側の視点で考えることができなければ、いつまでも自分の誤りに気づけません。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:日常の出来事 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 15:28:58 | Trackback(0)
本質は日本の子どもに必要な手当のはず
子ども手当、国内居住要件導入へ…参院審議入り(2010年3月17日 読売新聞

子ども手当法案は、17日午前の参院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、参院でも審議入りした。

 与党に加え、公明、共産の両野党も賛成しており、今月中に成立する見通しだ。

 長妻厚生労働相は、在日外国人の海外に居住する子どもが手当の支給対象に含まれ、不正受給の恐れなどが指摘されている問題について、「本格的な制度の検討の中で、支給対象となる子どもに国内居住要件を課すことを検討したい」と述べた。2011年度以降の制度見直し時に、支給対象を日本に居住する子どもに限定する方針を示したものだ。

 10年度の対応については、「証明書類提出の徹底などを(支給事務を担う)地方自治体に通知し、厳格に守っていただく」と説明した。 法案は10年度に、中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を父母らに支給する内容となっている。衆院は政府提出の原案に、児童養護施設の入所者ら支給対象外の子どもへの支援の検討などを盛りこむ修正を行い、可決した。
~:~:~

 16日に子ども手当の法案が、高校無償化の法案とともに、衆議院を通過しましたね。今朝の朝刊を読んでいたら、その中に、日本で働く外国人の、その母国で暮らす子どもたちも支給の対象になってしまうことや、親が仕事などで海外に長期滞在している場合は支給対象にならないなどの問題点が書いてありました。こういう問題を修正しないまま衆議院を簡単に通過してしまうとは、今の日本の政治の危うさを感じます。

 こういった問題が見直されないまま法案が提出されるのは、なぜこの法案が必要なのか本質をしっかりと見据えずに素案を作り、吟味せずに出してくるからです。本質とは、『日本の子どもの発達・発育・人口増(小子化ストップ)のため』 というものです。

 日本の子どもたちが、等しく健全に十分な教育を受けられる、例えば、学校で使う副教材費や修学旅行で積み立てるお金が払えないなんてことがないように。例えば、行けなかった習い事や塾での高度な勉強をガマンせずに通えることができるように。食事が1日1回の給食のみ、しかもその給食費も滞納、なんてことがないないように、子どものために与えられる手当のはずです。

 それと、2人目、3人目を躊躇している両親の経済的不安を軽減し、自分の子どもにもうひとり兄弟を持ってもらい、出生率の向上を狙う。そんな目的もあると思います。そうやって、子どもたちが増え、しかるべき教育をしっかりと享受し世に出れば、その世代が日本を支えてくれます。そのために、それまでかかる費用を各家庭にまかせるのでなく、地域や国全体で負担しようという主旨だと思うのです。

 かと言って、私はこの所得の再配分のようなバラマキ政治は好きではありません。単に親の小遣いが増えるばかりで、子どものためにまったく使われないケースが予想されるからです。しかし、この法案を通し、国の政策として実行していこうとするのであれば、この本質から外れる問題点についてはキッチリ修正させなければなりません。そうでなければ、税金を負担する国民の支持を得られるわけはないでしょう。
 
 他にもきっと問題があると思います。国家財政に余裕なんてありません。その中からこの巨額な予算を捻出しようとしているのです。あとで税金の無駄遣いを後悔するのでなく、参議院で今一度問題点を洗い出してほしいと思います。

 本当は、お金をばら撒くのでなく、保育園の充実とか、学童保育の定員増とか、働きたい親が働きやすい環境を整備するために予算を使ってほしいと思います。その方が税収も増えるし、こんなにも予算を使わなくて済むだろうし、国としても助かると思うのですが。

~〈整体師の味方コメント〉~

 男性諸君にお伺いします。この子ども手当法案、「お前の稼ぎが足んない分を出してやろう。」みたいに言われているで、プライドが傷ついたりしませんか? 

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 18:15:02 | Trackback(0)
春日部の『やはら保育園』が、新しくなりました!!!

yahara1.jpgyahara2.jpg
 谷原保育園あらため、新園舎の『やはら保育園』 場所は、立野小学校のすぐとなりです!
~:~:~

 上の子が卒園し、下の子も、自宅を整体院の上に移すまでお世話になった春日部の谷原保育園。そろそろ新園舎への引越しの時期だろうと思って、寄ってみたら、今月の3月3日より、『やはら保育園』となって、新園舎での保育を始めていました。板橋園長には、突然の訪問に嫌な顔ひとつせず、たいへんお忙しい中お話しを聞くことができました。

 新園舎は、各教室がとても広く、園児たちものびのびとしていました。きっと新しくてきれいな園舎で過ごすことができてうれしいのもあると思います。子どもらがお世話になった先生方にもお会いすることができました。私のことも憶えていてくださり、子どものことも「お子さん、3年生ですよね。学校生活はどうですか?」と声を掛けてくださいました。たくさんの卒園児を送り出し、今なお多くの園児の面倒をみているのに、引越しした私の子らのことまで憶えていてくださり、うれしくなりました。あいかわらず素晴らしい先生ばかりだなと思いました。

 園長先生との話しの中で、一番驚いたのは、園舎の引越しに際して、保育園を1日も休まなかったということです。2日(火)まで旧(現)園舎での保育、3日(水)から新園舎の保育。もちろん給食も出したそうです。「園児や、働くお母さんのために、1日も休まない。」 これを断行するにはしっかりとした準備と、全職員の一致団結した協力体制がないとできないでしょう。やはりこの保育園はすごいなと思いました。

 ふつうなら、「新しい園舎への引越し準備のため、○日から○日までお休みします。保護者さまのご理解とご協力をお願いします。」 とか言っても、文句は出ないでしょう。しかしこの保育園は違いました。何よりも、園児とその家族の都合を優先させてくれたのです。きっと、子どもを預けていたお母さん方はとても助かったでしょう。そして、『この保育園なら、安心して子どもを預けられる』 と再認識したに違いありません。私の娘を通わせてる保育園に不満はありませんが、谷原保育園から転園せざるを得なかったことを少し残念に思ってしまいました。

 谷原保育園は、当時、都市計画法の改正の影響で移転先が決まらず、閉園の危機に直面していました。今回その逆境をみごと撥ね退け、新園舎での保育を実現させた板橋園長に心から拍手を贈りたいと思います。

 ちなみに、写真に写っているアンパンマンの遊具、ウチの下の子が小さかったのに、憶えていました(もちろん、上の子も)。 お世話になった先生方のことも憶えていました。楽しかった思い出は記憶となって残っているものなんですね。 
 

~〈整体師の味方コメント〉~

 自分の都合より相手(患者さん)の都合を大切に思い、優先する。これができてはじめてプロと言えるのだと思います。



=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

身近なこと | 00:28:01 | Trackback(0)
イチゴのシルエットが・・・
ichigokitty.jpg
~:~:~

 先日ご来院になった患者さんから、イチゴと、自家製のジャムをいただきました。イチゴはどれも粒がそろって大きく、甘みも強くて、その晩さっそくいただきました。とくに子供らは大喜びで、夢中になって、「このイチゴ、大きい!」とか「あま~い!」とか言いながら食べていました。どうもごちそうさまでした。ジャムの甘さもちょうどよく、私の好きなヨーグルトにぴったりです。

 そんなイチゴのなかでふと見ると、何かに似たようなシルエットを持つものがありました。ヘタの方を下にして見ると、なんとあの『キティちゃん』にそっくりではありませんか!ちょっと片耳が大きいですが、このふんいきはまちがいなくキティちゃんです。おもしろいなぁ~と思って、ケータイで写真を撮りました。

 ちなみにこのイチゴは、結局私の妻がおいしくいただきました。


~〈整体師の味方コメント〉~
 たまにはこんなゆるいブログもいいかと。



=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

身近なこと | 23:02:25 | Trackback(0)
越谷市空手道選手権大会が行われました。
 先週の7日(日)に、越谷市第一および第二体育館にて、公式戦となる越谷市空手道選手権大会が行われました。もう3月だというのに、朝から終日、冷たい雨が降りしきり、館内はとても寒かったのですが、選手達は寒さを感じさせないがんばりを観せてくれました。我が越香会からも、各カテゴリーに形・組手とも多くの選手が参加しました。

 今年も越香会から優勝を含むたくさんの入賞者を出しましたが、その中でも、私がうれしかったのは、指導を担当しているみひかり幼稚園空手教室の生徒さんが、『組手競技 幼年男子の部』で、第3位に輝いたことと、手前味噌で恐縮ですが、私の愛娘が、『形競技 小学3年生女子の部』で、第3位となったことです。

 幼稚園の空手教室は対象が園児のみのため、それに特化した稽古内容を組めるメリットはありますが、週に1回1時間しかないので、指導時間が足りないと感じることがしばしばです。越谷では、道場に週2回通っている幼児もいますが、その子たちにまったく引けをとらない戦いを演じてくれたことに感動しました。

 親御さんから聞くところによると、最近はほぼ毎日、家で組手の練習をしていたそうです。やはり気合の入り方が他の子と違っていたのでしょう。技術的にも良かったと思いますが、やはり大会に向けてのモチベーションの上げ方が良かったのだと思います。気持ちはそのまま、形や組手の姿勢に出ますからね。

 うちの子も、毎日ではありませんが、週に数回、朝ごはんの前に少しだけ形の練習をしています。なかなか自分ひとりで起きて用意するというところまではいかないのですが、声を掛けると嫌がらず起きて、出てきます。そうやって、形の姿勢や動きを身体にだんだんしみこませて行くことによって、大会当日でも普段どおりの動きが出来たのだと思います。

 この二人が3位に入れたのは、他の子よりも練習量が多かったからに他なりません。日々の積み重ねが人よりも多かったからその分勝ち上がることができたのです。もちろんその練習の仕方も正しい方法でなければなりません。みひかり幼稚園の子の親御さんはきっと、指導の仕方がうまかったのでしょう。そして私も、形でどういう点を気をつけなければよいか、多少は心得ているつもりです。指導者が正しく教え、子ども達がやる気をもって毎日稽古をしてくれれば、結果はおのずとついてくるものです。

 うちの子も、毎朝、毎晩、当たり前のように自分から練習していれば、形の部で優勝も夢ではなかった(?)かもしれません。しかし、そこまで出来なかったので、結果3位止まりだったのです。誰でも優勝のチャンスはあります。優勝するかしないかは、優勝して当然と自分で思えるくらいの練習量を日々積んできたかどうかだけなのです。みんなと同じように、週に1回か2回、道場で稽古して、あとは何もしない。そんなふうで人よりも秀でられるわけありません。よくて他人と同等。1回戦を勝てるか勝てないのレベルです。

 時間はあるものではなく作るものです。それでもまとまった時間が作れない時は、5分でも10分でもなんとかひねり出して、姿勢と動きを自分の身体に確認だけもさせるのです。そして時間の長短は別にして、必ず毎日行う。つまり日課とするのです。

 ところで、日本人はどうしてあんなにも箸の使い方が上手いのでしょう。それは毎日毎日、箸を使ってごはんを食べているからです。幼い時から毎日毎日、箸の使い方を学ばされるからです。はみがきも、子どもは初めは上手くできません。お母さんに仕上げ磨きをしてもらう必要があります。しかし、毎晩、寝る前にはみがきをしているうちにだんだんと上手になります。つまり、日課にしてしまえば、本人が意識せずとも上達してしまうのです。   

 今よりもっと上達したいなら、練習量を増やしましょう。練習量を増やせる工夫をしてみましょう。それは、他の習い事でも、勉強でも同じことです。他人(ひと)と同じにしていたら、人並みのままです。  


~〈整体師の味方コメント〉~

 整体の技術を学ぶにしても、どれだけその時間が割けるか、どう工夫するかで上達のスピードはまったく変わってきます。たとえモデルとなる相手役がいなくても、ひとりでできる練習はいくらでもあります。その時間を作れるか作れないかだけでも大きな差となります。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

空手道のこと | 13:46:18 | Trackback(0)
子ども手当は、親への手当ではいけない
「お水を下さい」哀願の声響く 相次ぐ虐待、行政救えず(2010年3月5日asahi.comより)

 両親による虐待の後に子どもが亡くなる事件が、奈良県桜井市と埼玉県蕨市で相次いで明らかになった。亡くなった幼児はいずれも保育園などに通っておらず、近所の人とのかかわりも限られていた。厚生労働省によると、児童相談所などが問題の家庭と接触しながら虐待死を防げなかったケースが多発している。

 埼玉県蕨市の両親が4日、保護責任者遺棄容疑で県警に逮捕された事件では、蕨署や市、児童相談所が、虐待の疑いを指摘する通報を受けて家庭訪問や協議を繰り返しながら、父親に面会を拒まれ、衰弱に気づけなかったことが分かった。

 逮捕されたのは、父親の無職新藤正美(47)と妻の同早苗(37)の両容疑者。死亡したのは、次男力人(りきと)ちゃん(当時4)。蕨署などによると、2008年2月11日、正美容疑者からの119番通報があり、搬送先の病院で死亡が確認された。急性脳症による衰弱死で、体重は4歳児の平均より6キロ軽い10キロ。頭や顔には複数の擦り傷やあざもあった。

 当時近所に住んでいた人によると、部屋からは怒鳴り声や子どもの泣き声が毎日のように聞こえた。「お水を下さい」と哀願する声も響いていたという。

 県南児童相談所によると、乳児院に保護されていた力人ちゃんを両容疑者が06年1月に引き取って以降、市とともに、月1回の頻度で家庭訪問したり対策を話し合ったりしたという。07年11月、市職員らが訪問して「やせすぎ」を確認。同相談所や県警と協議し、体重測定をしながら家庭訪問で対応すると決めた。しかし、08年1月30日と2月6日の訪問の際には「寝ている」などと正美容疑者に力人ちゃんとの面会を拒絶され、健康状態を確認できなかったという。

 奈良県桜井市の吉田智樹(ともき)ちゃん(5)が両親から食事を与えられず餓死した事件では、母親が自ら連絡するまで、児童相談所などは虐待を把握していなかった。

 桜井市が実施している無料の乳幼児健康診査を、智樹ちゃんは生後4、10カ月の2回しか受診していなかった。奈良県は未受診家庭に催促しても応じない場合、家庭訪問して虐待の有無を確認するよう市町村に求めている。しかし、桜井市は家庭訪問をしていなかった。

 保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の真朱(まみ)容疑者(26)は、動機について県警に「3年ほど前から夫婦仲が悪く、夫に似ている息子が憎くなって顔をたたいたりするようになった」と供述しているという。

 智樹ちゃんの体重は、5歳児平均の3分の1の6.2キロ、身長も平均より約25センチ低い2歳児程度の85センチしかなかった。司法解剖の結果、死因は栄養失調症と判明。県警は虐待が長期間続いていたとみている。

 厚生労働省の専門委員会が07年1月から08年3月に把握した、虐待で死亡した子どもは142人。調査には一家心中も含めており、それを除くと78人になる。心中以外の内訳をみると身体的虐待が7割、育児放棄(ネグレクト)が3割。地域社会との接触が「ほとんどない」家庭も約3割あった。

 これらのケースで、市町村や児童相談所など関係機関と接点がなかったのは2割弱にとどまった。

 厚生労働省虐待防止対策室の杉上春彦室長は「児童相談所には、最悪の事態を想定して安全確保を最優先してほしい、と言っている」という。「要支援家庭で子どもに会えない状態が続く場合、様々な手だてで子どもの姿を確認する努力が必要だ」と話す。
~:~:~


 少々ブログが、長くなってしまいますが、この朝日新聞の記事内容は残しておきたいので、そのまま貼り付けました。ご了承ください。

 私自身ちょうど5歳の愛娘を持ち、また、幼稚園の空手教室も担当して、この年齢の子ども達に普段から接しているので、今回の事件で被害者となった子ども達のことを思うと、とてもいたたまれなくなります。これが果たして、実の親がやることか、人間の所業かと、もはや怒りを通り越して、どうしようもないやりきれなさと悲しみがこみ上げてきます。亡くなられた子ども達のご冥福をお祈り申し上げます。

 普通なら、親は自分を犠牲にしてでも子どもを守るもの。貧しくても子どもにだけはひもじい思いはさせまい、と思うものです。自分の服を買う余裕があったら、少しでもいい服を子どもに着せたい、余暇に使うお金があったら、少しでも参考書のひとつでも買ってあげたい、やりたい習い事があったらさせてやりたい、と考えるものです。

 私の親がそうでした。今、両親にとても感謝しています。私も、自分の親がしてくれたように、子ども達にできるだけのことをしてやりたいと思っています。

 話は変わりますが、民主党政権の目玉となっているマニフェストの中で、『子ども手当』というものがあります。子ども1人あたり月額2万6千円を支給するという今までにない福祉政策です。子どもを国として、地域として、社会貢献できる立派な大人に育てていく。その趣旨には反対はしませんが、現金を単に、その子どもの親にばらまくというのには賛成しません。なぜなら、そのお金が必ずしもその子のために使われる保証がまったくないからです。今回の事件がそれ危険性を示しています。

 今回の事件を起こした親は、食うに困って子どもを餓死させたのではありません。お金があってもご飯を子どもにあげなかったのです。こんな親に現金を渡しても、自分の小遣いとして使ってしまうだけで、まったくの税金の無駄遣いとなってしまいます。手当ては子どもにすべきであって、親への手当てであってはいけないのです。

 たとえば、幼児の保育園(保育所)や幼稚園にかかる費用であるとか、小中学校の給食費であるとか、副教材費であるとか、家が極端に貧しくて、1日の食事が給食のみになってしまっている場合は、他の生徒ととの公平さに問題はあるが、授業の開始前や終了後に補助的に軽食を提供するとか、そういったことに使うべきだと思います。

 また、教育にかかる費用を負担するという観点では、塾に通うとか、勉学だけでなく、文化・芸術・スポーツなど習い事をする際に、一定の補助をするのに使うのもいいと思います。とにかく、子ども達に具体的に、できるだけ直接手当てが届けられるものでなければならないと思います。 

 親は、子どもを産めば誰でも親になるというわけではないと思います。まっとうに子どもを育て上げるという親の義務をきちんと果たしている人だけが、自分はその子の親だという権利があるのです。その子の親だから、その子のために支給される手当を受け取り、もちろんその子のために使うのです。ただ単に、自分のために使ってしまうのであれば、現行の児童手当もまったく無意味なものとなります。

 子は国の宝と言います。その子らを国として、どう守るか、真剣に考える時だと思います。

~〈整体師の味方コメント〉~

 今回は整体師としてでなく、子どもを持つひとりの親としての発言でした。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 02:16:38 | Trackback(0)
フィギュアスケートとカラオケと空手道
 バンクーバーオリンピックもあっという間に終わってしまいましたね。女子団体パシュート、最後の最後で、金メダル獲得かっ!ってところで、惜しかったですね。でもこれで、フィギュアスケート男女、スピードスケート男女ともメダル獲得でよかったです。それにしても、返す返すも浅田選手は、日本中が金メダルを期待していただけあって、残念でした。銀メダル獲得は素晴らしい快挙ですが、金メダルを獲る実力が十分あっただけに、どうしても残念という言葉が出てきてしまいます。

 しかし、なぜ、ショートでもフリーでも、女子で唯一トリプルアクセルジャンプを決めた浅田真央選手がトップではなかったのでしょう?フリーでのミスは若干あったにせよ、それを上回る質の高い、観る人すべてに感動を与える滑りだったと思います。なぜ、それでも浅田選手はトップに立てなかったか、私は深夜のバラエティ番組を見て、はっと思いました。

 そのバラエティ番組で芸人さんが、通信カラオケで全国1位をとれるかという企画をやっていました。芸人さんの中でとくに、エハラマサヒロさんが抜群に歌が上手く、全国4位まではすぐに行くのですが、それ以上は何度やっても点数も順位も上がりません。しかし、それには理由があったのです。

 カラオケの点数は機械が判定するのですが、判定にはある基準があるのです。それは、『音程』・『ビブラート』・『抑揚』です。お手本で、その基準のクリアの仕方を極めた店員さんが歌うと、簡単に99点をとってしまいました。そこで、エハラさんも抑揚に気をつけて歌い、ついに全国1位を獲得したのです。1位をとるには、どう上手く歌うかを気にするよりも、どう全ての基準をクリアしていくかが大事だったというわけです。

 きっと、フィギュアスケートも同じだったのでしょう。韓国のコーチは上手く滑るだけでなく、徹底的に判定基準をクリアし、評価点に加点をもらう滑りを意識して、金選手に教え込んだのだと思います。日本のコーチ・選手も当然、判定基準や評価点を意識したきたはずですが、結果的には、加点の付き方に差がありすぎました。この意識の差が加点の差になり、メダルの色の差になったのでしょう。

 こうした、技術を評価する競技を判定するには、どれも一定の基準があります。空手道の形競技にも基準があります。単に上手にやるだけでなく、「この形ではここがポイント!」という箇所があります。双方甲乙つけ難い場合、そこを見て判断することがあります。また逆に、こんなミスをしたら、あとはどんなに上手くやっても負けてしまう、または失格というミスもあります。

 ただ点数を取るため、勝つために基準をクリアするのでは、本末転倒ですが、審査員は自分のどういったところを見て採点しているか、最後に何が勝敗を分けるのかは知っておいて損はないでしょう。
 

~〈整体師の味方コメント〉~

 スケートとカラオケと空手、一見まったく関係ないことですが、意外なところでつながってましたね。整体の技法も単に上手い下手でなく、効く効かないにはポイントがあります。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

身近なこと | 14:00:00 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。