■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 6月5日(木)より新ホームページ始動に伴い、ブログも移転しました。新URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
誤審を防ぐシステム作りを
イングランド誤審弾に泣く/決勝T1回戦<W杯:ドイツ4-1イングランド>(日刊スポーツより)

 イングランドが45年越しの“幻のゴール”に泣き、早くも大会を後にした。ドイツに先制を許しながらも、果敢に反撃。1-2の前半38分、MFフランク・ランパード(32)の同点弾がバーに当たりゴール内に入ったが、ゴールは認められなかった。気勢をそがれた後半には、守備が崩壊し、歴史的大敗。同カードだった66年大会決勝で試合が決まったイングランドの「疑惑のゴール」が、形を変えて現代によみがえった。

 44年の時を超え、因縁の一戦で再び「伝説」が生まれた。1-2の前半38分。イングランド代表MFランパードのミドルシュートは、GKの頭上を破り、クロスバーをたたいてゴール内に弾んだ。試合は振り出しだ-。こわもてのカペロ監督も、思わず両こぶしを大きく振りまわした。

 しかし次の瞬間、指揮官はその姿勢のまま、ぼうぜんと天を仰いだ。ラリオンダ主審はまさかのノーゴール判定。ボールをかき抱いたドイツ代表GKノイアーが前方に遠投し、そのままドイツのカウンター攻撃が始まってしまった。ランパードも頭を抱えたまま自陣に駆け戻った。

 ほかの選手たちも疑念を抱きながら、抗議すらできなかった。上方からのリプレーをみても、ボールは完全にゴール内に落ちている。明らかな誤審。英BBCはハーフタイムの審判室に、映像を見たラリオンダ主審の「オーマイガッ」の叫び声が響いたと報じた。
~:~:~

 私も夜11時からTVでドイツvsイングランドの戦いを観ていました。この幻のゴールシーンも見てました。いくらクロスバーでバウンドしたからと言って、完全にボールがゴールラインを割っているのに、ゴール判定されないなんて、わが目を疑いました。

 この大事なシーンを見逃していた主審と副審の責任は大きいですが、それにしても、目の前でゴールを割られているにもかかわらず、さも間に合ったかのように平然とプレーを続けたGKのノイアーの頭脳プレーの勝利とも言えるのかもしれません。

 後半に入ると、ドイツはイングランドを圧倒し2得点を挙げ、終わってみれば4-1で、ドイツの圧勝でしたが、実際にはここまでの実力差はないはずです。振り返れば、あの同点ゴールが幻になったことが、大きな敗因要素でした。そう考えれば、イングランドとしてみれば、とても悔いの残る受け入れがたい結果だったでしょう。 

 よく、審判も人間、人間なら誤審は付きもの、それも含めてのスポーツ。などと言いますが、それはプレーする選手が言うことであって、審判自身や大会運営者が口にすべきではありません。誤審が起こりえるなら、それを限りなくゼロに近づけるシステム作りをすべきでしょう。

 この場合は、副審のほかに、ライン審判を置くとか、ビデオ判定を導入するとかがあると思います。安易に誤審も含めてのスポーツなどと言い出せば、観客もしらけてしまうし、何より選手が何を信じて戦えばいいのか分からなくなります。一番の被害者は選手です。

 微妙なオフサイド判定とか、ペナルティエリア内でのハンド、またはハンドを使った神の手ゴールなど厳密に見極めるためには今の審判環境では不十分だと思います。まずは国際Aマッチを条件にビデオ判定を導入したらどうでしょうか?機械に頼りたくない、試合の流れを止めたくないというのであれば、審判の数を増やし、誤審を防ぐしかないでしょう。

 29日には、いよいよ日本vsパラグアイです。日本選手の活躍を、すばらしい試合を、そして日本の勝利を期待しましょう!そしてその時、審判のジャッジにも着目するのもおもしろいと思います。

〈*カラテの味方コメント〉

 ちなみに、空手道の組手試合の場合は、やはり突きや蹴りのポイントが決まったか否か、または反則になるかどうかの見極めに誤審が起こらないよう、主審のほかに3人もの副審がいます。もちろん、ほとんどの場合、一番近くで見ている主審の判断に誤りはないのですが、それでもより正確を期すために副審がいるのです。審判のジャッジが適切であれば、選手は安心して、競技に集中できます。充実したすばらしい戦いになるかどうかのカギは審判が握っていると言っても過言ではありません。



=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 01:00:22 | Trackback(0)
銀だからこそ、良かった。
 昨日、越谷市立第一体育館にて、第17回 日本剛柔流空手道越香会 空手道選手権大会が開催され、200名を超える選手が、形や組手の試合に臨み、暑い中、文字どおり熱戦が繰り広げられました。

 体育館内は、天候と選手の熱気が相まって、とても蒸し暑く、とくに組手試合では選手のケガや不調などが心配されましたが、審判団のすばらしいジャッジのおかげで、ケガらしいケガもほとんどなく、選手達は全力を出し切ったようでした。大会が無事成功に終わったことに、大会に携わったすべての方々に感謝したいと思います。

 私の愛娘2人も大会に参加し、妹が、形・組手ともに準優勝(←エントリー者数が少ない種目であるも幸いしました)、お姉ちゃんが、形の部で準優勝の成績を収めることができました。また、私が指導を担当しているみひかり幼稚園空手教室から出場している年長さんの男の子も、形準優勝・組手3位というすばらしい成績を収めてくれました。週2回道場に通う子が出場している中で、この成績はとても立派です。

 ここで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、3人とも準優勝、つまり銀メダルまでで、金メダルは獲れなかったんですよね。しかし、私はむしろ、この結果で良かったと思っているのです。それを象徴するシーンが今大会の中でありました。

 1年生男子の部で、午前中、形試合の決勝戦、形に自信のある四級の子が、組手に自信のある六級の子に、負けて銀メダルに終わりました。その子は金メダルを狙っていたので、とても悔しそうでした。番狂わせです。でもきっと、勝った子は形もしっかり稽古してきたのでしょう。勝った子は、満面の笑みを浮かべて、すごくうれしそうでした。しかし、まだこのドラマはこれで終わりではありません。

 午後は、組手試合です。接戦もありましたが、やはり決勝戦は、この2人になりました。私は正直、形試合が終わった段階で、六級の子の形・組手の2冠を予想していました。しかし、なんと勝った子は四級の子の方でした。今までは、どちらかというと組手の時は引き気味になってしまったのですが、この日は、自分からしっかり前へ出て、突き蹴りを繰り出してポイントを重ねていっていました。その姿勢から、「絶対勝つんだ!」という意気込みが伝わってきました。

 六級の子は、ひょっとしたら、形で四級の子を破ってちょっと満足してしまったのかもしれません。勢いの差、気持ちの差というものが、最後勝敗を分けたのだと思います。また、2年生男子の組手試合でも、組手に自信のある四級の子が、決勝で六級の子に破れるという波乱がありました。しかし、これでまた、この四級の子は、きっと「次は、負けるもんか!」という気持ちになり、六級の子には大きな自信になったと思います。

 私の上の娘についても、今まだ、六級でありながら、四級や茶帯(三級以上)を破り、決勝戦まで進み、しかしそこで茶帯の子に5-0の判定で敗れました。この結果で良かったのだと思います。素直に、自分に勝った子の演武を褒めたたえる事ができ、、自分もあういう形をやってみたいとさらなる向上心が持てたのですから。

 何事も満足し、そこで足を止めてしまったらそこから先は成長も進歩もありません。向上心や探究心に終わりがあってはならないのです。そういう意味では、今は銀メダルで悔しがる方が糧が大きいのかなと、思います。


〈愛娘を持つ親コメント〉

 でも、やっぱり親としては、子どもに金メダル、獲らせてあげたかったなと思っちゃいますけどねっ・・・!(←親の方が悔しがってたりします)

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 13:39:52 | Trackback(0)
案の定、偵察の電話でした。
 施術中に、一本の電話がありました。男性の声で、問い合わせをしたいとのことでした。料金や、駐車場の有無、予約制かどうか、それとヘルニアへの対応について聞かれました。施術中なので要点だけを手短に話しました。ひととおり聞くと、「分かりました。」と言って、その男性は、電話を切りました。

 問い合わせの仕方に何か違和感を感じ、なにより、男性の声に“困った感”がなかったので、「もしや?」と思い、着信履歴の番号から調べたところ、草加にある○○○○治療院の番号でした。案の定、偵察の電話でした。ホームページを見ていただければすべて分かるような内容の質問だったので、電話の応対の仕方などを聞きたかったのでは?と推察します。

 患者をよそおうので、フリーコールに掛けてくるのは仕方ないと思いますが、他院(ひとんち)の電話代を使って、偵察するなんて非常識な治療院だなぁと思いました。それに、もしここが私と同じように、ひとりで治療院をやっているのでしたら、患者さんからの予約の電話以外は、極力、電話には出たくないはずです。施術中なら、一旦その手を止めなくてはならないからです。きっと、日中の営業の電話にも困っているでしょう。そういう配慮もしようとせず、平然と電話を掛けてくる治療師って、いったいどんな人なんだろう?と少し顔が見たくなってしまいました。

 しかし、こうして草加の治療院に気にしてもらえることは、ポジティブに考えれば、光栄なことです。草加からでもクルマで来れば、案外早いですし、産業道路でも、4号バイパスからでも分かりやすいので、その方面からの患者さんも意外に多いです。とくにせんげん台~大袋エリアと、新越谷~蒲生エリアは、激戦区で、越谷は、草加や春日部にくらべててもかなり整体院が多いのです。その中で、続けてやっている越谷の整体院がどんなものなのか気になるのでしょう。

 まあ、そんなに気になるなら、いっそのこと患者さんとして来院し、整体を受けてくれればと思います。今までも、『おそらく、どこかの整体・治療系の方?』みたいなひとも来たことがありますが、別段隠すこともないので、通常どおり整体を施し、効果を実感してもらっています。たった1回の施術で、盗めるような簡単な技術でないという自負があるので。

 偵察というわけではないにしろ、いろんなお店に足を運んで、いい刺激を受けて、その雰囲気を自分の院に活かすという考えはいいと思います。アンテナは常に高くして置いた方がいいですね。

〈整体師の味方コメント〉

 他院を偵察するヒマがあったら、自分が偵察される整体院になろう!

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

整体のこと | 17:00:00 | Trackback(0)
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
「協会設立以来の危機」 人気力士賭博、ファン離れ懸念(2010年6月22日asahi.comより抜粋) 

 大相撲の力士による賭博問題の調査が本格的に始まる。賭博をした力士たちは、どんな賭け事に、いくらぐらいの金をつぎ込んだのか。暴力団関係者との付き合いはあったのか。有識者らでつくる特別調査委員会の調査結果によっては、名古屋場所の開催が見送られる可能性も出てきた。「協会設立以来の大変な危機」。日本相撲協会の武蔵川理事長は21日の記者会見で終始、表情をこわばらせたままだった。

 会見で武蔵川理事長は、「現時点では、(7月の)名古屋場所開催を見送らざるを得ない可能性がある」と述べ、公式の場で初めて、本場所の中止もあり得るとの見通しを明らかにした。中止になれば、会場の修理が原因だった1946年夏場所以来の異例の事態となる。
~:~:~

 2週続けて大相撲の賭博問題の話しです。武蔵川理事長以下、協会幹部はまだ、事の真の重大さに気づいていない、または気づかない振りをしているようですね。「自分らが野球賭博をやったわけではない。」「一部の不届き者が手を染めてしまっただけ、その他大勢の相撲取りは関係ない。」「花札、マージャンの類はよくある事。」という素振りです。カメラの前では神妙にしても、この期に及んでまで、協会の態度はどこかひと事のように感じます。

 野球賭博にかかわった者の公表を控えるということは、その者達をかばうということです。ひょっとしたら協会は「野球賭博なんぞに引っかかって、だまされてかわいそう。」と被害者と思っているのでしょうか?そして自分達も被害者だと。この自浄能力の無さは致命的です。この体質のままでは、きっとまた数年後に同じ問題が繰り返されるでしょう。

 残念ながら、名古屋場所の開催は見送り、武蔵川理事長以下、協会理事は総辞職し、そして、野球賭博にかかわった現役力士は引退、親方は廃業と、解体的出直しを計るよりほかないと思います。そのくらいの大問題だと思うのです。そしてマージャン・花札・賭けゴルフなどに携わった者は、前回、厳重注意でいいのでは?と書きましたが、謹慎処分も考えた方がいいでしょう。

 小さいほんの遊び心の賭け事が、金額が大きくなり、更なる刺激・射幸心を求めて野球賭博など違法行為に結びつくなら、部屋でのマージャン・花札も禁止にすべきでしょう。違反者は即刻、部屋追放という協会ルールを作り、各部屋へ徹底させるべきです。

 私も学生時代、寮の仲間たちとよくマージャンをやっておりました。寮のルールとして、マージャンは所定の場所で行うこと・夜10時には、途中でも必ず終了させること・部屋の中では絶対にマージャンをやらないこと等がありました。とくに、もし部屋でのマージャンが発覚した場合は理由を問わず、即、放寮(寮を追放)でした。皆このルールは遵守していましたね。

 この賭博問題を解決させたいなら、自分らに対して一片の保身も、賭博にかかわった者への一片の情も、あってはなりません。「そうは言っても、何もそこまで追求しなくても、処分しなくても・・・」なんて少しでも甘く考えたら、絶対に出直しなんて出来っこありません。

 一度、身を捨てないと、浮かぶ瀬はないのです。

〈整体師の味方コメント〉

 「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」なかなかできないことですが、それをやらなければ前に進めない時もあります。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 19:00:00 | Trackback(0)
今年もユーザー車検をしてきました。
 あれから2年・・・今年も私のクルマの車検の時期がやってきました。事前に春日部の自動車検査登録事務所へ電話予約(自動音声)をして、当日クルマを持ち込んでユーザー車検をしてきました。今は、予約はwebでもできるんですね。次回からは電話代がもったいないので、webを利用しようと思います。

 しかし、いくら何度もユーザー車検をしているからと言っても、やはり2年に1度のこと。かなりうろ覚えで、いつも内心ドキドキです。しかも今回はさらに、少し事情が違っていたのです。それは、車検証の住所が旧住所のままになっていたことです。前回車検後に、自宅を整体院2階に引越しした際に、車検証の方は、住所変更手続きをしていなかったのです。

 車検当日、受付でその旨を話し、どうすべきかを尋ねたところ、「まず、記載住所(旧住所)のまま車検を受け、自動車が整備基準を満たしていることを確認し、更新手続きを完了させたのちに、後日早急に住所変更の手続きをしてください。」とのことでした。ちなみに、住所変更には、住民票や、車庫証明などが必要だそうです。というわけで、とりあえずユーザー車検を受けることには支障がなかったので、助かりました。

 手順としては、こんな流れです。

0.自動車税の支払い
 *本来なら毎年5月末までに、振込み用紙で支払うはずですが、登録が旧住所のままで、用紙が来ず、払えないままになってました。
1.自賠責の更新
 *事前に他で済ませておくこともできます。
2.申請用紙・点検記録簿の購入
 *点検記録簿(用紙)は、コピーをしておき、事前に書き込んでおく方がいいですね。
3.重量税・検査料・印紙代の支払い
4.必要書類を受付に提出
5.検査レーンに並び、車検スタート!
 ①車体番号確認、ウインカーやライト、クラクションなどの検査
 ②検査場内で、スピードメーター、ブレーキ制動、排ガス、下回りなどの検査
6.確認印が押された用紙ほかを交付コーナーへ持ち込み、新しい車検証を受け取る

 時間として、受付をしてもらうまでの準備にけっこう時間がかかってしまいましたが、実際にクルマの検査自体は、10分~15分くらいでした。少しあわてたところもありましたが、検査官さんがとても親切でしたので、助かりました。

 また、費用としては、小型車でしたので、自賠責(24カ月)22,470円、重量税20,000円(:自家用 車両重量0.5トン毎 5000円/年)、登録用紙20円、点検記録簿30円、検査料1,300円、印紙代400円 となり、合計44,220円 かかりました。当日はこれに、本来5月末までに払うべき自動車税の34,500円を合わせて納付しました。けっこうな出費ですが、これでも必要最低限の経費です。

 ユーザー車検は業者やディーラーにお願いしない分、経費は安く済みますが、その分、普段の点検が重要になります。自己責任が大きく求められることになります。それを十分承知した上なら、一度は、ご自身でユーザー車検をやってみることをお奨めします。返って、クルマの整備に対する安全意識が高まって、良いかもしれません。

〈整体師の味方コメント〉

 クルマで出張整体をやっている方なら、休業日などにユーザー車検にチャレンジしてみてはどうですか?

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

身近なこと | 12:06:35 | Trackback(0)
賭け事すべてを悪という気はないが
琴光喜関が野球賭博関与認める 他64人も賭け事申告(2010年6月14日asahi.comより抜粋)

 週刊誌で野球賭博をしていると報じられた大相撲の大関琴光喜関(34)=本名田宮啓司、佐渡ケ嶽部屋=が、賭博とのかかわりを認めたことが14日、分かった。日本相撲協会が実施した力士や親方らへの賭博問題の調査に返答があった。協会によると、琴光喜関のほかにも野球賭博に28人、それ以外の花札や賭けゴルフなどに36人がかかわったと、この日までに申告したという。

 協会では11日に、力士数人が野球賭博に関与していたと自己申告したと発表。その日のうちに力士や親方ら全協会員を対象に、過去5年間の賭博への関与の有無を問う調査書を送った。回答期限だったこの日、警視庁の求めに応じ、賭博への関与を認めた計65人の調査書を提出した。力士名や賭博の内容については「警視庁から要請されている」と説明し公表を拒んだ。

 協会では当初、この日までに賭博への関与を申告した協会員については理事会に処分を諮らず、厳重注意にとどめる方針を示していた。陸奥広報部長(元大関霧島)は「警察の動きにあった処分を考える。軽い気持ちでやったかどうかなどは、こちらで判断できない」と話し、事実上、当初の方針を転換した。
~:~:~

 相撲界の不祥事が後を絶ちません。今度は、賭博問題です。賭け事すべてを悪という気はないが、野球賭博はまずいでしょう。『野球賭博』・・・自分が小さい頃、昭和の時代にオジサン連中が密かにやっていたイメージがありましたが、今でも存在するんですね。とても意外でした。大関という自分の立場もわきまえず、浅はかで、軽率で、自業自得ですね。とは言え、それで大損をし、なおかつそれをネタに恐喝される、踏んだり蹴ったりの琴光喜関は、なんだかかわいそうになってきました。

 しかし、やってしまったことを本気で反省しているなら、琴光喜関は警察に全面協力し、野球賭博の実態や暴力団の恐喝の手口などすべて話し、今後、相撲界のみならず、すべての国民が、このような賭博行為に手を染めたり、被害に遭ったりしないように協力していくことが肝腎です。その上で、自分から引退を申し出るべきでしょう。おそらく、民間企業ならまず依願退職、厳しいところなら懲戒解雇が当然の処分だからです。そのくらい自分の所属団体に著しい損害を与えていると思います。

 相撲協会は、この野球賭博と、賭けマージャン・花札・賭けゴルフなどといっしょに扱うべきではありません。前者と後者では大きな違いがあります。その違いは、第三者が介在し、胴元のようなものが存在するかどうかです。おそらく雀荘でマージャンを打つ大人たちで、お金を賭けていないのは、昼間の健康マージャンか、プロ雀士同士の対決くらいでしょう。花札でコイコイやオイチョカブをやったり、ゴルフコンペでも、参加者からお金を集めて賞金にしたり、指しウマや外ウマをやったりした経験はある人も結構いるのではないでしょうか。

 もちろん、私は賭け事を正当化するわけでも、推奨するわけでもありません。しかし、実際二人以上そろえば、なんでも対象にして、賭けをすることはできますし、国としても公営ギャンブルをやっています。totoのサッカーくじも、ベースはトトカルチョという賭け事です。ですから、仲間うちで、お金を賭けてマージャンをしたことがあるという相撲取りまで、厳罰というのは世間一般の感覚からは合いません。この辺は厳重注意でいいでしょう。

 しかし、野球賭博はおそらく、胴元がいて、そこで得られた金銭が、暴力団の資金源になっているはずです。警察もそれを見越して捜査をしています。これを仲間うちのマージャンと同じ扱いにして軽い処分で済ませようとする相撲協会には、賭博問題を矮小化しようとする意図がうかがえます。これでは、再発は防げないでしょう。

 金銭のからまない、ちょっとした賭けは、生活の潤いやアクセントだと思います。しかし、それがエスカレートして、金銭を賭けたり、プロ相手に手を出したりしてしまうのはとても危険です。ある一線で思い止まることができない人は、事の大小にかかわらず、一切の賭け行為に手を出してはいけないでしょうね。

 「後悔先に立たず」知ってはいても、あまり実感をしたくない言葉ですね。 

〈整体師の味方コメント〉

 公営ギャンブルやパチンコ(←私はこれもギャンブルだと思っています)で、ストレス発散という方がいますが、ほとんどの場合、それはストレッサーにしかなりえないものと思います。ご注意を。 


=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================




テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 11:45:14 | Trackback(0)
さあ!日本も勝利を!
韓国快勝、ギリシャに2―0 朴智星ら得点 W杯(2010年6月12日asahi.comより)

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会1次リーグB組の韓国(世界ランク47位)―ギリシャ(同13位)が12日、ポートエリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ競技場であり、韓国が2―0でギリシャを下した。

 アジア勢として初陣を切った韓国は前半7分に先制。ゴールを決めたのは鹿島で活躍する李正秀。奇誠庸のFKをゴール前に飛び込んで、右足で合わせた。その後も韓国が優勢に試合を進め、後半7分には主将の朴智星が相手から球を奪ってドリブル。そのままゴールまで持ち込み、左足で追加点を決めた。ギリシャは後半にゲカスが好機を作ったが、得点を奪えなかった。

~:~:~

 とにかく、韓国の選手の動きは、攻守に渡ってすばらしかったですね。格上のギリシャを終始圧倒してました! まさに完勝。この韓国の強さなら、1次リーグ突破はもちろん、2002年以来のベスト4が狙えるかもしれませんね。

 W杯ベスト4と言えば、岡田ジャパンの目標。韓国は、東洋人でも西欧人に、フィジカルもテクニックも負けないことを証明してくれました。得点の仕方も、フリーキックからあり、ドリブルで持ち込んでからありと、岡田ジャパンにやってほしかったことを存分に見せてくれました。

 韓国の人にできて、日本人にできないことはありません。韓国は、産業など様々な面で、日本に「追いつけ!追い越せ!」で、今や韓国の方が世界をリードしている分野もたくさんあります。日本サッカーも韓国の良い面をたくさん見習っていけばいいと思います。

 W杯は格上とか関係ないことを韓国を身を持って示してくれました。まずは、カメルーン戦、日本も韓国を見習って、勝利をもぎ取ってほしいと思います。

〈整体師の味方コメント〉

 みんなで、岡田ジャパンを応援しよう!!!!! でも、仕事は優先させてくださいね。 

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:54:53 | Trackback(0)
事故死者5千人、多いか?少ないか?
交通事故死者4914人…10年前の45%減(2010年6月11日 読売新聞より)

 政府は11日の閣議で、2010年版「交通安全白書」を決定した。それによると、昨年の人口10万人当たりの交通事故死者は平均3・9人だったが、年代別では65~74歳が6・1人、75歳以上で11・6人と大幅に平均を上回った。

 昨年の交通事故死者数は4914人で9年連続の減少。10年前と比べると45・4%の大幅減となっているが、75歳以上が6・6%減など、高齢者事故は小幅な減少にとどまっている。

 死亡事故の場合、65歳以上の高齢者が過失の重い「第1当事者」になることが他の年代より多く、警察庁などでは高齢者向けの交通安全教育の充実を進めている。

~:~:~

 web版の交通安全白書で、確認できるように、平成8年に交通事故死者数(24時間内)が、1万人を切ってから、13年経ってようやくその半分の5千人を切るようになりました。警察の取り締まりや、法改正による厳罰化によるところも大きかったと思いますが、地域の方々の草の根の啓蒙活動や、自動車の安全性能の向上、医療の進歩など、様々な要因のおかげかと思います。

 しかしながら、やはり月平均400人の方が、交通事故でしかも24時間以内に息を引き取っているという現状では、満足してはいけないのだと思います。今やこれだけ「絶対にやってはいけない!」という認識が浸透していると思われる飲酒運転も、無くなってはいませんし、今日のニュースでは、 沖縄の高校の現役野球部員が飲酒の上、バイクを運転し、逮捕されたと報道していました。もしこれで、人をはね、大けがを負わせたり、死なせてしまったりしたら、いったいどう責任を取るつもりだったのでしょう。まったく嘆かわしいとしか言いようがありません。

 交通事故死が減少傾向を続け、5千人を切ってきたという事実は喜ばしいことですが、まだまだ5千という数字は、少ないと言うには大きすぎます。私の小学生の愛娘も、「自転車で空手道場へ行きたいっ!」と最近、言うようになったのですが、産業道路は自動車の交通量も多いですし、幹線道路をひとりで横切るのは親としては不安です。私自身も、原付バイクで走行中にヒヤッとした経験も何度もありますし、事故直後らしき現場を、すでに駆けつけた警察官や救急隊の姿を見ながら通り過ぎることもあります。

 最近はとくに、高齢者が事故に巻き込まれるケースが増えていると聞きます。高齢化が進み、母数が大きくなっている現状もあるでしょうが、子供や高齢者といった交通弱者に優しいとは言えない社会の現実を映し出している気もします。

 今後、さらに事故件数や交通事故死者数を減少させていこうとするなら、今なお無くならない飲酒運転の撲滅により重点を置くことはもちろん、小さい子やお年寄りがもし、ひとりで出歩くことになっても、あまり心配のいらない交通社会を実現させていくことが必要だろうと思います。

 具体策はパッとは思いつきませんが、まずはより深い現状分析と、多角的に観ていくことも必要でしょう。単純に、信号機の数を増やすとか、スピード違反の反則金や罰金を上げるとかそんなものではないと思います。そしてまた、数年後に、事故死者数2,500人を切るというニュースが聞けることを期待したいと思います。

〈整体師の味方コメント〉

 患者さんがお車でお見えの時、可能な限り駐車場まで見送ってあげてください。道路へ出る際の、他のクルマ、歩行者・自転車など、意外に危険がありますよ。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 19:28:00 | Trackback(0)
顎・股・脊・椎などが、常用漢字に
常用漢字:196字追加、文化審が答申 教育現場、対応迫られ(毎日新聞 2010年6月8日 東京朝刊より) 

 文化審議会総会が7日開かれ、一般社会における漢字使用の新たな「目安」となる改定常用漢字表を川端達夫文部科学相に答申した。196字を追加して5字を削除し、現行(1945字)より191増の2136字になる。1946年制定の当用漢字表に代えて81年に常用漢字表を制定して以来29年ぶりの改定。パソコンの普及で「書けなくても読める」漢字が増えるなど社会の変化に対応した。年内に内閣告示の予定で、教育現場や活字メディアなどは対応を迫られている。

~:~:~

 今年、29年振りに常用漢字が見直されました。パソコンや携帯メールでの漢字変換機能が浸透し、一般に読める漢字が増えたのが大きな要因だそうです。自分が普段使っている漢字が常用か否かなんてあまり気にしていませんでしたが、現在の常用漢字は1945字あり、ここに196字増えて、5字が削られて、計2136字がこの度、認定となるそうです。

 新聞記事を読み、その中に、仕事でよく使っている字が今まで常用でなかったことにあらためて気づき、少し驚きました。それは、顎関節の『顎』、股関節の『股』、それと『脊椎』です。脊椎は『脊』も『椎』も今まで常用でなかったのですね。また、『脇』や腎臓の『腎』も今度の見直しで初めて常用となるのですね。意外でした。

 整体師の私としては今後、踵(かかと)や踝(くるぶし)も入れてほしいですし、椎が入るなら、頸椎の『頸(けい)』も入れてほしいです。自分の身体を大切に思うなら、身体の部位の漢字くらいは読めてほしいと思います。

 新聞記事やニュースのテロップで、常用ではないからという理由で、その漢字だけ仮名にするケースが散見され、なんともバランス悪いなぁと感じていたのですが、今度の見直しで少しは改善されそうですね。たとえば、股関節を、「こ関節」としてしまったら、変じゃないですか?意味が通じにくい気がします。今回常用と認定されなかった字でも、実際には読めるケースは多いと思いますし、今後増えると思います。熟語の場合は、仮名+漢字の組み合わせでなく、できるだけ漢字として熟語を完成させて表示してほしいと思います。

 また、パソコンや携帯メールで文章を作ることが一般的になってきましたが、日本人としては、自分で書く字の美しさも忘れてほしくはありません。なにせ先達は、書く事を、『書道』という文化・芸術・人の道のレベルまで引き上げてきたのですから。ちなみに我が埼玉県は、書道や硬筆が盛んで、これはとても喜ばしいことです。   

〈整体師の味方コメント〉

 この前、某整体院のホームページで、「股間節」なんて書いてしまっているのを見つけてしまいました。同じ業界の者としてはずかしいです。みなさんも誤変換にはお気をつけを。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 11:38:24 | Trackback(0)
辞める事=責任を取る事に疑問
鳩山首相が辞任、小沢幹事長も 4日に新代表選出へ(2010年6月2日asahi.comより抜粋)

 鳩山由紀夫首相は、2日午前に開かれた民主党の両院議員総会で辞任する意向を表明した。米軍普天間飛行場の移設問題で社民党の連立離脱を招いたこと、政治とカネの問題で民主党に迷惑をかけたことを理由として挙げた。首相は、民主党の小沢一郎幹事長にも辞任を促して了解を得たことを明らかにした。民主党は役員会で、4日に両院議員総会を開き、後継首相となる新代表を選ぶ方針を決めた。国会会期延長はせず、参院選は7月11日投開票となる方向だ。新代表が新幹事長を含む党人事を行い、首相就任後に組閣する運び。鳩山内閣は、8カ月あまりで幕となった。

 首相は2日の両院議員総会で、普天間問題について「(移設先に決めた)沖縄県や鹿児島県・徳之島のみなさんにご迷惑をかけた。社民党を連立政権離脱に追い込んでしまった責任は取らなければならない」と述べた。

 また、自らの政治資金管理団体をめぐる「政治とカネ」の問題にも触れ、「自分自身が政治資金規正法違反の元秘書を抱え、議員のみなさんには大変な迷惑をかけたことを申し訳なく思う」と陳謝。「小沢幹事長にも政治資金規正法の事件があった。幹事長にも職を引いて頂きたい、民主党再生のため、クリーンな民主党を作れると言った。幹事長も『分かった』と申された」と述べた。

 また、「政権与党の仕事に国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきた。そのことは残念で、まさに私の不徳のいたすところだ」とも語った。

~:~:~

 突然の鳩山総理の辞任、そして小沢氏の幹事長職の辞任表明で、マスコミは大騒ぎしていますが、私はこれをまったく突然のことと思っていませんし、むしろある時期から、6月になった時点での辞任は、鳩山氏の頭にあったのでは、と考えます。 

 ある時期というのは、鳩山氏が普天間問題の決着を5月末と言い切った時です。そう言い切った時点で、それまでにしっかり沖縄・閣内・アメリカの合意を得るというミラクルを実現できれば、「さすが鳩山!」となるし、無理なら辞任で、新体制で 参院選に臨めばいいと踏んでいたと思います。で、結局ミラクルは起こせませんでした。でも、辞任で本当の責任を取ったことになるのでしょうか。首相や幹事長職を降りても、議員を辞めるわけではありませんし、民主党を除籍になるわけでもありません。今の立場での仕事をしなくなるだけで、本人に別にペナルティが科されるわけではないのですよ。

 たしかに、鳩山政権への国民の期待を大きく裏切ったことで、「総理は責任取って即刻辞めろ!」の声は大きかったと思います。支持率もどんどん低下していきました。しかし、私は、辞めることで、責任を取ることになるという考えには疑問を感じます。私の目には、職責を放り出しで逃げたというようにしか見えません。

 「自分は、結果はどうあれ、せいいっぱいここまでやったから、後は誰かさん頼むね。」と、社会人としては失格としか言いようのない仕事振りです。子供なら、結果よりもその結果に向かう努力・姿勢の方が大事です。時には失敗に終わってしまってくれた方が、その子の成長のためには良かったというようなこともあるでしょう。しかし、大人、社会人は違います。まして、国政を預かる身、それも一国の総理なら、結果が何より大事です。結果に対する責任はとても重大です。それが、「最後は、辞めれば済むから」では、なんとも軽すぎやしませんか?

 私は、民主党が参院選に大敗しようが、鳩山氏にはこのまま首相として職責を果たす義務があったと思います。「日本のリーダーは1年も務めないから、自分の言う事、やる事に責任を持たない。」と諸外国からも、きっと言われていると思います。自分の言った事、やった事に最後まで責任を持つ、これが出来ない人は、社会人失格です。少なくとも議員に立候補する資格はありません。

 「このまま民主党の鳩山・小沢体制ではイヤだが、前の自民党時代に戻したくない」という国民にもう一度、民主党に振り向いてもらいたいということで鳩山氏・小沢氏がある意味、人身御供となったつもりでしょうが、果たして国民はそう易々とその思惑に乗ってくれるでしょうか。次の首相は、管氏か岡田氏になるのでしょうが、自民党が安陪→福田→麻生とやったように、首をすげ替えただけなら何にもなりません。

 2大政党制に移行どころか、支持したいところが、ひとつもない事態になってきましたね。しかしそれでも、来月11日の参院選は棄権せず、この1票は行使するつもりです。それまでに、この政党なら、この人なら、と思えるのが出てくれるといいんですが。

〈整体師の味方コメント〉

 「自分の言動に最後まで責任を持つ」あなたは、自信を持って、実行できていると言えますか?

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 15:10:21 | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。