■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
メール配信のドメインが、@pitzmo.jp に変わります
 私の整体院も、月イチでのメール配信なんぞをやっております。来院ごとに、ケータイでピッとやってポイントを貯めて、その方々にメールを配信するというものです。パソコンのメールアドレスでも、登録できます。この場合はポイントは貯まりませんが。翌月の休診や、季節の健康情報などをお知らせしています。

 それでこの度、メール配信運営会社のシステム変更に伴い、ドメイン(@の後ろに付くもの)が変わるのですが、今まで@touchmail.jpだったのが、今度から@pitzmo.jpになるのです。実はそれで、少々困ったことになっているのです。

 新システムは昨日から稼動しているのですが、システム変更前に、「次回から配信されるメールのドメインが@pitzmo.jpになりますよ~」ってメールを会員のみなさんに送ってなかったのです。これはうっかりしていました。先週気がついて送ろうとしたのですが、すでに旧システムは停止中。運営会社に問い合わせても、フォローなしです。

 ケータイで指定ドメイン以外の受信拒否に設定している場合、メールが届かないので、おそらくメール不達で返ってきてしまうアドレスがけっこう出て来そうです。それでも「あれ?今月メール来ないな。」と気に掛けて、ホームページを見ていただければ、ドメイン変更のことは書いてあるのですが、そのまま連絡取れなくなってしまうことになるのはとても残念です。

 今回、運営会社はこういった配慮が欠けておりました。つまり自分達のほうを向いて仕事をしてしまったのです。システム利用者やアドレス登録者のほうを向いて仕事をしていれば、少なくとも事前に、策を促すこともできたでしょう。とは言え、新システム自体は、とてもよくなっており、登録もしやすいです。後は、新ドメインでメールを送ってみて、どうなるか。それを見てまた考えるしかなさそうですね。

 整体師である私達も、施術後の結果を重視するあまり、つい自分のほうだけを向いて仕事をしがちです。常に患者さんとのコミュニケーションを忘れずに、患者さんのほうを向いて仕事をする姿勢を忘れてはならないと思います。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

整体のこと | 15:12:10 | Trackback(0) | Comments(0)
勤労に感謝。勤労を感謝。
 明日は、勤労感謝の日。祭日ですね。そして今日は、「いい夫婦の日」1122の日です。あらためて、お互いがお互いの勤労に感謝するにはもってこいの日ですね。普段思っていても、口にしない人は、「いつも、ありがとう。」って言ってみてはいかがですか?

 勤労感謝の日というと、子供が、パパやママに向かって「いつもお仕事ごくろうさま。働いてくれてありがとう。」なんて言う日、みたいな印象がありますが、それもあると思うのですが、私は誰かの勤労に感謝する日と同時に、自分が勤労できることに感謝する日だと思っています。

 働くためには、自分がある程度健康であること、仕事があること・働く環境がそろっていることが必要です。ある意味働けるというのは、恵まれた環境にあるわけです。いろいろな事情により、働きたくても働けない人もいます。その中で自分は、日々の暮らしの中で、働いて、社会貢献をし、収入を得て、消費できる。自分で社会参加をすることができる。これって、幸せじゃないですか?

 もちろん、家事や育児、お身内の介護も立派な労働です。たいへんな作業ですが、それはいつも誰かの役に立っています。貢献しています。自分が何かの役に立っているという実感を得られるのは、すばらしいことです。誰かのお世話ができるというのも、見方によっては幸せなことなんです。そう思えば、またがんばれます。

 人はなぜ、『人間』と書くのでしょう?私は、人間の『間』という字は、社会性を表しているのだと思っています。人はひとりでは生きていけません。誰かと関わずに、誰かの助けなしには生きていけないのです。人は集団を組み、お互いに補い、支え合いながら、今日の発展を遂げてきました。もちろん人は、自分や自分の家族のために働くのですが、それは同時に必ず誰かの役に立っており、人がそれぞれが、自分にできる働きを勤めるからこそ、社会が成り立っているのです。

 苦労して、がんばって働いて、または家の用事をこなして、誰かに感謝してもらいたい気持ちを持つのは当然です。たまにはねぎらいの言葉ひとつもかけてもらいたいですよね。自分の努力・苦労を認めてもらえれば、また次がんばれますから。ただそう感じているのは、自分だけじゃないと思いますよ。だから、誰かに「いつも、がんばっているね。」って声をかけたらいかがですか?きっと喜んでもらえると思いますよ。 




=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 14:25:17 | Trackback(0) | Comments(0)
独善・・・
 今年もあとひと月半。年賀状も売り出され、だんだんと街もクリスマスムードに。年の瀬も押し迫って参りましたね。年末まではもう少しありますが、しかし今年は、私はいろいろ反省の多い1年となりました。とくにショックだったのが、私という人間が思いのほか独善的な人間であったというのを思い知らされたということです。

 辞書を引くと、独善・・・「独り善がり」、独自の善意に執着すること、自己満足

とあります。耳が痛いですね。とくに『独自の善意』というのがツライです。自分のことを聖人君子だなんて思ってはいませんが、それでも基本的には自分の中にある正しさの基準にもとづいて行動し、多少怠け心が出てくることはあっても、人に嫌がられる行為はしていないつもりでした。それが自分の思い違いでしかなかったのです。

 例えば、自分の子供のために、良かれと思っての言動でも、結果的に子供に嫌われただけ。なんて展開は、親子関係においてはよくある話しですが、実はこれ、私もやっていました。まさに子供に『独自の善意』を押し付けていただけだったんですよね~。子供の話しだけではないのですが、私は自分が考えた善が、他人から見て善とは限らない、なんてことが、今まで分かってませんでした。

 でも、そうなると自分がどうしていいのか、正直分かりません。自分が正しいと思っていたことが違うと言われ、良かれと思ってやったことを迷惑がられたら、その時、人は何を信じて行動すればいいのでしょうか?四十は不惑のはずなのに、今、自分の軸はブレブレです。ここを乗り越えることができたら、人間として大きく成長できるのでしょうが、まだそんな心境にはなれませんね。 

 少なくとも、身につけた整体の技術だけは裏切らないので、ここだけは安心しています。ギックリ腰さんも、頭痛さんも、膝痛さんも、猫背さんも、整体後には良い結果が出ています。今通っていただいてる患者さんに、自信をもらっている感じですね。感謝です。

 自分を必要としてくれる人がいる、自分が居ていい場所がある、それであれば、人はまたそこから始めることができます。今年の自分は、今まで培ってきた自信を木っ端微塵に打ち砕かれましたが、ここが変わり時なんでしょう。来年はまた、心機一転生まれ変わった気持ちで、なにごとにも臨んでいきたいと思います。そのためにこそ、今を耐えてがんばりたいと思います。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 20:07:55 | Trackback(0) | Comments(1)
サイレントクレーム
 今週の埼玉県民の日、久しぶりの家族サービスでディズニーシーへ行って来ました。おそらくパパママはお仕事をお休みして、子供連れで来た埼玉県民は多かったと思いますが、それを差し引いても、平日とは思えない混雑振りでした。あっ、ここはクレームじゃないですよ。混んでないディズニーリゾートなんて想像できませんからね。それに、ディズニーは相変わらず、設備やアトラクションはもちろん、キャストのサービスや振る舞いのレベルは高いですね。おかげで家族ととても楽しい時を過ごせました。夜の水上ショー、ファンタズミックは圧巻でした。

 これだと、全然タイトルと内容が合ってないですよね。実はこのディズニーシーの帰りの話しなんです。帰路に着く途中、環七沿いのあるうどんチェーン店に寄って夕食を取りました。まあ、ちょうどディズニーのレベルの高さを見せられた後だから、気になってしまったのもあるのですが、いくつか「?」というのがありました。

 まず、最初お手洗いに行ったのですが、ポンプに液体石鹸入っておらず、またセンサーで出る水量もかなり少ないのです。しっかりと手を洗いたかったのに、ちょっと残念でした。そして、メニュー選び。店員さんが確認を取って、最後に「ご注文のほう、以上で大丈夫ですか?」と聞いてきたのです。この場合に『大丈夫』という言葉は適しません。「ご注文は、以上でよろしいでしょうか?」が本来正しいのだと思います。ちなみに「よろしかったでしょうか?」と過去形になってしまうのも、個人的には好きではありません。

 そして食事の後半、テーブル奥側が食べ終わり、手前に座っていた食事中の私の分と合わせてお茶を頼みました。お茶を運んできた店員さんは、お茶を置くなり、「空いた食器、お下げいたしましょうか?」と私の前にスッと腕を伸ばし、奥のお膳を取って行ったのです。店員さんはサービスのつもりなんでしょうが、食べ終わってすぐとか、まだ食事中の人がいる中、お客さんから言われてもいないのに、食器に手を伸ばすのは印象は良くないと思います。

 とまあ、このようなことが気になったのですが、今日は最後まで楽しく終わりたかったので、お店には何も言わず黙っておきました。しかし、今後このチェーン店をよそで見かけても入ろうと思わないし、友達に勧めることもないでしょう。これがサイレントクレームってものなのかなって思いました。この手のことは、自分達では気がつきにくいことなので、直すはなかなか難しいでしょう。しかし反対に、そこを改善できれば、「雰囲気がイイ」、「店員がイイ」と、良いクチコミが広がって、人気店にも成り得ます。要は『気づき』そして『実行』なんですね。

 偉そうに書きましたが、私も自分の整体院が、患者さんが気持ちよく過ごせる空間になっているか、私の整体や会話が患者を癒せているか、役に立っているか、見つめ直さないといけません。考えたくはありませんが、おそらく私のところにも『サイレントクレーム』はあるでしょう。今回のことを他山の石として、襟を正したいと思います。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 23:42:51 | Trackback(0) | Comments(0)
褒めて育てる
「褒められると伸びる」は本当 生理学研、実験で証明 (平成24年11月9日日本経済新聞より)
教育・リハビリ現場に応用も


 「褒められると伸びる」は本当――。運動トレーニングをした際に他人から褒められると、上手に運動技能を取得できることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤規弘教授(神経科学)らの研究グループが実験で明らかにし、米オンライン科学誌プロスワン11月7日号に発表した。

 グループの田中悟志名古屋工業大准教授(神経工学)は「褒めて伸ばすという言葉が科学的に証明された。教育やリハビリテーションの現場で応用できる」としている。

 研究グループは右利きの成人男女48人に、キーボードの1から4のキーを使った5桁の数字を、左手で決められた順番でできるだけ速くたたく運動を覚えてもらい、運動直後に(1)自分が褒められる(2)他人が褒められるのを見る(3)自分の成績をグラフだけで見る――の3グループに分けた。

 翌日、覚えた順番通りにキーボードを何回たたけるかを実験すると、運動直後に自分が褒められたグループは前日の練習から成績が20%伸びた一方、ほかの2グループは13~14%の伸びにとどまった。

 これまでの研究で、うれしいことがあると、脳内で記憶の定着に重要な役割を果たすドーパミンが分泌されると判明しており、田中准教授は「褒められた分、記憶が残って動きが良くなったのではないか」と話している。
~:~:~

 「人は褒められて伸びる」よく言われることですが、本当にそうなのか研究していた方がいたんですね。しかもそれを科学的に証明してみせたなんて、この方たちがまず褒められるべきですよね。

 私自身は今まで、人にあまり褒められた記憶はありません。そこまでのことをして来なかったと言えばそれまでですが、親にも、基本しかられて育ちました。おそらく私達の親の世代は、「自分の子をほめるなんてそんな、こっ恥ずかしいマネ出来るかい!」っていう感覚だったと思うので、余程の快挙でもない限り、そんなに褒めてなかったように思います。

 褒め方って、案外難しいですよね。なんでもかんでも褒めれば、「バカにしてんの?」ってことになるし、何気ない動作やひと言を「それ、いいね。」とか「センスあるね。」と褒めるだけで、場が和んだり、その後の仕事がスムーズに運んだりもします。それに自分ががんばった時に、誰も褒めてくれないのは、さみしいですよね。

 褒めるのにも、褒めないのにも、相手が納得する理由があればいいんだと思います。褒める時は、「相手が褒めてほしいことを褒める」、「褒めてほしいとまで思っていなくても、がんばりや評価が見えそうな時に褒める」などがありますね。褒めない時は、「あなたの能力なら、十分出来ると思ってた」、「今ここで、満足してもらいたくないと思ってた」などがありますね。それがきちんと相手に伝わっていることが重要なのです。

 普段から、ささいなことでも褒めてもらって、どんどん自信をつけて、成功していくタイプ。褒めてもらえないことを見返すバネにして、努力して成功を収めるタイプ。どちらもあると思います。どちらかと言えば、私は後者になり、ヘタに褒められると慢心してしまうので、あまり褒められずによかったと思っています。

 物事には必ず二つの見方があります。例えば、100点満点で80点を取った時、80点取ったことを褒めてやるのか、20点ミスしたことを責めるのか。またオリンピックでは、柔道で銀メダルを獲得して、周りは銀メダル獲得を褒めますが、選手自身は金メダルを逃したことを責めたりします。もちろんどちらか一方的な見方でなく、その割合もさまざまでしょう。

 昔、高校の英語の授業で、ベストを尽くすは、“do my best”ではないと教わりました。それだと、「自分はせいぜいここまで」みたいな感じで、たしか“do the best”が正解だったと思います。もっとやれた、もう少しやれたと自分で思っていた時に、「ここまでよくやったね。」と周りから褒められるのは正直、悔しいです。まだ褒めないでよ!って思ってしまいます。『私のベスト』でなく、『誰が見てもベスト』って時に、思いっきり褒めてほしい。私はそう思います。

 こんな考えだから、あまり娘たちを褒めないんですね。しかし、このニュースを見て、もう少し褒めていこうかなとも考えました。『不怒』+『褒め』出来たら最高ですよね。 

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================

テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 13:50:34 | Trackback(0) | Comments(0)
グーグル検索1位!と思ったら・・・
kensakushouji1.jpg   kensakushouji.jpg

~:~:~

 最近、HPのテコ入れを真剣に考えているんですが、なかなかコレ!っていうものが見つかりませんで、悩んでいます。ただ悩んでいてもしようがないので、自分で今できることをやっているのですが、グーグル検索でどうやら効果が出てきた模様です。

 1つは、検索結果が表示される際に、左側に自分の写真が掲載されるものです。簡単言うと、これはGoogle+に登録をして、アカウントを作り、自分の持っているホームページとGoogle+を、相互リンクをさせることで、Googleが「あさひ整体センター=坂谷謙一のホームページ」と認識するというものです。手順がちょっと難しかったのですが、きちんと表示された時は、ガッツポーズが出ました。

 もう1つは検索結果です。Web検索する際に、「地名」+「業種」というのは定番ですね。それでどれだけ早い順に表示されるかが、人にホームページを見てもらうのに、大きなカギとなってきます。ですから、私の場合は、例えば『整体 越谷』で検索した際に検索結果がどうなっているかとても気になります。それで素人ながらいろいろやっているのですが、昨晩試しに、Googleで『整体 越谷』で検索したら、なんと、あさひ整体センターがトップになっているではありませんか!「おおっ、ついにここまで来たか~」と喜んでいたのですが、実はこれにはウラがありました。

 後で、再度別のノートパソコンで検索してみたら、4番目になっているではありませんか!あれ?と思っていろいろ調べてみたら、どうやらGoogleのパーソナライズ検索の結果らしいのです。つまり、私が先ほど見ていた検索1位は、私がGoogleにログインしていたからであって、ログアウト状態では、4位なのです。しかし、上から4番目の表示でも十分満足です。後はクリックして、ホームページに良さを感じてもらえれば、きっと電話してくださるでしょう。

 また、ホームページ自体にも少しだけ手を加えました。今は、WordPressを用いたブログ型ホームページが主流でこれなら、どのブラウザでも、PCでもスマホでも見やすく表示されるのですが、私のように手作りの場合だと、1つのブラウザにしか対応できず、他のブラウザで見ると、文字や写真が重なってしまったりと見づらくなってしまうのです。これまでは、インターネットエクスプローラに対応していれば、ほぼカバーできていたのですが、PCでもGoogle Chromeを使っていたり、iPhoneではブラウザはSafariだったりと、多様化して来ました。それで、とりあえずGoogle ChromeでもSafariでも、見づらくだけはすまいと、修正したのです。

 私のパソコンでの表示では問題なかったのですが、この記事をお読みの方、ホームページでもし変な表示がありましたら、メールや書き込みなどでアドバイスいただけたらうれしく思います。私のところもブログ型ホームページに移行するかもしれませんが、今のページも愛着あるし、もう少し様子見したいと思います。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

整体のこと | 13:14:21 | Trackback(0) | Comments(0)
ただ今、肩こり中
 実は、私ただ今、左の肩こり中なんです。「おやおや整体師とあろうものが、どういうこと?」と、お叱りを受けそうですが、聞いてください。理由があるんです。今週の火曜日の夜に、右下奥の親知らずを抜きまして、左の歯で片噛み中なのです。えっ、それで肩凝るの?という人もいるかもしれませんが、片噛みでの肩こりって、意外とあるんですよ。

 さすがに顎のズレまではいきませんが、それでもずっと左でばかり噛んでいると、左顎が疲れてきます。するとほほ(顎)の筋肉(咬筋)から、首の横の筋肉(胸鎖乳突筋)を伝わって、肩の方まで、凝ってくるのです。また、頭の横の筋肉(側頭筋)も、咬筋と同じく下あごを上げる役目を担っているので、そのせいか、偏頭痛まで久しぶりに出てきました。

 そこで、私がやっているのは、以下の軽いセルフマッサージです。片噛み以外の肩こりでも役に立つので、ご紹介しますね。1と2は、片側だけやるのはバランスが悪いと思ったら、両手で左右同時にやっても構いません。ですが、基本的にソフトにやりましょう。

1.頭の横の筋肉のマッサージ・・・指のはらを耳の少し上くらいにあて、指で頭皮を動かす感じで、マッサージ。
2.ほほの筋肉のマッサージ・・・同じく、指のはらを顎の骨からほほにかけてあて、指で皮膚を動かす感じ。
3.首の横の筋肉のマッサージ・・・右手だったら首の左側を、人差し指が耳の下の首あたり、小指は鎖骨の上の首あたり、中指と薬指も、その間の首あたりにあて、指で皮膚を動かす感じ。
4.鎖骨の下の筋肉のマッサージ・・・右手だったら左の鎖骨を人差し指と中指で挟む感じで、中指、薬指、小指で、鎖骨の下をさするようにマッサージする。

 時間や回数は、とくにきまりはありません。ただ上から順番にやったほうがだんだんと肩が楽になるのが分かります。どうぞお試しください。よく分からない方は、御来院時にアドバイスいたします。

 ちなみに、この親知らずは、隣りの山本歯科医院さんで抜いてもらいました。自分が想像していたよりも痛くはなかったし、初日の晩は、麻酔が切れたあたりから、ほほの腫れとしくしくした痛みはありましたが、眠れないほどではありませんでした。翌日は片噛みながらご飯も食べられまし、さすが、地元で長年やられているだけあって、腕はたしかですね。本当に助かりました。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================


テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

整体のこと | 17:32:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。