■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時津風部屋は解散すべきだと思います。
力士傷害致死、元時津風親方と兄弟子3人を逮捕(2008年2月7日読売新聞より抜粋)
 
 大相撲の時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊さん(当時17歳)が急死した事件で、愛知県警捜査1課と犬山署は7日、制裁目的で2日間にわたって暴行を繰り返して斉藤さんを死亡させたとして、元時津風親方の山本順一容疑者(57)と兄弟子3人を傷害致死容疑で逮捕した。

 逮捕された兄弟子3人は、伊塚雄一郎(25)、藤居正憲(まさのり)(22)、木村正和(24)の3容疑者。県警は、暴行に加わったほかの4人の兄弟子も同容疑で書類送検する方針だ。調べによると、山本容疑者と兄弟子3人は、ほかの兄弟子4人と共謀し、昨年6月25日午後0時40分ごろから死亡当日の26日午前11時半ごろにかけて、愛知県犬山市の宿舎裏やけいこ場で、制裁しようと企て金属バットや木の棒で斉藤さんを殴打するなど、複数回にわたって暴行を繰り返し、外傷性ショックで死亡させた疑い。

 山本容疑者は25日夕、食事の席で斉藤さんの額をビール瓶で殴打したうえ、兄弟子らに「お前らも教えてやれ」「鉄砲柱に縛りつけとけ」などと指示。26日午前も、通常5分程度が限界とされる「ぶつかりげいこ」を約30分続け、兄弟子たちはこの中でも殴るけるの暴行を加えたほか、山本容疑者が木の棒で殴った。

 調べに対し、山本容疑者はビール瓶で殴ったことは認めたが、「脱走したから殴ったわけではない」と供述。伊塚容疑者らに自らが指示したことなども否認している。兄弟子3人のうち、伊塚、藤居両容疑者は容疑をほぼ認め、木村容疑者は「しつけと教育のつもりだった」と犯意を否認している。
~:~:~
 若い力士が、不可解な死を遂げてから7ヵ月。ようやく元時津風親方と暴行に強く関わったとされる3人の兄弟子が逮捕されました。やはり遅きに失した感があります。警察の初動捜査のミスは否めないでしょう。検視官などの人員不足も背景にあるとのことですが、今後似たような事件の際、迅速に対応する為にも、また事件発生を未然に防ぐ為にも、警察庁全体の問題として捉えてほしいと思います。

 斎藤さんに対し、前日から集団での暴行に続き、翌日も通常5分で息が上がるぶつかり稽古を30分も行うといった、事実上の暴行が行われました。4月に入門したばかりの基礎体力も基本的な技術も備わっていない17歳の少年力士にとっては、死に直結するほどの苦痛であったでしょう。実行犯らの行いは正気の沙汰とはとても思えません。

 おそらく暴行は、死亡する前日から急に始まったわけではなく、入門当初から行われていたのではないでしょうか。暴行の被害に遭っていたのもきっと斎藤さんだけではないと思います。斎藤さんが入門する以前から、部屋では当然のように行われていたはずです。今回暴行に加わった力士も過去に同じような暴行を受けていたのでは?暴力・虐待は断ち切ろうと決意しなければ連鎖していきます。悲しい負の連鎖です。この負の連鎖の中心にいたのが、元親方の山本容疑者です。

 当の山本容疑者は、暴行について力士らに指示したことを否認しているとのこと。この期に及んで、まだ少しでも自分の罪を軽くしたいのでしょうか。未来ある若者を殺した罪を認めず、自己保身に走る姿に、後悔はあっても反省はみじんも感じられません。警察はしっかりとした取調べの上、送検し、今後の裁判で真実を明らかにしてもらいたいと思います。そうして、相撲界の膿、悪しき習慣が一掃されなければ、斎藤さんがうかばれません。

 また、親方の指示に逆らえない状況だからといって暴行の実行犯らを許すことはできません。彼らにも「ここままやっていたら、コイツ死ぬな。」と自覚があったはず。死に対する未必の故意が考えられます。ある意味彼らもまたこの悲しい事件の被害者であったとは考えますが、だからといって加害者になっていいわけがありません。ひいては、自分カワイさに暴行を黙認していた他の力士も、私は同罪だと思います。本来なら、この部屋は解散すべきだったのではないでしょうか。

 トカゲのシッポ切りのように、逮捕された者だけに責任を押し付け、親方の首をすげかえて部屋は存続。日本相撲協会も、「残念」の一言でまるで他人事。これでは、体質改善には程遠い気がするのですが。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
↓励みになります。1日1回のクリックおねがいしま~す
blogRanking にほんブログ村 健康ブログへ
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 11:19:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。