■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分に限って・・・は禁物です。
振り込め被害、昨年は276億円  (2009年1月14日asahi.comより抜粋)

 08年の振り込め詐欺被害は276億円と過去最悪(04年の284億円)を辛うじて免れたことが14日、警察庁のまとめで分かった。昨年10月を撲滅月間とし、ATMに警察官を張り付けるなどして、10~12月の月別被害額を9月までの月平均より4~5割減少させた。しかし、その10~12月も月平均で約1千件、13億円もの被害が出ている。このため警察庁は2月を再び撲滅月間に決め、「10月の被害(約16億円)の半減」を目指す。

 まとめによると、オレオレ詐欺が最多の約155億円▽還付金詐欺は約47億円▽融資保証金詐欺約38億円▽架空請求詐欺約36億円。上半期と下半期を比べると還付金詐欺は68%減、オレオレ詐欺は32%減と抑え込んだ。

 都道府県別では、最多の東京が約60億円。以下、(2)神奈川約32億円(3)埼玉約23億円(4)千葉約20億円(5)愛知約15億円(6)大阪約7億8千万円(7)兵庫約6億6千万円(8)岐阜約6億4千万円(9)静岡約6億3千万円(10)北海道約6億1千万円と続く。

 2月の撲滅月間では、不正口座について、実害が出ていない段階でも詐欺に使われていると判断できれば金融機関に凍結を依頼し、被害の未然防止をはかる。また、詐欺グループが使用する携帯電話の番号が判明すれば、その番号に警察官が名乗って電話する「追い散らし」を全国規模で行う。

~:~:~
 昨年10月の振り込め詐欺撲滅月間を機に、被害はだいぶ減っているとは言え、まだ毎月十数億円の被害が出ていることに驚きます。また、県別被害ワースト4が関東地方、埼玉が3番目の被害県であることにも憤りを感じます。来月にまた、撲滅月間が始まります。警察の威信をかけて、被害の防止と犯人検挙に全力を挙げてほしいと思うと同時に、私達も被害に遭わないように普段の生活から気をつけたいと思います。

 まず、ここで言っておきたいのは、振り込め詐欺は、100%騙す方が悪い ということです。中には、「騙される方にも落ち度がある。」 とか、「振り込んでしまう方が悪い。」 と言う人もいるかもしれませんが、そんな考えは今すぐ捨ててください。そういった人ほど、騙されやすいのです。なぜなら、そんな人は、「自分に限っては、大丈夫。」と思い込んでいるからです。

 振り込め詐欺のもっともタチの悪いところは、被害に遭う本人の“思い込み”を利用するところにあります。相手は何とか、騙してお金を振り込ませようと様々な手を考えてきます。また、いつもは引っ掛からないような手口でも、たまたまその時の心理状態や偶然などが重なり、騙されやすい状況に陥ってしまうかもしれません。“自分だけは大丈夫”などという根拠のない自信は、ただの過信にすぎません。それでも、騙されないために有効な手段があります。それは、
“振り込む前に、必ず第三者に相談する”

という極めて簡単なものです。

 相手は、タイムリミットを設けたり、秘密を厳守させたりして、誰にも相談させずに独りで振込みまで持って行かせようとします。この時自分は冷静に判断しているようで、すでに相手の術中にはまっているのです。それを第三者が見ていたり、話しを聞いていたりすれば、おかしな点があればすぐに気がつくでしょう。人は、物事を客観的に判断しているように見えて意外に主観で判断しているのです。だからこそ、第三者の目や耳が大事なのです。

 これは、まっとうなもので、まったく詐欺ではないのですが、昨年暮れに、映像看板や店の外装・内装をプロデュースする会社が営業に来ました。その営業マンの話しはとてもよく分かり、私も整体院の前に映像看板を設置したくなりました。営業マンは、その場での即決をせまりましたが、私は妻の意見をどうしても聞いてからでないと決められないと即決を断りました。その晩、妻からいろいろと意見や、疑問点を指摘されるにつれ、私も冷静に判断でき、その前にやるべきことをやっていない現状を認識することができました。結果、設置は見送りました。ひょっとしたら、映像看板の設置を見送ることは整体院にとってマイナスだったかもしれません。しかし、自分でその場で勝手に決めず、第三者の意見を入れて考え直せたことは、良い選択だったと思います。

 何事も最後に決断を下すのは本人です。それを誰のせいにもできません。しかし、決断を下す判断材料はひとつに絞る必要はありません。他の人の意見に耳を傾け、よく考えてから決断を下しても遅くはないはずです。後悔をしたくないなら、何事も早まってはいけません。

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 自分に自信を持つのは大事なことですが、その自信に根拠はありますか?裏付けはありますか?根拠のない自信はただの“思い込み”です。まあ、若い時分にはそういうのが必要な時もありますが。
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:56:30 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。