■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
侍JAPANはがんばった!次は自分らの番だ!
『イチロー「谷しかなかったけど、最後に山に」 WBC』 (2009年3月24日asahi.comより)

 イチロー 「日本のファンに笑顔を届けられて最高です。(10回の勝ち越し打について)日本からの視線がものすごいことになっているなと、自分の中で実況しながら打席に入った。そう思ったら普通は結果が出ないんですけど、一つ壁を越えたような気がする。今大会は谷しかなかったけど、最後に山になってよかった」


『日本WBC連覇、イチローが決勝打』 (2009年3月24日asahi.comより)

 【ロサンゼルス=松元章】野球の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、当地のドジャースタジアムで日本と韓国による決勝があり、日本が延長戦を制して5―3で大会2連覇を達成した。9回に日本は同点にされたが、10回にイチロー(マリナーズ)が2死二、三塁から中前安打を放って2点を勝ち越した。

 日本は3回、小笠原(巨人)の右前適時打で1点を先行。5回に本塁打で追いつかれたが、7回、片岡(西武)の安打やイチロー(マリナーズ)のバント安打で無死一、三塁とし、中島(西武)の左前安打で1点を勝ち越した。8回は岩村(レイズ)の左犠飛で追加した。投手は岩隈(楽天)から杉内(ソフトバンク)とつないだが、ダルビッシュ(日本ハム)が同点にされた。

 日本は今大会通算9試合目での決勝だが、韓国との対戦は5度目。これで対戦成績は3勝2敗となった。日本は優勝賞金の270万ドル(約2億6千万円)を獲得。

~:~:~
 苦しみながらも侍JAPANが、やってくれました!WBC優勝、2連覇本当におめでとうございます。決勝は、まるで運命付けられているかのように今大会5度目の韓国戦。準決勝では、ベースボール母国アメリカを破り、対戦成績2勝2敗で迎えた韓国相手に決勝で打ち勝っての優勝は、まさに誇るべき快挙です。

 それにしても、韓国戦4戦目の2次リーグ順位決定戦は、勝っておいて本当に良かったですね。あるプロ野球解説者は、「この試合で負けても準決勝に進出できるのは決まっているから、とくに勝敗は関係ない。」と言ってましたが、大間違いです。もし、あの試合、そんな気持ちで戦って、負けていたら、この決勝の舞台で互角以上の戦いはできなかったでしょう。あの勝利があったからこその優勝だったのだと思います。

 今大会は、イチローが大不振でした。いつもプレッシャーを受け入れ、緊張感を武器に変えてきたあのイチローが、大会中チャンスに凡退するシーンが多く見られ、送りバントさえ決められないなど、プレッシャーに押しつぶされているようでした。前回大会では、まるで一野球少年に戻ったかのように、あんなに、プレッシャーを楽しんでいたのに、今大会は何か、楽しむというよりも、「やらなきゃ!」という気持ちが強すぎて、まったく力みが取れずにいたようでした。

 それでも、最後の最後は、やはり『イチロー』でした。延長10回2アウト2・3塁、ヒットを打てば2点が入り、ほぼ優勝が決まるが、アウトになれば、一転して、韓国が裏の攻撃でサヨナラのチャンスになる誰もが緊張する最も大事な場面、イチローはなんと自分の心の中で実況中継しながら打席に入っていたというのです。

 これは強いです。これは誰も勝てないです。打席に入っている最中に、自分のみならず、相手ピッチャー、チーム、試合全体を客観的に、俯瞰で観ることができるのですから。極度の緊張の中で、冷静さを保っているイチローに、相手ピッチャーがかなうわけありません。イチローに、得意なボールはことごとくファールされ、結局甘いボールを見事に外野に運ばれてしまいました。これで、事実上この試合の勝負がつきました。

 結局、今回もイチローのすごさを思い知らされました。他にも、MVPの松坂投手を始め、岩隈投手、内川選手、岩村選手など一流のプレーヤーのすごさというものを実感しました。しかし、本当にすごいのは、この選手らを見事に束ねきった原監督でしょう。原監督率いる侍JAPANは、やってのけました。

 さあ次は、この侍達から勇気をもらった自分らがやる番です!

~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
自分や、自分を含めた状況を客観視する能力は、整体師にも必要な能力です。患者さんを思うあまりに、客観視することを忘れてしまっては、良い施術はできません。
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 01:27:47 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。