■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
母の日の夕方
 この前の日曜日は、ゴールデンウィークの最終日(すでに6日に終わっているという見方もありますが、)で、なおかつ『母の日』でしたね。その日は朝から忙しく、昼食も取らずに、ずっとご予約の患者さんに施術をしていました。土日に昼食を取る時間がないのはよくあることですが、その忙しさの割りに、夕方以降にはまったく予約が入って入っていませんでした。

 電話もかかってきたのですが、夕方や夜では、都合が悪かったり、月曜以降のご予約の電話だったりして、結局、午後3時15分~の患者さんがその日のラストになったのです。4時半ごろから、ゆっくり片付けをしたり、掃除をしたり、明日の準備をしたりしても6時ごろにはもう仕事が終わってしまいました。

 私はこの流れはきっと、(これは、きっと神様が今日はもう仕事を終わりにして、家族サービスをしろと言ってるんだな) と思いました。自分自身も、4日(月)をお休みにして以降、その週は木曜日も含めて、休みなく忙しく働いたので、翌週に備えて少しリフレッシュしたいとも思っていたところでした。そこで、母の日ということもあるし、今日の夕食は、外食にしようということにしたのです。

 日曜の夕方、と言っても、もう7時ごろでしたが、こんなにどこのお店も混んでるとは思いませんでした。もしかしたら母の日にみんなが考えることは、おんなじだったのかもしれませんね。

 駐車場から道路まで駐車待ちのクルマが並んでいたかっぱ寿司は、スルーして、結局、越谷のステーキレストラン『けん』に行きました。けんは、ステーキやハンバーグをたのむとサラダもデザートも、カレーライスまでが食べ放題という店で有名ですが、私も今はそんなに食べませんので、一家としては正直、量的には元は取っていないでしょう。しかし、混んでた割には、ゆっくりとくつろげ、味もたいへんおいしかったので、満足でした。ケイタイでぐるなびのクーポンも使えてお得だったです。 しかし、最後の最後でちょっとだけ、残念なことがあったのです。

 会計を済ませようレジに向かったところ、店内はまだ忙しく、レジに店員さんはいません。しかし、ひとりの女性店員さんが通りかかったので、オーダーの紙を見せて、声を掛けたのですが、「今、他の方の接客中なので!」みたいな態度で、私を一瞥したあと、無言で行ってしまったのです。しかたなく、私は、他の店員さんに来てもらおうと、すかざずレジカウンターにある呼び出しボタンを押しました。すると、たまたまそのやりとりを見ていた、先輩らしい別の女性店員さんが、すぐ来て、私をスルーした店員さんに向かって注意をしたのち、「たいへん失礼いたしました。」と、レジを打って入れました。このフォローでなんとか救われました気持ちになれました。 

 きっと、注意された店員さんも他の仕事でめいっぱいだったのでしょう。無視する気はなかったかもしれません。混雑時に、すべてに100%対応するのは至難の技です。先約を差しおいて、こちらを優先させろとは、まったく思いません。「ただ今参りますので、少々お待ちください。」 と一言さえあればよかったのだと思います。次はきっと、その一言が出るようになっているでしょう。  


~〈整体師を目指す方へ今日の一言〉~
 混雑時にお店で、店員さんに相手にしてもらえないという経験は、みなさん1度や2度はあると思います。その時の対応やフォローのしかた次第で、そのお店の印象は決まってしまいます。忙しい時、自分が患者さんにどんな対応をしているか、振り返ってみるのも大事です。
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

身近なこと | 23:59:59 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。