■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界大会で通用していくには
ブログランキングにワンクリック協力下さい
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

ライバルに燃え、最後まで走り抜いた世界新 ボルト(2009年8月17日asahi.comより抜粋)

 ボルトが100メートルを全力で駆け抜けたら、いったい世界記録をどこまで伸ばすのだろうか――。世界中の誰もが抱いていた疑問に、世界選手権という晴れの舞台で、はっきりと答えてみせた。

 ちょうど1年前の8月16日、北京五輪男子100メートル決勝。9秒69という世界記録を打ち立てたが、レース途中で勝利を確信して横を向き、大幅に減速していた。しかし、この夜は違った。準決勝までの気の抜けた走りとも違う。持ち味の後半も手を抜かずに走りきった。

 人類初の9秒5台となる9秒58を示した電光掲示板に観客は大喝采。ボルトは「これは歴史に残るすごい瞬間だ。必ず世界記録を破る自信があったけど、0秒11も更新できるなんて思いもしなかった」とまくし立てた。

 だが、今季は精彩を欠いていた。4月末にはドイツ製の高級車を大破させる交通事故を起こした。幼少期に大麻を吸ったことがあると告白して非難も浴びた。心機一転して復帰したが、100メートルでも、200メートルでも今大会前はゲイの記録を上回れなかった。

 ゴールの直前、ボルトは右方向に一瞬、目を向けた。隣を走るゲイは確かにいない。「タイソン(ゲイ)だけじゃなく、7人の男たちが一緒に走った。だから真剣だった」。ボルトを本気にさせたライバルたちの存在が、陸上の華、男子100メートル決勝を最高に輝かせた。
~:~:~
 金メダルのウサイン・ボルトもスゴイですが、銀メダルのタイソン・ゲイの9秒71も、ボルトの北京五輪の9秒69に次ぐ歴代3位のすばらしい記録です。当然、自己新記録でアメリカのナショナルレコードです。こうした大舞台で自己ベストが出せるというのは容易ではありません。

 自分が定めた目標(大会)に標準を定めて、しっかりと調整し、ピークを持っていく、そして会場での緊張をプラスに変え、自分の力を最大限に、いやそれ以上に発揮する。そのすべてが揃わなければ、世界新記録で金メダルなんてかないっこないでしょう。それをひょうひょうとやってのけるボルト選手は、すでに次元の違うところにいる超一流のアスリートです。

 ボルト選手やゲイ選手の走りを見ても、全身の筋肉を総動員して、走りにつなげているように見えますが、身体の軸というのが一切ぶれていません。あれだけ四肢を動かしてぶれないというのは、相当体幹がしっかりしているのでしょう。逆に言えば、体幹がしっかりしているからこそ、あれだけすばやく手足が振れるのでしょう。ちょうどコマの軸がしっかりと中心で安定しているから、早く回せるように。

 こんな世界のレベルに通用するには、どうしたらいいのでしょうか?ひとつは精神面の強化でしょう。くわしく今大会を見ているわけではないですが、日本人選手の中で、自己ベストを出せている選手はどれだけいるでしょうか。ベストを尽くしてかなわないのならしかたありません。しかし、今日の日のために調整を重ねてきて、いざ本番で実力を発揮できないのは、くやしいですよね。「大舞台で、緊張して・・・」はいいわけになりません。それどころか、大舞台の緊張感ほど、自分の実力を発揮してくれる好材料にしていかなくては、まったく歯が立たないでしょう。

 身体面では、やはり体幹の強化が欠かせないと思います。以前、NHKの番組で、アサファ・パウエル選手と、陸上の朝原選手の大腰筋の太さを比べていましたが、一般的な男性よりはるかに太い朝原選手の大腰筋よりもパウエル選手のそれは、比べ物にならないくらいの太さでした。私はTVを観ていて唖然としてしまいました。

 もちろん、筋肉量の差が絶対的な優劣を決めるものではありませんが、体幹がしっかりしていないと、四肢の筋肉が思う存分筋力を使えません。日本はスタートの技術や軸のぶれない走法などは世界レベルだと思います。後は、後半の伸びるための筋力・筋肉の使い方です。今持てる力をどうやれば、十二分に発揮できるかを考え、そのすべてを実行し、それでやっと、世界と渡り合えるチャンスがもらえるのだと思います。

 近い将来、日本人でもコンスタントに100m、10秒を切り、オリンピックや世界大会でメダルを取れるようになることを切に希望します。

 だって、ただ世界のスゴさだけ見せつけられてもクヤシイじゃないですか。日本人のポテンシャルのスゴさも海外に見せつけてやらないと! 

~〈整体師の味方コメント〉~
 体幹を意識させ、軸のブレを調整するだけでも、身体の使い方が変わり、動きが楽になったり、スポーツ選手の場合、タイムが向上したりします。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
◆あさひ整体センターURL◆
HP: http://www.k5.dion.ne.jp/~asahi-sc/
ケイタイ: http://katy.jp/asahi-sc/
ブログ: http://asahiseitaicenter.blog88.fc2.com/
 院長名: 坂谷謙一(さかたにけんいち)
 予約受付(8:30~19:00): 0120-42-4955
 住所: 〒343-0045
     埼玉県越谷市下間久里397-3
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ニュースを見て | 20:04:30 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。