■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
越谷市空手道選手権大会が行われました。
 先週の7日(日)に、越谷市第一および第二体育館にて、公式戦となる越谷市空手道選手権大会が行われました。もう3月だというのに、朝から終日、冷たい雨が降りしきり、館内はとても寒かったのですが、選手達は寒さを感じさせないがんばりを観せてくれました。我が越香会からも、各カテゴリーに形・組手とも多くの選手が参加しました。

 今年も越香会から優勝を含むたくさんの入賞者を出しましたが、その中でも、私がうれしかったのは、指導を担当しているみひかり幼稚園空手教室の生徒さんが、『組手競技 幼年男子の部』で、第3位に輝いたことと、手前味噌で恐縮ですが、私の愛娘が、『形競技 小学3年生女子の部』で、第3位となったことです。

 幼稚園の空手教室は対象が園児のみのため、それに特化した稽古内容を組めるメリットはありますが、週に1回1時間しかないので、指導時間が足りないと感じることがしばしばです。越谷では、道場に週2回通っている幼児もいますが、その子たちにまったく引けをとらない戦いを演じてくれたことに感動しました。

 親御さんから聞くところによると、最近はほぼ毎日、家で組手の練習をしていたそうです。やはり気合の入り方が他の子と違っていたのでしょう。技術的にも良かったと思いますが、やはり大会に向けてのモチベーションの上げ方が良かったのだと思います。気持ちはそのまま、形や組手の姿勢に出ますからね。

 うちの子も、毎日ではありませんが、週に数回、朝ごはんの前に少しだけ形の練習をしています。なかなか自分ひとりで起きて用意するというところまではいかないのですが、声を掛けると嫌がらず起きて、出てきます。そうやって、形の姿勢や動きを身体にだんだんしみこませて行くことによって、大会当日でも普段どおりの動きが出来たのだと思います。

 この二人が3位に入れたのは、他の子よりも練習量が多かったからに他なりません。日々の積み重ねが人よりも多かったからその分勝ち上がることができたのです。もちろんその練習の仕方も正しい方法でなければなりません。みひかり幼稚園の子の親御さんはきっと、指導の仕方がうまかったのでしょう。そして私も、形でどういう点を気をつけなければよいか、多少は心得ているつもりです。指導者が正しく教え、子ども達がやる気をもって毎日稽古をしてくれれば、結果はおのずとついてくるものです。

 うちの子も、毎朝、毎晩、当たり前のように自分から練習していれば、形の部で優勝も夢ではなかった(?)かもしれません。しかし、そこまで出来なかったので、結果3位止まりだったのです。誰でも優勝のチャンスはあります。優勝するかしないかは、優勝して当然と自分で思えるくらいの練習量を日々積んできたかどうかだけなのです。みんなと同じように、週に1回か2回、道場で稽古して、あとは何もしない。そんなふうで人よりも秀でられるわけありません。よくて他人と同等。1回戦を勝てるか勝てないのレベルです。

 時間はあるものではなく作るものです。それでもまとまった時間が作れない時は、5分でも10分でもなんとかひねり出して、姿勢と動きを自分の身体に確認だけもさせるのです。そして時間の長短は別にして、必ず毎日行う。つまり日課とするのです。

 ところで、日本人はどうしてあんなにも箸の使い方が上手いのでしょう。それは毎日毎日、箸を使ってごはんを食べているからです。幼い時から毎日毎日、箸の使い方を学ばされるからです。はみがきも、子どもは初めは上手くできません。お母さんに仕上げ磨きをしてもらう必要があります。しかし、毎晩、寝る前にはみがきをしているうちにだんだんと上手になります。つまり、日課にしてしまえば、本人が意識せずとも上達してしまうのです。   

 今よりもっと上達したいなら、練習量を増やしましょう。練習量を増やせる工夫をしてみましょう。それは、他の習い事でも、勉強でも同じことです。他人(ひと)と同じにしていたら、人並みのままです。  


~〈整体師の味方コメント〉~

 整体の技術を学ぶにしても、どれだけその時間が割けるか、どう工夫するかで上達のスピードはまったく変わってきます。たとえモデルとなる相手役がいなくても、ひとりでできる練習はいくらでもあります。その時間を作れるか作れないかだけでも大きな差となります。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

空手道のこと | 13:46:18 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。