■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 6月5日(木)より新ホームページ始動に伴い、ブログも移転しました。新URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ダメとムリとヤダと
 何かひとに頼まれたり、意見を求められた時の否定的な言い方して、「ダメ」・「ムリ」・「ヤダ(イヤ)」などがありますね。最近は子たちは、私の子供もそうですが、「これやってみたら?」と勧めると、すぐ「ムリムリムリムリ・・・」と流行りことばのように「ムリ」を連発して断りに入ります。でも実際には無理なことなんて早々ないと思います。この場合きっと「ヤダヤダヤダヤダ・・・」が正しいのでしょうね。まあ、だだっ子のように振舞われて正しいと言うのも変ですが。

 私なりの解釈では、「ダメ」は法的または常識的に許されないと思うから不可、「ムリ」は自分の能力を超えていると思うから不可、「ヤダ」はできるかもしれないが自分の好みとして不可、となるのかなと思います。例えば、子供がご飯の前にお菓子を食べたいと言い出して、それを注意する時に、「それはダメ。」言いますが、あまり「それはヤダ。」とは言わないでしょう。「それはムリ。」と言うと、「自分にとってはムリではない。」と反論されてしまいそうですね。

 しかし、しつけの時、「ダメ」ではなく「ヤダ」を用いるのも時として有効です。頭ごなしに「そんなことしちゃダメでしょう!」と叱るより、「お母さん、あなたがそんなことするのイヤだな。」と言う方が効き目がある場合もあるでしょう。

 「お母さん、新しいDSのソフト買って~。」⇒「ムリ。」、こんな会話よくありそうですね。この場合、ムリのひと言で片付けようとせず、自分がこれ以上子供にゲームをさせるのがイヤなのか、今あるゲームをクリアもせずに新しいのをねだるのがダメなのか、買ってあげたいけど経済的にムリなのか考えてから、子供に説明すべきだと思います。その方が、子供もなぜ今、ソフトを買ってもらえないのか、買ってもらうためには、手に入れるとしたら、どうしたらいいか考えるでしょう。しかし、ムリのひと言は、その可能性を遮断してしまう言葉なのです。

 自分も気づかないうちに使ってしまっていると思いますが、この「ムリ」という言葉、コミュニケーションには大敵かもしれません。もちろん本当に無理な時は、きっぱりと言うことも必要ですが、この言葉を使う前に、一度よく考えてから言いましょう。

 世の中、本当に無理なことは意外に少ないですよ。やれば、なんとかなる方が多いはずです。

〈整体師の味方コメント〉

 症状が重い患者さんに相談される時、「これって治りませんかね~?」と聞かれることがあると思います。ウソはいけませんが、簡単に可能性を捨ててもいけません。こういう時の声掛けはよく考えてから言ってください。

 =========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

身近なこと | 10:11:32 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。