■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
正の連鎖は望ましい
肝っ玉かあさんやジョーからも タイガーマスクの輪拡大(2011年1月12日asahi.comマイタウン埼玉より)

 全国の児童福祉施設に漫画「タイガーマスク」の主人公・伊達直人などを名乗ってプレゼントを贈る「運動」は11日、県内にも広がった。ランドセルや文房具のほか、現金も届けられた。

 越谷市役所では同日早朝、玄関脇で包装されたランドセル5個が見つかった。児童福祉課宛ての手紙には、約40年前のテレビドラマから「肝っ玉かあさん 越谷の京塚昌子より」とあり、「愛をいっぱいいっぱい詰めてあります。心だけは温かく幸せのおすそわけが皆さんと分かちあえます様に」などと書かれていた。

 市は児童養護施設に送る。高橋努市長は「お贈りいただいた方の善意に感謝します」とのコメントを出した。

 県によると同日早朝、県中央児童相談所(上尾市)の入り口前にランドセルが四つあった。「伊達直人」などの名で、「辛いこと、悲しいこともあるでしょうが、どんな時も『ヒーローは絶対に存在する』ことを忘れないで」とあった。

 桶川市役所には昼過ぎに女性が訪れ、「ニュースに感銘を受けました」と、岩崎正男市長宛ての現金5万円入りの封筒を手渡して去った。手書きのメッセージが同封されていて、「伊達直人とは言えませんが、少しですが児童養護施設にお渡しください」などとあった。

 このほか、行田市の児童養護施設「ケヤキホーム」に「伊達直人」名で子供向けDVD3本が宅配便で届けられた。匿名でメッセージもないものの、川越市の児童養護施設「埼玉育児園」では、入り口前に子供用の黄色い傘30本が置かれていたという。

 さいたま市緑区の児童養護施設「ホザナ園」には11日午前7時半、裏門近くに伊達直人名でランドセル2個、漫画「あしたのジョー」の主人公・矢吹丈名で文具セット5個が置かれていた。

 園側は「ありがたい」と歓迎しつつも、「社会的な現象になっていて、どう取り扱うべきか少し戸惑っている」と話している。
~:~:~

 年明け早々、全国で『伊達直人』現象が広まって、ここ越谷市でも、肝っ玉かあさんがランドセルを市役所にプレゼントしていましたね。一番はじめにこの善意の行動をされた方は、この連鎖にきっと驚いていることでしょう。

 今まで社会現象の連鎖反応と言えば、事件や自殺など悲しい負の連鎖ばかりだったのですが、こうした正の連鎖が起こることはたいへん望ましいことです。これは独りの特異な方がいるのでなく、日本の国民性として「助け合いの精神」があることを意味しています。拝金主義に陥ったような国もある中、日本に生まれたことに誇りを持てますね。

 「情けは人の為ならず」と言います。また「因果応報」という言葉もあります。困った人に情けをかけてあげれば、巡り巡って自分が困った時にも、誰かが救いの手を差し延べてくれます。また、良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が待っています。

 別に、自分の保険の為に善行をするわけではありませんが、その辺はきっと神様がみてくれているんでしょう。そう言えば、小さい頃、弟をからかって泣かせて、親に「そんなことをしてると罰(ばち)が当るよ。」と言われて、そのあと本当に、何かの拍子にすっ転んで頭をぶつけて自分も泣いた記憶があります。

 また、はじめの『伊達直人』さんが、お金を寄付するのでなく、ランドセルというモノで提供したというのが、連鎖につながるまでの反響を呼んだのだと思います。子ども手当の現金支給も、対象世帯の家計は助かっていますが、給食や副教材・用具、習い事の補助などモノやサービスの提供の方がいいのではと感じます。

 高校の授業料無償化もそこに税金を投入しているにもかかわらず、いまいちありがたみの実感が湧きづらいですね。これも参考書の費用かかった分支給とか、器材や用具に費用のかかる部活動に補助するとか、たまには学校でお弁当やスイーツでも出してあげるとかにした方が、高校生は、自分達に税金を使ってもらっていると実感できるのではないでしょうか。

 今回の『伊達直人』現象は、今後のこうした福祉のあり方にも疑問を投げかけるものだ、というのは言いすぎでしょうか。 

〈整体師の味方コメント〉

 野暮なことですが、今年の流行語大賞候補は、『伊達直人』ですね。

 =========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 11:32:46 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。