■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
〈平常心〉できる人は、できるだけ普段どおりに
パ開幕は4月12日に延期…セは予定通り25日(2011年3月18日 読売新聞より)

 東日本巨大地震への対応を協議していた日本野球機構(NPB)は17日、今月25日に予定していた今季プロ野球の開幕日をパ・リーグは4月12日に延期し、セ・リーグは予定通り25日に開幕すると発表した。

 開幕日の日程が変更されるのは1950年に2リーグ制になって以降初めて。都内で記者会見した加藤良三コミッショナーはセ・パの今季全試合を、収益から義援金を送るなど被災地復興に向けた支援試合にすることも明らかにした。

 セ・リーグは6球団連名で、「被災地の皆様、ファンの皆様へ」と題し、「私たちはあらゆる工夫と努力を重ねて野球を続け、選手の真剣なプレーを見せながら復興を全力で支援したい」とする声明文を出した。選手会側から予定通りの開幕は難しいという話もあったが、阪神の沼沢本部長は「野球を通じて、我々はどれだけ国民のために尽くせるか。それは思い上がりでなく、使命だ」などと説明し、こうした時期にプロ野球選手が試合を見せることに意義があるとした。ただし、声明では開催にあたり、福島原発や節電の問題を含め、試合の開催については政府・監督官庁の指示に全面的に従うとしている。

 新(あたらし)・セ理事長(ヤクルト球団常務)も「野球人としての責務を果たすのが大事。幸い、6球団は球場の安全確保ができている」と語った。

 一方、パ・リーグは、楽天の球場のKスタ宮城に損壊がある上、観客のための公共交通機関や宿泊施設の復旧もこれからで、セと違って本拠地の使用に問題が起きている。さらに、東日本の電力不足も理由に挙げ、延期を決めた。4月12日以降のカードは変えず、3月25日から4月10日までの中止分44試合についてはすべて延期とし、後半戦に組み込む案を検討している。年間144試合を確保したうえで、クライマックスシリーズ(CS)についても予定通り実施する方針だ。
~:~:~


 大震災発生後、すべての状況が一変してしまいました。被災現地では懸命の捜索・救助活動が続いています。また、原発も最悪のケースを回避すべく連日作業が続いています。スポーツなど各イベントも中止・延期される中、間近にせまったプロ野球の開幕で、セ・パの意見が分かれました。

 プロ野球、パ・リーグは延期で、セ・リーグは予定どおり開幕とのこと。両方に正当性があると思います。計画停電の中でナイターやるのか?という批判もあると思いますが、私は、実はやってほしかったと思っていました。どんな場合でも、できる人は、できるだけ普段どおりに行動するのが一番いいと思っているからです。

 先日、TVであるコメンテイターが、「こういう時は被災していない、西日本が経済活動をがんばって、日本を盛り上げていかなければダメだ!一緒に塞ぎ込んでいても事態は好転しない。」と言っていました。たしかに今、何も考えずバカ騒ぎすることは不謹慎この上ないことです。余分なお金や物資は少しでも東北へ寄付しろ、という意見も正当です。しかし、その一方で、日本全体で経済活動が滞ってしまえば、被災地の復興もそれだけ遅れてしまいます。『元気を出せるところは少しでも元気に』 がんばり方の違いはありますが、地域・業種問わずできることを日本のためにやってほしいと思います。

 また越谷市では、ブロック塀が崩れたり、電柱が傾いたりした被害はあったものの、家の倒壊はなく、埼玉県全体でも死者数は0でした。このように関東の中でも被害が少ない県にもかかわらず、ガソリンスタンドは長蛇の列、灯油も1人1タンクまで、日用品やインスタント系の食料品はお店の棚から消えるなど、まるで被災地を思わせる混乱ぶりです。

 原発の問題や計画停電が、不安に拍車を掛けているのは分かりますが、ここは被災地ではありません。どちらかというと、被災地の人を支える側になるべき地域です。まずは一人でも多くの方が平常心を取り戻し、そのためには、できるだけ普段どおりの生活を心掛けるべきなのです(普段どおりと言っても、節電は無論です)。

 子供たちを見てください。おそらく普段どおりでしょう。子供は、学校だったり、友達との遊びだったり、習い事だったりと、親のがんばりもありますが、普段どおりにしていられることで、自然と平常心を保っています。そしてそんな子供との会話の中から、今の自身の心理状態を気づかされることもあるでしょう。

 冷静になれれば、今何を優先すべきか、被災地の方々に何ができるのか、見えてくると思います。

 =========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 18:06:28 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。