■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『不怒の心』で行こう!
 みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?今日から仕事モード!という方も多いと思います。この先7月の海の日まで祝祭日がないと思うと、少し気が滅入るかもしれませんが、気合入れ直してがんばっていきましょう!・・・でも、はりきり過ぎには注意してくださいね。

 私も整体院を4日・5日とお休みして、茨城で家族との楽しい時間を過ごしてきたのですが、ある事で、娘たちを声を荒げて叱ってしまいました。当然その場の空気はドン引き、しかしいつまでもそのままというわけでもなく、しばらくして雰囲気は元に戻りましたが、内心「あぁ、やっちゃった~」と反省していました。

 こちらも怒る理由があり、娘たちも叱られる理由が分かっており、別に八つ当たりとかで怒っているわけではないので、まあ仕方ないと言えば仕方ないのですが、怒らずに済ませられなかったのかと言われれば、済ませることはできたのでしょう。少なくとも冷静になって、今ここで声を荒げるべきかどうかの判断をすべきでした。

 思えば、娘たちを連れてどこかに出掛けると、決まってどこかのタイミングで1回は怒っている気がします。その中には放置しておくと危険だったり、周りに迷惑をかけたりする場合で、叱ったケースもありました。その一方で「そんなことで怒んなくても・・・」みたいなのも、あったと思います。

 私自身、子供のころ、遊びに連れてってもらって、羽目を外しすぎて、結局最後叱られて終わる、なんてことありました。自分が悪いのですが、結果私の思い出は、「○○に出掛けた」ではなく、「どこかの帰りに、親に怒られた」になってしまいました。今またそれを、私がしようしているのです。せっかく遊びに連れて行って、子供に、そんな思い出の残され方されるのイヤですよね。

 親が子を叱るのは当たり前です。叱られずに育った子供はかわいそうです。叱るのも、親の愛情表現だからです。しかし、もしそれが『感情からの怒(いか)り』でなく『理性からの叱り』であっても、やはり時と場合を選ぶべきでしょう。そして叱るだけなら、きっと数ももっと減るはずです。何かに怒る理由を挙げればいくらでも挙がるでしょう。ということは、理由の大半は怒らずに済ませられることなのです。

 これを機に、これからは『不怒の心』で行こうと思います。少なくとも、イベントごとの時は、そのイベント自体が記憶に残るよう、多少のことがあっても一旦冷静になって、推移を見守りたいと思います。自分の性格上難しいのは分かっていますが、肝に銘じていきます。  

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

身近なこと | 17:35:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。