■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 6月5日(木)より新ホームページ始動に伴い、ブログも移転しました。新URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
体罰は心を蝕む
大阪・高2自殺:「30〜40回たたかれた」親に明かす(毎日新聞 2013年01月10日)

 大阪市立桜宮高校(同市都島区)のバスケットボール部主将の男子生徒(17)が昨年12月に自殺した問題で、生徒の両親が9日、毎日新聞などの取材に初めて応じた。生徒は自殺する前日の22日、顧問の男性教諭(47)から30〜40回、平手で顔をたたかれたと話し、主将を辞めたがっているようだったという。父親(43)は「行き過ぎた指導だ。息子が命を絶ってまで残した心の叫びを分かってほしい。(顧問の)相応の処分を望む」と憤った。

 両親によると、生徒は自殺5日前の12月18日、口から血を流して帰宅した。練習試合の際に顧問から10回ほど顔をたたかれたという。異変に気付いた母親(44)が声をかけると、生徒は主将を務めることや体罰への悩みを打ち明けた。しかし、生徒は「部員の信頼を失うので、『キャプテンを辞めたい』とは言い出せない」などと漏らしたという。

 翌19日の練習試合の応援に駆け付けた母親に対し、顧問は「キャプテンを辞めさせようと思っている」と声をかけ、生徒から悩みを聞いていた母親は「すぐに辞めさせてもらってもかまいません」と答えたという。しかし、主将交代はないまま22日の練習試合を迎えた。

 帰宅した生徒は「試合に負けたよ」と話したが、なぜか表情は明るかった。心配した母親が体罰の有無を何度も尋ねると、「やっぱり今日もだいぶやられた。試合中も含め30〜40回殴られた」と明かした。

 生徒は「勉強する」と自室に戻ったが、母親は「期末テストが終わったばかりなのにおかしいなと思った。もっと話を聞いてあげればと思うと、悔しくてならない」と嘆いた。

 生徒はテスト期間中や部活がない日も自主練習を続けるほどバスケットボールが好きだった。昨年9月に「いいチームを作りたい」と主将就任を志願した。

 今月以降は新チーム初の公式戦となる新人戦が控えていた。父親は「キャプテンとしての悩みを抱えながら頑張っていたのだろう」と悔しさをにじませた。
~:~:~

 大阪の市立高校での、部活顧問の体罰による高2自殺事件が、世間に衝撃を与えています。自殺した本人の苦しみや、同じ子を持つ親として、両親の悲しみや無念さを思うととてもつらくなります。周りがクリスマスの連休を思い思いに過ごしている中、この生徒はなぜ、自ら命を絶たねばならなかったのでしょうか。顧問のみならず学校の責任はとても大きいと思います。

 暴力は人の心を蝕みます。それは体罰であっても、イジメであっても同じです。例えしつけと称して、親がおこなったものであったとしても、体のみならず、心を傷つけ、多少なりとも蝕んでいるのです。ですから、もし親が子を叩くことがあったら、その後のフォローがとても大事です。叩くことによって相手に大事なことを気づかせるなんて、ほぼ幻想です。叩く側の思い上がりです。自己満足です。そう考えたら、早々、人を叩くなんてできませんよ。

 自殺した生徒は相当責任感が強く、まじめな性格だったのでしょう。逃げずに最後の最後までがんばって、がんばり過ぎて、もう耐えられないけど、今いる立場から、自分が降りることが許せなくて、死を選んでしまったんだと思います。しかし、自分が死んで、一番悲しむのは両親です。家族のみんなです。それを考えたら自殺なんてできません。また、第三者が冷静に見れば、責めを負うべきは、生徒ではなく、明らかに顧問・学校側です。自分が死ななければいけない理由は、どこにもありません。しかし心を蝕まれた状態では、もう正常な判断なんて出来っこありませんよ。ましてや17歳の少年です。もう死の選択しか、頭にはなかったのでしょう。

 また、蝕まれるのは、体罰を受けた側だけではありません。体罰をおこなう側をも蝕みます。体罰をおこなってたまたま良い結果が出たら、もっと厳しい体罰をおこないますし、結果が良くなかったら、まだまだ体罰が足りないと、やはり体罰を厳しくします。そうなると体罰は暴力だ、暴力はいけないことだという極めて真っ当な判断が出来なくなってしまいます。蝕まれた心を補おうと、自分の行為を肯定し続け、体罰という暴力行為はエスカレートして行くのです。これを周りが容認していたら、もうブレーキは働きません。この顧問もどこか心が壊れていたのでしょう。

 この顧問は47歳、昭和40年代の生まれ。おそらく体罰を受けて育った世代でしょう。私も中学時代、草むしりの時間に友達とおしゃべりして、真剣に作業をやらなかったとして、角棒でお尻を思いっきり叩かれました。また、髪の毛が長いという理由で、教官室で電気バリカンで、先生に当日いきなり丸刈りにされました。また、自分ではありませんが、平手打ちをくらったり、つま先で蹴り上げられたりという体罰もありました。

 こういう経験がうれしい思い出のはずありません。そうであれば、「自分が教師になったら、そんな思いはさせないぞ。」と思うのが普通です。それを「自分が教師になったら、今の生徒にも同じ思いをさせてやる。」と考える人は、少なくとも教師という職業を選んではいけません。

 子供らにイジメという暴力をなくさせたいなら、大人は体罰という暴力をなくすべきです。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:26:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。