■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自殺を手段化してはいけない
岩手県議:小泉氏死亡、自殺か 病院非難でブログ炎上
毎日新聞 2013年06月25日 10時10分(最終更新 06月25日 13時04分)

 25日午前5時ごろ、岩手県一戸(いちのへ)町平糠の大志田ダムの湖岸で、近くに実家がある小泉光男・岩手県議(56)=盛岡市北山2=がぐったりしているのを、偶然通りかかったいとこが発見、110番した。県警二戸署によると、既に死亡しており、自殺の可能性が高いとみている。小泉県議は、自身のブログが「炎上」したばかりで、同署が関連を調べている。

 小泉県議は5日に更新したブログで、盛岡市の県立中央病院を受診した際に番号で呼ばれたことに腹を立て、「刑務所に来たんじゃない」「会計をすっぽかして帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません」などと書き込んだ。非難が殺到してブログを閉鎖。17日に記者会見し「公人の立場を忘れ、思慮に欠けた不適切な表現を公開した」と謝罪した。県議会と県には21日までに苦情や議員辞職を求めるメールと電話が計762件寄せられた。

 遺体が発見された25日は6月定例県議会の開会日。小泉県議は前日の議会運営委員会にオブザーバーとして出席予定だったが、姿を見せなかった。県議会では一般質問をする予定だったが、炎上騒動を受け辞退していた。

 後援会幹部は「先週末、小泉さんから『元気がなくなりました。何も食べられません』と電話があった。騒動を気にして思い悩んでいるようだった」と話した。24日夜には、小泉県議の妻から「夫の携帯に電話してもつながらない」と相談があったという。

 親族によると、小泉県議は発見された現場で、カバンを枕にしてあおむけに横たわっていた。近くには小泉県議の乗用車があった。

 小泉県議は2011年9月に二戸選挙区から無所属で立候補し初当選。同期当選で、同じ無所属の清水恭一県議は「小泉さんはブログのことを随分悔やんでいた。これから行動で示して頑張ろうという話をしたのに」と話した。
~:~:~

 この県議さんのブログに端を発した問題は、私も実名までは揚げないまでも、このブログでも先週取り上げましたが、まさか自殺するとは思ってもいませんでした。まずはご冥福をお祈り申し上げます。しかし、先週TVでさんざん取り上げていたと思ったら、自殺報道に関してはほとんどありませんでした。やはり、TV局の人も、自分達が自殺に追い込んでしまったかと、自責の念があるのかもしれません。

 もちろん、自殺した理由は本人にしか分かりません。奥さんはせっかく自分の夫が晴れて県議になったのに、自殺されて、本当にショックでしょう。奥さんのことを考えれば、自殺だけは踏みとどまってほしかったと思います。しかし、それでも自殺を選んだのには、わけがあるのだと思います。大きなお世話かもしれませんが、私なりに考えてみたいと思います。

 第一に、もう単純に、「恥ずかしくて生きていられない」と思ったのでしょう。外に出ればマスコミが待ち構ええている。支援者のみんなに迷惑かけた。誰にも会わす顔がない。県議の職務もできない。このままでは県議でいられない等・・・いろいろな考えが頭をもたげたと思います。

 しかしそれだけではなく、というよりも、自分を叩いたネットユーザーや、TV・マスコミへの復讐という気持ちが一番強かったのではと考えます。「自分達がつるし上げ、執拗に追いかけたせいで、人を死なせてしまった」と罪の意識に苛まさせ、苦しませよう、困らせようとしたかったのではないでしょうか。

 自分を責めた者への復讐の手段として、自分の命を使ったのだとすると、この考えは危険です。そして実際にマスコミは、自分達の取材方法や報道のあり方が適切だったか問われるのを避けるべく、自殺報道をあえてしなかったとしたら、この手段に一定の効果を認めてしまったことになります。世を儚んで命を絶つのでなく、何か別の目的のために自殺を選ぶのは、間違っています。

 今年2月、学校の統廃合の中止を訴え、大阪の小学5年生の男子が自殺をしました。しかし結局それでも、統廃合はそのまま進めれることになったそうです。この子の死は、本人からしたら無駄死となってしまったのですが、それでしかたないと思います。このやり方が通ると思われては、第二第三の自殺者が出てしまいます。自殺を手段化するやり方は、理由の如何を問わず、認めてはなりません。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 23:30:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。