■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あなたは、どちら側に立ちますか?
親に9500万円賠償命令 少年が自転車で人はねた事故 (2013年7月5日朝日新聞より)

 自転車で女性(67)をはねて寝たきり状態にさせたとされる少年(15)=当時小学5年=の親の賠償責任が問われた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「事故を起こさないよう子どもに十分な指導をしていなかった」と判断。少年の母親(40)に対し、原告の女性側と傷害保険金を女性に支払った損保会社に計9500万円を賠償するよう命じた。

 判決によると、少年は2008年9月22日夜、神戸市北区にある坂をマウンテンバイクで時速20~30キロのスピードで下っていた際、知人の散歩に付き添い中の女性に衝突した。女性は頭の骨が折れ、現在も意識が戻っていない。

 判決は「少年の前方不注意が事故の原因」と認定。少年側は「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定したが、判決は母親が唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかったと判断した。そのうえで、女性が事故に遭ったために得ることができなくなった逸失利益や介護費などを考慮し、母親には女性側へ3500万円、損保会社へ6千万円の賠償責任があるとした。
~:~:~

 もう5年も前に、こんな痛ましい事故が起きていたんですね。しかもその後、裁判にもなって。こどもが引き起こした事故なだけに、記事を読むとなんともやるせない気持ちになります。

 さて、こういった事故のニュースを見た時、あなたは被害者、加害者どちらの側に立ちますか?きっと、多くは被害者に同情し、「加害者には罰を」、と思うでしょう。それは至極まっとうな考えです。「わざとじゃないなら、しようがないよね~」で済ませていたら、世の中、事故だらけになってしまいます。私も基本的には、故意でないにしろ、重過失を起こした者に罰が与えられてしかるべきと考えます。

 しかし、そうなると、この加害者家族らの今後の人生はどうなるのでしょうか?当然「自業自得だろ」「一生かかっても罪をつぐなえよ」「他人を何年も意識不明の状態にしておいて、自分だけ幸せになるつもりか」という非難の声も上がろうかと思います。被害者側に立てば、そう思いたくもなるでしょう。

 ただ、もし自分や自分の子供が事故を起こしてしまったら、同じことを言われてもしかたないと思うでしょうか?自分の兄弟や親友の子が、事故を起こした時、その人に同じことを言うでしょうか?きっと、言えないでしょう。「まだ小学生だろ」「一生台無しってのは、かわいそうだよ」「この子の、幸せになる権利を奪っていいはずないよ」という擁護の声も上がっていいと思います。加害者側の立場からなら、こう考えるでしょう。

 立場により、正しさいうものは変わります。たとえば、エジプトでは、昨年国民から選挙で、正式に選ばれた大統領が、突然、軍のクーデターによって事実上解任されました。しかし軍は、市民の現政権の不満の声を代行する形でクーデターを起こしたとしています。つまり大統領派にも、反大統領派にも、自分達が掲げる正義があるのです。

 相手の立場や意見も考え、自分の不利益も、多少は甘んじて受け入れながら、最終的な落としどころを見つけていかないと、物事は丸く納まりません。もちろん、割引分を最初から価格に転嫁する二重価格のような、法外な要求をして、さも妥協するようなマネはいけませんし、相手にもそのようなずるいマネをさせてもいけません。自分の立場と相手の立場、または第三者からの立場で冷静に考えていけば、どんな難題でも、きっと双方が納得する解決策が見つかります。

=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 12:26:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。