■プロフィール

さかたにけんいち

Author:さかたにけんいち
 2014年6月5日(木)よりあさひ整体センター新ホームページhttp://www.asahisc.com/始動に伴い、ブログも移転しました。ブログ専用URLは
http://www.asahisc.com/blog/
です。よろしくお願いいたします。

あさひ整体センター0120-42-4955

■ブ~ももの体型診断

ブ~ももがあなたの体型を診断!身長、体重、体脂肪率、性別を入力して自分の体型がどうなのか教えてもらいましょう!


powered by ダイエットKIROKUBO

■Access Counter by FC2

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■A.A.
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これは、しつけの範囲に入れましょうよ
男性教諭、給食マスク忘れた女子児童の口にガムテープ

 栃木県鹿沼市の市立小学校で、給食の配膳時に使うマスクを忘れた2年の女子児童(7)の口に、30代の男性教諭が一時ガムテープを貼り付けて代用させていたことが3日、分かった。

 市教育委員会によると、給食当番だった女児が、クラス担任の男性教諭が27日に「つばが飛ばないように」とガムテープを縦3センチ、横5センチほどに切り、女児の口をふさいだ。指導のつもりだったという。

 貼って1分ほどして「人道的によくない」と、不適切だったことに気付いてはがした。しかし今度は、4つ折りにしたティッシュペーパーにセロハンテープを付けてマスクに見立てたものに貼り替え、約10分間にわたって配膳作業をさせた。男性教諭は学校に対し「なぜそんなことをしたのか分からない」と話しているという。

 男性教諭は、女児がマスクを忘れた24~26日の間、配膳当番をさせず、給食室から給食を運ばせるなどしていた。配膳当番はローテーションで回るようにしていたという。

 市教委などに2日、男性の声で匿名の電話があり発覚。男性教諭は女児と保護者に謝罪した。女児は男性教諭に「先生、そんなに心配しないで」と手紙を渡したといい、ショックを受けている様子はないようだ。

 市教委は「不適切な指導で学校に改善を指導する」としている。
[ 2013年7月4日 ]

~:~:~

 今朝たまたま、テレ朝の情報番組を見ていたら、体罰の話しになっていて、尾木ママがしたり顔で、上記ニュースの先生の批判をしていました。しかし私は、その番組内で紹介している記事に『6月24日から4日連続でマスクを忘れたため』と書いてあるのを見つけて「おや?!!」と思いました。これって、先生が非難されること?と疑問に思って、Webでこのニュースをあらためて見た次第です。

 まず、この生徒、月曜から4日連続でマスクを持って来ない時点で、先生をナメてます。『女児がマスクを忘れた24~26日の間、配膳当番をさせず、給食室から給食を運ばせるなどしていた』と先生もそれなりに対応していたが、効果なく、もう少し強い態度で、反省を促さなくてはとの思いからの『ガムテープ』だったのでしょう。まあ、はがす時に少しヒリヒリするかもしれませんが、べつに痛いわけでもなく、何より月・火・水と3日間も猶予をもらっているのですから、これくらいの罰は当然でしょう。

 私はこの事例は、体罰の括りに入れるのではなく、しつけの範囲に入れていいと思います。それで、「あなたも、嫌な思いをしたね。でも、マスクをしないあなたを見て、周りのみんなも嫌な思いをしているし、先生も嫌な思いをしている。それに気づいてほしい。」と言って、反省を促せばいいのだと思います。それを、ガムテープを、しかもたった1分間貼っただけのことで、その前後のいきさつも考えずに、鬼の首を獲ったように批判をする人には、代わりにぜひその子に注意してほしいですね。尾木ママならどうするんでしょうかね?お手並み拝見といきたいところです。

 『市教委などに2日、男性の声で匿名の電話があり』とありますが、もしかしたらこの子の父親かもしれませんね。最近は、親は、自分の子が叱られると、「あなたのしつけがなっていないからだ」と自分が責められているように感じて、自分の子の非を認めたがらない傾向にあるそうです。『子の恥は、親の恥』なのですが、自分が恥をかくのは嫌みたいですね。それで、非をなんとか先生側、学校側に押しつけて、『自分の子は悪くない=自分は悪くない』という図式を組み立てたいのでしょう。

 それと、一番違和感を感じたのは、記事にある、この生徒が「先生、そんなに心配しないで」と手紙を渡したというところです。もっと言えば、違和感を通り越して、気持ち悪いです。自分が悪いことして、叱られたのに、先生に対して、「そんなに心配しないで」って、何様つもりなんでしょうか?「お前が言うな!」って感じです。こんな恥知らずな手紙を書かせる親の顔が見たいですね。

 とは言っても、この生徒は、まだ小学2年生。良いも悪いも、礼儀も失礼も、すべてが勉強中です。しつけがなっていないのは、親の責任です。この生徒は、残念ながら、規則を守るということや、目上の人に礼儀をわきまえるということを学ぶチャンスを逸してしまいました。ですから、次も似たようなことをやるでしょう。その時に、きちんと叱ってくれる大人に出会えることを願います。きっとこの親には無理でしょうから。
 
=========================
《メルマガ『まぐまぐ』発行しています》
『整体師のミカタ』 に関してご意見やご要望などが
ございましたら、お気軽にお知らせください。
http://www.mag2.com/m/0001002720.html 
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
=========================
スポンサーサイト


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ニュースを見て | 11:50:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。